790件中 41 - 50件表示
  • ルイス・ロペス (1964年生の内野手)

    ルイス・ロペス (1964年生の内野手)から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2002年4月6日の対中日ドラゴンズ2回戦(広島市民球場)の8回裏、二塁に前田智徳を置いた場面で、ロペスは中前打を放った。しかし前田は三塁で止まり、加点できなかった。ロペスはこれに憤慨。適時打で本塁生還後、ダッグアウト裏で前田に「どうして本塁に走らなかったんだ」などと激しく詰め寄り、つかみかかる騒ぎを起こした。ロペスの年俸には打撃成績に応じた出来高が支払われる契約が含まれていたことが背景にあったとも言われている。一方の前田はアキレス腱などの故障歴があるなど足に不安を抱えているため、無理な走塁はできない状態であった(しかもこの日は小雨が降っていてグラウンド状態が悪く、前田は普段以上に足を気遣いながらのプレーを余儀なくされていた)。4月7日、球団フロントと山本浩二監督による事情聴取に応じたロペスは「打点が欲しかったからやったわけじゃないんだ」と釈明した。しかし、事態を重く見た球団はロペスの出場選手登録を抹消、10日間の謹慎を科した上で二軍の練習参加も禁じる厳罰を下した。前田とは、話し合いの機会を持って和解している。また、この件について前田は「言い訳したくない」とあまり口にしない。ルイス・ロペス (1964年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 広島におけるサッカー専用スタジアム構想

    広島におけるサッカー専用スタジアム構想から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    広島は戦前からサッカーが盛んな土地であった。広島高等師範学校(現・広島大学)開校4年後の1906年(明治41年)に行われた運動会で、初めて広島でサッカーが行われ、1919年(大正8年)第一次世界大戦後似島の似島検疫所捕虜収容所にいたドイツ人捕虜と広島高師で、初の国際試合が行われた記録が残っている。1960年(昭和35年)11月30日全広島対ロコモティフ・モスクワ戦から5度にわたり、広島市民球場(旧広島市民球場)でサッカーが行われたこともある。広島におけるサッカー専用スタジアム構想 フレッシュアイペディアより)

  • チャド・アレン

    チャド・アレンから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2007年6月10日の対広島戦(広島市民球場)で、4番に座ったアレンは、4回表に高橋建からポテンヒットを放って出塁。続く下山真二の打席で、二遊間が余所見をしている隙を突いた大胆な走塁を行った。この際、高橋が悪送球をしたため、アレンは更に三塁まで進んだ。あまりに異様な出来事だったため、球場全体が「何が起こったのか?」という雰囲気に包まれた。ただし、後続が凡退したために、アレンは本塁に生還できなかった。チャド・アレン フレッシュアイペディアより)

  • 津田プレート

    津田プレートから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    1994年7月14日、津田恒実の一周忌直近であること(命日は7月20日)と背番号14にちなんで、初代の広島市民球場の一塁側ブルペンの柱に貼り付けられた。子息による始球式も行われた。その年から1999年まで毎年7月14日は「津田メモリアルデー」として、記念行事が行われた。津田プレート フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    本来は遊撃手だが、プロ入団後は二塁手の守備に就くようにもなった。土のホームグラウンドの影響もあってか失策が多かった。強肩と俊足を生かし、守備範囲が広いが、遊撃手の見せ場の一つである間一髪のダブルプレーが捕球→送球の動作が俊敏でないためアウトにできなかった。開幕直後攻守にミスが目立ったが、マーティ・ブラウン監督が辛抱強く起用し続けた結果、開幕当初1割にも満たなかった打率を3割近くに上げ、好守も見せるようになるなど短期間で攻守ともに急成長。また得点圏打率は3割5分を超え、三塁打は狭い広島市民球場を本拠地とし、右打者ながら8本を放ち、両リーグ通じて単独トップ。盗塁もチームトップの13個。東出輝裕と二遊間を守り、広島打線の1、2番コンビとして定着した。しかし、9月26日の試合前の練習中、コーチのノックがイレギュラーして右目を直撃、検査の結果「右眼窩部打撲」と診断され登録抹消。横浜・吉村裕基、中日の佐藤充と争ってきた新人王争いにはまだまだアピールが必要であり、また、新人でありながらチームの攻守の要であるため梵本人は勿論、チームにとっても非常に痛い戦線離脱であった。その日はベンチ裏で人目もはばからず号泣。そして10月14日の阪神戦で復帰し、8回に代打出場。そのまま守備に就き、打球も無難に処理しファンを安堵させる(守備時には未だ赤い目に防御用ゴーグルを着用であった)。最終的には打率.289、安打数130という結果でルーキーシーズンを終えた。その結果、横浜の吉村裕基に倍以上の票差をつけて入団会見での公言通り、2006年度新人王獲得。広島の新人王はの澤崎俊和以来9年ぶり、野手ではの小早川毅彦以来2人目である。同級生で二遊間を組む東出と2人でゴールデングラブを受賞することを目標にしている。そのため、秋季キャンプでは東出と常に行動を共にするなど、息を合わせている。7月13日の阪神タイガース戦(甲子園球場)で先制ソロにタイムリーを含む2二塁打を放ち、守備ではファインプレーも飛び出し、その日のお立ち台に立った。そのヒーローインタビューで、試合中マウンドへ寄った(投手・黒田博樹)時のことを聞かれて「黒田さんがワンパターンなリズムで投げてたので間を置きたかった」と新人にもかかわらず大胆な発言をした。梵英心 フレッシュアイペディアより)

  • 澤崎俊和

    澤崎俊和から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2007年3月5日に広島市民球場で行われた紅白戦で、先発した小山田保裕の後、他に投げる予定の投手がいなかったことから、コーチでありながら紅白戦で登板し、1回を被安打1無失点に抑える。本人曰く「冗談だと思っていた。誰も投球練習していないので『ほんとにオレかよ』とびっくりした。何とかストライクを入れようと集中していた」とのこと。澤崎俊和 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤初

    加藤初から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    、関本四十四・玉井信博とのトレードにより伊原春樹と共に巨人に移籍。これは張本勲とともに、同年の巨人の戦力補強の象徴とされている。同年4月18日の広島東洋カープ戦(広島市民球場)では史上51人目(62度目)のノーヒットノーランを達成。この年15勝4敗の好成績を挙げ、セ・リーグでは正式タイトルではないものの最高勝率を記録、巨人の前年最下位からの優勝に貢献した。加藤初 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    広島市民球場で広島対阪神の最後のオープン戦が行われ、3-3で引き分けた。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    プロ1年目の1990年は二軍で過ごし、9月から11月にフロリダ秋季教育リーグへ参加。自身の希望で遊撃手へと転向していた1991年も秋口まで二軍で過ごし、一軍の中村勝広監督など首脳陣から見いだされ9月9日に初の一軍昇格を果たす。翌10日、東京ドームでの巨人戦で9回表の代打として初出場。香田勲男から初打席初安打初打点を記録する。16日、広島市民球場での広島東洋カープ戦で7番・遊撃手として初スタメン出場。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎隆造

    山崎隆造から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    ちなみに、ロックバンド「くるり」の岸田繁は山崎の現役時代のプレーを見て以来ファンとなり、現在も広島の大ファンで、2006年6月4日に広島市民球場で始球式を務めている。山崎隆造 フレッシュアイペディアより)

790件中 41 - 50件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード