790件中 11 - 20件表示
  • 津田恒実

    津田恒実から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    1990年、故障の為に再び登板数が減り、同年のシーズン終了後から頭痛をはじめとする身体の変調を訴えるようになる。1991年、前年から続く体調不良を抱えたまま開幕を迎え、4月14日に無理を押して広島市民球場(当時)で行われた読売ジャイアンツ戦で、1点リードの8回表に先発した北別府学の後を受けて登板するが、無死二塁・三塁のピンチを招き、原辰徳に同点適時打を打たれるなど大乱調のためわずか9球で降板し、敗戦投手となる。これが自身の生涯最後の登板となった。津田恒実 フレッシュアイペディアより)

  • 野村謙二郎

    野村謙二郎から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    4月9日の対阪神タイガース戦(広島市民球場)に代走として出場し、同年5月4日の対ヤクルトスワローズ戦(広島市民球場)では遊撃手として初の先発出場を果たした。当時は遊撃手のレギュラーに高橋慶彦がいたため、野村はほとんど経験したことがなかった左翼手での出場が多かった。しかし、同年オフに高橋が千葉ロッテマリーンズへトレードされると、には1番・遊撃手のレギュラーとなった。オープン戦では失策が多く、公称70kg(当時)より細い外見から来るパワー面の不安なども懸念されていたが、シーズンに入ると攻守に活躍してオールスターゲームに初めて選ばれ、第2戦では2番・遊撃手として先発出場した。シーズン通算で33盗塁を記録し、自身初のタイトルとなる盗塁王を獲得した。野村謙二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原健太

    栗原健太から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    、開幕から二軍の4番に座り、フレッシュオールスターに出場。阪神二軍監督の岡田彰布が目玉選手に栗原の名前を挙げ、スタメン4番に据えるなど期待の高さを伺わせた。試合では無安打と結果は出なかった。8月30日に一軍初昇格。9月5日広島市民球場での阪神戦でスタメン出場2試合目に藤川球児からプロ入り初安打となる本塁打を打つ。この年のウエスタン成績は打率.305 6HR 6盗塁でリーグ打撃3位だった。10月に行われた第14回アジア競技大会野球日本代表では、広島からは栗原が派遣された。初の国際試合ながら6番一塁で出場し、中国戦では本塁打を打つなど活躍した。なおこの大会ではプロ各球団一名ずつ選手を出したが、後にチームメートともなる喜田剛も派遣されていた。栗原健太 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐雅人

    甲斐雅人から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    4年目の10月7日に初の一軍出場を果たし、その2日後の9日(対巨人戦・広島市民球場)に7番二塁で初先発出場。翌5月31日(対ロッテ戦・千葉マリン)でプロ初安打を記録した。甲斐雅人 フレッシュアイペディアより)

  • ジャレッド・フェルナンデス

    ジャレッド・フェルナンデスから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    ナックルボールはボールの指へのかかり具合が非常に重要であるため、気温の低い日や雨の日、それに風は苦手な様である。2007年6月14日の千葉ロッテマリーンズ戦では千葉マリンスタジアム特有の強風に翻弄され6失点を献上し1イニングで降板した。福岡ドームは無風多湿で投げやすいらしく、復帰した5月26日のソフトバンク戦もヤフードームでの試合だった。本拠地の広島市民球場や横浜スタジアムで安定し、風の強いはずの阪神甲子園球場のマウンドでも好成績をマークしている一方、残りのセリーグ3本拠地ではいずれも防御率二桁と打ち込まれている。ジャレッド・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ファミスタモバイル

    ファミスタモバイルから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    杓文字球場(広島市民球場がモデル)ファミスタモバイル フレッシュアイペディアより)

  • ボイ・ロドリゲス

    ボイ・ロドリゲスから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    に横浜ベイスターズに入団。開幕2戦目の対広島戦(広島市民球場)で黒田博樹から来日初安打を本塁打で飾る。7月27日の対広島戦ではサイクル安打を達成。同年は打率.262、本塁打18、打点60でチーム二冠(本塁打と打点)の成績を残すが、当時36歳と高齢であったことと、助っ人選手としては物足りない成績であることから11月28日に解雇となった。ボイ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 原爆ドーム前駅

    原爆ドーム前駅から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    電停の北側正面に旧広島市民球場跡地があり、かつては広島東洋カープの本拠地球場の最寄り駅でもあったことから、ナイター試合終了時は、紙屋町側の渡り線を用いてこの電停始発の臨時電車が運行されていた(電車に設置されている方向幕にも当電停止まりのものが存在する)。原爆ドーム前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 西崎聡

    西崎聡から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2007年はOP戦で3度登板し無失点の好スタート。5月1日に初めて一軍登録され、その日の広島東洋カープ戦(広島市民球場)の8回に3番手としてプロ入り初登板を果たした。しかし1アウトを取る間に2被安打1四球1死球の3失点という結果で、一軍には定着しきれなかった。イースタンでは51イニングを投げて防御率3.18とそこそこの結果を残している。西崎聡 フレッシュアイペディアより)

  • 森笠繁

    森笠繁から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    即戦力ルーキーとして1年目より29試合に出場する。3年目のには戦列を離れた前田智徳に代わり3番で出場することもあった。には5月23日の対中日ドラゴンズ戦(広島市民球場)で初の1試合2本塁打を記録するなど、自己最多となる117試合に出場する。森笠繁 フレッシュアイペディアより)

790件中 11 - 20件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード