884件中 51 - 60件表示
  • チャド・アレン

    チャド・アレンから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2007年6月10日の対広島戦(広島市民球場)では、ラロッカやローズの代わりに4番で起用され、4回表に高橋建からポテンヒットを放って出塁。続く下山真二の打席で、二遊間が余所見をしている隙を突いた大胆な走塁を行ったが、この際に高橋が悪送球をしたため、アレンは更に三塁まで進塁した。あまりに異様な出来事だったため、球場全体が「何が起こったのか?」という雰囲気に包まれた。ただし、後続が凡退したために、アレンは本塁に生還できなかった。チャド・アレン フレッシュアイペディアより)

  • 山崎隆造

    山崎隆造から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    ちなみに、ロックバンド「くるり」の岸田繁は山崎の現役時代のプレーを見て以来ファンとなり、現在も広島の大ファンで、2006年6月4日に広島市民球場で始球式を務めている。山崎隆造 フレッシュアイペディアより)

  • 川口和久

    川口和久から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    は、右打者のアウトコースをさらに有効に使うためスクリューを習得し、2年ぶりに規定投球回数に達して9勝を挙げた。は前年優勝した阪神からの5勝を含め、3年ぶりの二桁勝利となる12勝を記録している。オールスターゲームにも3年ぶりに出場し、広島市民球場で開催された第3戦で先発した。なお、腰痛のため日本シリーズには出場できなかった。オフには800万円増の年俸2,400万円(推定)で契約を更改した。川口和久 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    はシーズン前に2年目のジンクスについて聞かれると「全く考えていない。いまやるべきことをやるだけ。そのことは二度と聞かないでほしい」と答えた。5月4日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で勝利投手となり、北海道で初勝利を挙げた。また、この試合後には同球場では史上初の対戦チーム選手のヒーローインタビューが流された。交流戦の最終戦の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)ではプロ入り初セーブを挙げた。北京オリンピック(北京五輪)の野球日本代表に選出され、背番号は15。大会を通じ3試合に登板、7イニングで失点、自責点は0だった。レギュラーシーズン最終戦の10月8日の対ソフトバンク戦(Kスタ宮城)で9回を6安打無失点に抑え、チームは延長12回にサヨナラ勝利するが田中は勝利投手とならず、この年は9勝に終わるが、高卒新人としては40年ぶりの2年連続150奪三振を記録した。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡光宏

    片岡光宏から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    に打者として一軍に再デビューし、代打中心に起用され同年7月11日の広島市民球場 \(初代\)での阪神戦では9回裏に代打サヨナラ本塁打を放つなど長打力の片鱗を覗かせる。同年8月15日、16日には小早川毅彦に代わって4番打者として先発出場した。当時監督の阿南準郎が将来の主軸打者として期待しに三塁手として起用されたが、ランディ・ジョンソンとの併用や守備の不安などでシーズン後半にかけて徐々に出番が減る。同年11月に斉藤浩行と共に本村信吾・片平哲也との2対2の交換トレードで中日ドラゴンズに移籍となる。中日での在籍は1年にとどまり、10月に北野勝則との交換により横浜大洋ホエールズに移籍。大洋時代は腰痛に苦しみ結果を残すことはできず、11月に自由契約となり現役引退。片岡光宏 フレッシュアイペディアより)

  • 山内一弘

    山内一弘から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    中日監督時代、1年目の1984年は前年ふるわなかった中日打線を強打線に仕立て上げ、巨人に14連勝するなど巨人を優勝争いから脱落させた。残り10試合を切った9月末には、首位を走る広島と0・5ゲーム差の状態で広島市民球場での天王山を迎えた。連勝すれば逆転優勝もありえた同試合前、山内は相手チームである広島の1番打者であった高橋慶彦に打撃指導し、高橋はその試合で2本塁打を放った。試合は広島がサヨナラ勝ちし、この負けが響いて中日は2位に終わった。相手選手の高橋に打撃のアドバイスをした山内は、新聞などの各メディアで叩かれたという。山内本人はこれについて、「同じ野球人、悩んでいたら助けてやらにゃいかんやろ」と語っている。山内一弘 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々岡真司

    佐々岡真司から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    は先発に専念。シーズンを通して17勝・防御率2.44を挙げ、最多勝利、最優秀防御率の二冠に輝き、チームのリーグ優勝に大きく貢献すると共に、シーズンMVP、沢村賞、ベストナイン(最優秀投手)を獲得。この年、4月25日の対阪神タイガース戦の3回から5月11日の対中日戦の7回まで、4試合にかけて30イニング連続無失点の球団新記録を達成(に大竹寛が更新)。また、10月23日の西武ライオンズとの日本シリーズ第4戦(広島市民球場)で先発し、8回一死まで無安打無得点に抑えた。佐々岡真司 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川良平

    長谷川良平から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    (22勝)、も(21勝)と3年連続20勝、入団から8年連続の二桁勝利を記録する。なお、1957年までの8年間でチーム全体の勝ち星の4割以上を1人で挙げている。この間の1956年6月24日の阪神戦では藤村富美男に代打逆転サヨナラ満塁本塁打を浴び、翌1957年7月24日の広島市民球場のこけら落としの試合に先発登板している。長谷川良平 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    春季キャンプ前の自主トレで「タイトル奪取」を目標に掲げ、開幕から好調を維持。5月4日の横浜戦では二打席連続本塁打を放ち、この時点で打率は4割を超えていた。6月の広島戦では球団通算7500号本塁打を放ち、対戦投手は2000年にも球団通算節目の本塁打を放った高橋建だった。しかし、シーズン中盤に入るとスランプに陥り、4割を超えていた打率は7月末には3割台前半にまで落ち込んだ。8月3日の広島戦(旧広島市民球場)では新井貴浩が放った打球をフェンス際でジャンピングキャッチを試みた際に左足かかとを強打し戦線離脱(左足底筋腱挫傷)。復帰までに約1ヶ月半を要し、その復帰第1戦となった9月16日の横浜ベイスターズ戦で中根仁が放った同様のフェンス際の打球ではジャンピングキャッチを成功させた。本塁打・打点は新ストライクゾーンと35試合欠場した影響で前年から大幅に成績を下げてしまい、開幕前に掲げたタイトル奪取はならなかったが、2年連続で打率3割をキープした。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 坂克彦

    坂克彦から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    6月に、牧野塁との交換トレードで阪神タイガースに移籍した。背番号は、近鉄・楽天時代の番号の数字を逆に組み合わせた35。10月14日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)で、「7番・二塁手」としてスタメンで一軍公式戦デビューを果たした。二軍では、主に二塁手としてウエスタン・リーグ公式戦36試合に出場。出塁率.344を記録した。坂克彦 フレッシュアイペディアより)

884件中 51 - 60件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード