790件中 31 - 40件表示
  • 石井裕也 (野球)

    石井裕也 (野球)から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    5月10日の広島戦(広島市民球場)でサヨナラ負けを経験した。終了直後にベンチに戻ってから、捕手の谷繁に配球をめぐって厳しく叱られ、コーチが止めに入るほどだったが、耳のほとんど聞こえない自分に野球のことで本気で叱ってくれたのは谷繁が初めてで嬉しかったと語り、野球人生の中で最も印象の深い出来事の一つだと言う。石井裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ5

    プロ野球スピリッツ5から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2008年12月4日発売の『プロ野球スピリッツ』シリーズ初の「決定版」の位置づけ(2004年シーズン中途で発売の『プロ野球スピリッツ2004クライマックス』はシーズン終了後発売の「決定版」ではない)。また、『実況パワフルプロ野球15』は「決定版」が発売されず、『パワプロクンポケット11』ではシーズン終了時ではなく7月末のデータを採用しているため、2008年度シーズンを再現してパワプロプロダクションから発売された野球ゲームで唯一の「決定版」である。また、プロ野球スピリッツシリーズでは最後に広島市民球場を収録したゲームである)プロ野球スピリッツ5 フレッシュアイペディアより)

  • 田中大輔 (野球)

    田中大輔 (野球)から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    プロ1年目の2007年シーズン中は首脳陣の要望もあって二軍のレギュラー捕手としてマスクを被る。同年のフレッシュオールスターに途中出場した。その後一軍昇格し、8月1日の広島戦(広島)でスタメン出場を果たした。地元ということもあり、多くの応援団が駆け付けた。8回までをリードして4失点とし、田村藤夫捕手コーチからは「初めてにしては頑張った」と評された。その後一軍出場はなかったものの、一軍のブルペンでマスクを被るなど練習を積んだ。田中大輔 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 池谷公二郎

    池谷公二郎から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    赤ヘル投手陣の一角として、1975年のカープ初優勝時には外木場義郎の20勝に次ぐ18勝、翌1976年には20勝を挙げて最多勝を獲得、沢村賞を受賞。3度のセ・リーグ優勝と2度の日本一に貢献した。その一方で高めのストレート勝負が多く、かつ広島市民球場をホームグラウンドとしていたことから被本塁打も多く1977年には48被本塁打を記録し、これはプロ野球記録となっている。池谷公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • カスタムメイド10.30

    カスタムメイド10.30から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    当初、奥田民生のソロ10周年を記念し2004年10月30日に行われた「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」のドキュメンタリーとして企画していた物を急遽変更して出来た映画で、ストーリー展開は『ひとり股旅』と同時進行し、ラストシーンは「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」のライブ中に一発本番で撮影された。カスタムメイド10.30 フレッシュアイペディアより)

  • 正津英志

    正津英志から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    初登板は1998年の広島との開幕戦(広島市民球場)であったが、緒方孝市に本塁打を浴びる。ショートを守っていた久慈照嘉に「プロは甘くないよ」と言われ落ち着いたと紙上で語っている。正津英志 フレッシュアイペディアより)

  • 安仁屋宗八

    安仁屋宗八から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    その後広島のコーチや二軍監督、中国放送、デイリースポーツの解説者を経て、2005年から一軍投手コーチに復帰すると春季キャンプで投手全員に先発としての調整を指示し、2500球もの凄まじい投げ込みを命じて投手陣再建を計った。タフな黒田・大竹はキャンプを無事乗り切り自身最高の成績を残せたが、選手層は厚くならず投手陣全体としては失敗に終わった。この年の安仁屋はあごに白いヒゲを蓄え、赤い広島のユニフォームと相まって「安仁屋サンタ」と一部から呼ばれていた。2006年から中国放送野球解説者、デイリースポーツ野球評論家の活動を再開している。発言内容や記事からは、自身の投球スタイルからか、内角攻めへの並々ならぬ拘りが感じられる。解説、評論の仕事をするようになっても広島市民球場は毎試合、1日も欠かさず見に行っており、新球場(マツダスタジアム)に移転後も毎試合行くという。また郷里では、社会人野球チームで自身が総監督を務める安仁屋ベースボールTRYを結成した。幼い頃から巨人の藤田元司に憧れを抱いており、都市対抗野球で当時巨人の本拠地であった後楽園球場を訪れた際には感動したという。通算119勝はその藤田と同じである。安仁屋宗八 フレッシュアイペディアより)

  • 小山田保裕

    小山田保裕から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    広島市民球場のロッカールームにある小山田のロッカーには松浦亜弥の写真が貼ってあり、その写真を見てから試合に臨んでいたようである。小山田保裕 フレッシュアイペディアより)

  • 町田公二郎

    町田公二郎から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    常に笑顔を絶やさない明るい性格の持ち主で、サインや写真撮影にも気軽に応じ、女性ファンの人気も高かった。その一方で、勝負所で本塁打を打った際やヒーローインタビューなどではあまり表情を変えないクールなコメントが多かった。ただ、そんな町田が感情を表に出したときがある。の広島市民球場でライト前に代打サヨナラタイムリーを放った際に両手をあげガッツポーズ。ヒーローインタビューで涙を浮かべ「また明日から頑張ります」と語った(このシーズンは開幕当初から20打席以上の無安打が続くなど極度の不振に苦しみ、打席数を増やして調子を上げようと1番スタメンも経験するなど試行錯誤を繰り返していた)。1打席しか許されない代打というポジションから、責任感も人一倍強かった。打撃と比較して、守備と走塁には課題があったが、全力プレーは健在で、内野守備ではしばしばダイビングキャッチによる好守も見せた。町田公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地原毅

    菊地原毅から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2005年6月4日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)で、仰木彬が審判に判定の確認に行ったところ、「ピッチャー、菊地原」と聞き違いをされ、仰木は「そんなこと言っていない!」と抗議したため、試合が44分中断することがあった。結局は投手交代をすることになり、菊地原は「行くのか行かないのか判らず、集中するのに苦労した」と語ったが無失点に抑えた。菊地原毅 フレッシュアイペディアより)

790件中 31 - 40件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード