884件中 91 - 100件表示
  • 星野仙一

    星野仙一から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    は新人の福留孝介を積極的にスタメンに起用し、また福留も2割8分4厘、16本塁打とこれによく応え、新人としては上々の成績を収めリーグ優勝に貢献した。しかし三振数リーグ1位を記録するなど粗さも目立ち、加えて守備には難があった。9月4日の広島市民球場での広島戦、0-0で迎えた9回裏二死一・二塁の場面には左翼手の守備に就いていたがフライ性の打球を落球。ランナーを返しサヨナラ試合にした。この試合を始め、ペナントレースや日本シリーズでも敗因に繋がるミスが続出し、試合終盤は交代させられた。その後、福留はゴールデングラブ賞を4回受賞する球界屈指の外野手に成長した。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    父は1985年のシーズン中に逝去。父の訃報は広島市民球場での試合終了後に伝えられた。シーズン中かつ遠征中であり、当時巨人の監督だった責任感から王は通夜も告別式も出席しないつもりだったが、周囲の強い勧めで東京に戻り告別式に出席した。その後すぐに広島に戻って試合を欠場することはなかった。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 川村丈夫

    川村丈夫から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    被本塁打が多いことで知られており、引退試合後のセレモニーでも自身でネタにした。また、投手からも3本打たれている。1999年8月13日の横浜スタジアムでの巨人戦ではバルビーノ・ガルベスに満塁場外本塁打を打たれ、2001年7月31日の広島市民球場での広島戦では自身通算100本目の本塁打を高橋建に打たれた。川村丈夫 フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    は400m日本記録保持者、東海大学陸上競技部コーチの高野進から走法の指導を受け、下半身の強化に努めた。また、ダイヤのピアスを両耳に付けて試合に臨んだ。これは一般にメジャーリーガーであり、尊敬してやまないバリー・ボンズにあやかったと受け取られていたが、実際には後に自らの著書「男道」で「巨人軍に契約交渉の席で煮え湯を飲まされ、その悔しさを忘れないために刺青の代わりにつけた」と述べている。このピアスに関しては巨人OBをはじめ、他球団のOBからも評判は悪く、野村克也など苦言を呈す人も多かった。なお、元来巨人は茶髪、ひげ、ピアスなどは基本的に禁止であったが、当時の監督堀内もキャンプでは無精ひげを生やし、タブロイドには「お山の大将同士の冷戦」と揶揄された。それでもこの年開幕4番を任され、4月14日の阪神戦で福原忍から本塁打を放ち、本塁打を打った投手の人数が200人に到達(史上初)した。東京ドームでの阪神戦で藤川球児との対戦時に、藤川が追い込んだ後フォークを投げてきて三振したため品のない発言をした事で問題になった。4月29日の対広島戦(広島市民球場)で広池浩司から本塁打を打ち、史上8人目の通算500本塁打を達成。その後もしばらくは本塁打、打点の暫定2冠王で、打率も一時は.269まで上昇、オールスターゲームにも出場し、本塁打を放った。しかし、チームは相反する様に開幕からなかなか勝てない日々が続き、清原自身も交流戦の対オリックス戦で山口和男から頭部への死球を受け、下半身の故障なども重なって成績は徐々に低迷。ケガから復帰した8月4日の対広島戦では、4回表に本塁打を放ち、ダイヤモンドを一周した後、ベンチで堀内やコーチ、選手とのハイタッチを拒否した。7番打者で起用されたことに激怒したとされているが、この本塁打が巨人時代最後の本塁打となってしまった(先述した大怪我から最前線に立てる状況ではなく、球団も配慮をしての対応だったが、清原の打者としてのプライドから認めることができなかったとのこと)。結局この年は張本勲に並ぶ入団以来20年連続2桁本塁打、2年ぶりの20本塁打以上を記録し、前年よりも出場機会を増やし96試合に出場するも、打撃が本塁打一発狙いが多い結果打率は自己最低となる.212と清原自身も満足な結果とはならなかった。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 旧広島市民球場

    旧広島市民球場から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    旧広島市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 全国竜心連合

    全国竜心連合から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    初代の広島市民球場など中国・四国及び九州地方を中心に活動。旗は白地で、上に黒で「精神一到」、下に「全国竜心連合」、中央に水色で「広島竜心会」である。全国竜心連合 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤龍一郎

    佐藤龍一郎から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    初盗塁:1974年6月29日、対広島東洋カープ10回戦(広島市民球場)、5回表に二盗(投手:金城基泰、捕手:水沼四郎)佐藤龍一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第5回日米大学野球選手権大会日本代表

    第5回日米大学野球選手権大会日本代表から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    第5戦(7月1日、広島市民球場) アメリカ 9-6 日本第5回日米大学野球選手権大会日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • カスタムメイド10.30

    カスタムメイド10.30から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    この映画は、元々奥田民生のソロ10周年を記念し、広島市民球場(当時)で2004年に行われたライブ「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」のドキュメンタリーとして企画していた物を急遽変更して出来た映画である(タイトルの「10.30」はライブ開催日の10月30日に由来する)。ストーリー展開は「ひとり股旅スペシャル」と同時進行し、クライマックスシーンは実際のライブ中に一発撮りで行われた。カスタムメイド10.30 フレッシュアイペディアより)

  • 若林憲一

    若林憲一から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    初出場:1977年4月2日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、8回裏に中堅手として出場若林憲一 フレッシュアイペディアより)

884件中 91 - 100件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード