884件中 21 - 30件表示
  • 森笠繁

    森笠繁から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    即戦力ルーキーとして1年目より29試合に出場する。3年目のには戦列を離れた前田智徳に代わり3番で出場することもあった。には5月23日の対中日ドラゴンズ戦(広島市民球場)で初の1試合2本塁打を記録するなど、自己最多となる117試合に出場する。森笠繁 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐雅人

    甲斐雅人から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    プロ4年目の10月9日に初の一軍出場を果たし、(対巨人戦・広島市民球場)に7番二塁で初先発出場。この年二軍では7月にフレッシュオールスターに選出され、シーズン終了時点で87試合に出場し、打率.285、3本、34打点の好成績を残す。甲斐雅人 フレッシュアイペディアより)

  • 玉置隆

    玉置隆から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    には、10月14日の対広島戦(広島市民球場)での救援登板で一軍デビュー。2回を無失点に抑えた。玉置隆 フレッシュアイペディアより)

  • 澤崎俊和

    澤崎俊和から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2007年3月5日に広島市民球場で行われた紅白戦で、先発した小山田保裕の後、他に投げる予定の投手がいなかったことから、コーチでありながら紅白戦で登板し、1回を被安打1無失点に抑える。本人曰く「冗談だと思っていた。誰も投球練習していないので『ほんとにオレかよ』とびっくりした。何とかストライクを入れようと集中していた」とのこと。澤崎俊和 フレッシュアイペディアより)

  • 福嶋久晃

    福嶋久晃から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    9月7日の巨人戦(川崎)で初出場。二軍ではのイースタン・リーグ優勝に貢献したほか、には打率.339でイースタン・リーグ首位打者を獲得。には伊藤勲、大橋勲に次ぐ三番手捕手として一軍に定着。同年は打力を活かし、一塁手、三塁手として15試合に先発出場(捕手としては1試合のみ)。に名前を「久」から「久晃」に変更した。には正捕手の伊藤と併用され62試合に先発マスクを被る。同年は10本塁打を放ち、それ以降6年連続で2桁本塁打をマークする。別当薫が2期目の監督に就任したには伊藤から正捕手の座を奪い、翌にはキャリア唯一の規定打席(36位、打率.249)に達する。同年4月5日の広島戦では横浜スタジアムこけら落としのチーム第1号本塁打を北別府学から放ち、4月5日には開幕戦の巨人戦(横浜)で江川卓からサヨナラヒットを打った。、1977年、にはオールスターゲームに出場。からは辻恭彦・加藤俊夫との併用になったが、からは若菜嘉晴の加入で出場機会が減少し、には一塁での起用が主となる。に広島へ移籍し、開幕戦の阪神戦(広島市民)で山本和行からサヨナラヒットを放つなど右の代打としても活躍したが、同年限りで現役を引退。福嶋久晃 フレッシュアイペディアより)

  • 広島護国神社

    広島護国神社から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    1934年(昭和9年) - 社殿の老朽化に伴い、西練兵場(現在の広島市民球場付近)の西端に移転。広島護国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 田中大輔 (野球)

    田中大輔 (野球)から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    プロ1年目の2007年は首脳陣の要望もあって二軍で前田章宏と共に主力捕手としてマスクを被る。同年のフレッシュオールスターゲームに途中出場した。その後一軍昇格し、8月1日の広島戦(広島)でスタメン出場を果たした。地元ということもあり、多くの応援団が駆け付けた。8回までをリードして4失点とし、田村藤夫捕手コーチからは「初めてにしては頑張った」と評された。その後一軍出場はなかったものの、一軍のブルペンでマスクを被るなど練習を積んだ。田中大輔 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    3月22日 - 旧広島市民球場で広島対阪神の最後のオープン戦が行われ、3対3の引き分。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • トム・デイビー

    トム・デイビーから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    打高投低のプロ野球界の潮流や、狭い広島市民球場(移籍後は京セラドーム大阪)という環境にあって、先発ローテ投手として防御率2点台を記録したことが、実働5年のうち3度もある点は、日本球界への適性と投手としての能力の高さの証といえる。2006年は千葉ロッテマリーンズ(当時)の清水直行に並んで、規定投球回達成した投手の中で最少の9被本塁打と被弾数も少なかった。トム・デイビー フレッシュアイペディアより)

  • リック・デハート

    リック・デハートから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    シーズン途中に広島東洋カープに入団。左の投手陣不足から中継ぎ候補として期待されたが、成績を残せず1年限りで退団した。1999年7月6日の対横浜戦(広島市民球場)では、内野手の木村拓也と急造バッテリーを組んでいる(2/3回3失点)。リック・デハート フレッシュアイペディアより)

884件中 21 - 30件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード