790件中 51 - 60件表示
  • 新井良太

    新井良太から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    プロ初年度のは、新人ながら二軍のウエスタン・リーグでほぼ毎試合4番で出場した。しかし、打率.254, 3本塁打と、パワーはあるものの粗い打撃と拙守のためシーズン前半は二軍生活を送る。7月17日にプロ初の一軍昇格。同日の対横浜ベイスターズ戦で代打として待機していたものの、降雨コールドとなり初打席はお預けとなってしまった。しかしその後一軍再昇格し、同年9月10日の対広島東洋カープ戦7回表、二度目の代打機会でプロ初安打を記録。この試合には兄の貴浩も広島の三塁手として出場しており、7月16日の山田勉(広島)・山田洋(中日)以来8年ぶりに、別球団同士の兄弟選手が同時に顔を合わせたケースとなった。この時、敵地である広島市民球場のスコアボードには「中日ドラゴンズ25新井良太選手 広島市民球場 初登場!」と表示する演出が行なわれた。新井良太 フレッシュアイペディアより)

  • 今中 慎二

    今中慎二から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    プロ1年目のは近藤真一や上原晃の例に倣い、キャンプからオープン戦の期間は二軍でランニングなど体力の強化や守備練習に明け暮れた。新宅洋志や稲葉光雄の指導を受けてフォーム修正や体力向上に取り組み、早くも5月26日にはナゴヤ球場での対巨人戦で一軍初登板を果たした。9月17日の広島での対広島戦では先発して北別府学と投げ合い、2回にマメを潰しながらもアロンアルフアで固めて5回を投げプロ初勝利を挙げた。オフの秋季キャンプにはロサンゼルス・ドジャースから臨時コーチが来ており、当時MLBで流行していたスプリット・フィンガード・ファストボール系のフォークボールを習得した。今中慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 広島護国神社

    広島護国神社から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    1934年(昭和9年) - 社殿の老朽化に伴い、西練兵場(現在の広島市民球場付近)の西端に移転。広島護国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 金子圭輔

    金子圭輔から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    最大の武器である俊足を生かすため、プロ入り後すぐに内野手(主に遊撃手)に転向した。6月15日に初1軍登録。その日の対広島戦(広島市民球場)に、七番三塁手で即スタメン起用され、第一打席にショーン・ダグラスからセンター前タイムリーヒットを放ち、初安打・初打点を記録した。金子圭輔 フレッシュアイペディアより)

  • 岡義朗

    岡義朗から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    内外野どこでも守れる守備のスペシャリストとしてその名を知られた。特に外野守備に優れ、1979年4月7日、広島市民球場での対阪神タイガース戦で掛布雅之の放ったホームラン性の打球をフェンスによじ登りもぎ取ったプレーから「塀際の魔術師」「守備の切り札」の異名をとるまでに至った。「江夏の21球」の際も守備固めで出場しレフトを守っていた。岡義朗 フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープの応援団

    広島東洋カープの応援団から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    広島市民球場でリードする代表的存在。2007年(平成19年)には「リアルヒーロー前田智徳」の横断幕を掲げた。黒田博樹の登板時、背番号15とそれに寄せ書きが書いてある旗を振っていた。広島緋鯉会は関西緋鯉会 ・名古屋緋鯉会 ・東京緋鯉会のように個人選手の応援旗は2010年(平成22年)シーズン現在、存在しない。広島東洋カープの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 大豊泰昭

    大豊泰昭から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    、本拠地がナゴヤ球場からナゴヤドームに移ったこともあり、12本塁打に終わる。監督の星野仙一が広いナゴヤドームに対応して機動力重視の野球を目指したことから、に矢野輝弘とともに関川浩一・久慈照嘉とのトレードで阪神タイガースに移籍。には規定打席不足ながら26試合連続安打を放つなど、打率.341、18本塁打の活躍。さらに代打でシーズン歴代2位となる6本塁打を放つなど、代打での勝負強さも発揮した。には4月8日の広島市民球場での試合において、紀藤真琴から第1打席で通算250本塁打、続く第2打席で通算1000本安打を達成した。このシーズンは最終的に23本塁打を記録したものの、打率.241は前年と比べて大きく急落。おかげで同年オフの契約更改で大幅ダウンされる一因になってしまい、「規約違反の30%ダウンに納得がいかない」と自ら自由契約を申し入れて、阪神を退団した(実際は大豊の年俸が1億円を超えていたため、30%減俸は規約違反ではない)。大豊泰昭 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    久慈照嘉と李鍾範(リー・ジョンボム)の加入で左翼手に転向され、外野守備コーチに就任間もない二宮至の特訓を受ける。広島市民球場での開幕戦(相手の先発は42歳大野豊)に3番・左翼手で出場し4打数無安打。星野監督の故郷倉敷マスカットスタジアムでの阪神戦で川尻哲郎・(前年までの同僚)矢野輝弘のバッテリーにノーヒットノーランを喫した際もフルイニング出場。しかし、同年6月13日の横浜戦では戸叶尚からナゴヤドーム初の満塁本塁打を放った。また、ナゴヤドームで第1戦開催の同年のオールスターゲームに松井、新人の高橋由伸と共に外野手部門でファン投票選出された。外野手部門での選出であったが、ナゴヤドームで開催の第1戦は全セの指揮官のヤクルト監督野村克也に9番・二塁手で先発起用された。結果として、この年は李鍾範の故障があり左翼手だけでなく二塁手を務めることも多かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 金本 知憲

    金本知憲から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    、「プロ野球全体のことを考えて来い」、「俺とお前は一緒に歩むようになっている」と星野仙一監督からラブコールを受け、阪神へ移籍。「過去に藤田平・和田豊らが付けていた背番号6を引き継げて嬉しい」と話し阪神ファンの心を掴んだ。もっとも、本当は大学時代の背番号だった5番を付けたかったと話しており、当時阪神への移籍が取り沙汰されていた中村紀洋のため6番にしたという。広島時代に付けていた背番号10は阪神では永久欠番のため、選択不可であった。かつて広島から巨人にFA移籍した川口和久や江藤智が広島市民球場で激しく野次られるのを見ていたため自分も野次られるのではないかと恐れていたが、移籍後初の広島市民球場での試合で逆に声援を受け安堵したと語っている。同年は開幕から3番に定着し、2番赤星憲広の盗塁王獲得に協力するとともに主軸として活躍し、18年ぶりのリーグ優勝に貢献。日本シリーズでは4本塁打、3試合連続本塁打、1試合2本塁打と3つのシリーズタイ記録を達成したが、チームは日本一に届かなかった。金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田民生

    奥田民生から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2004年、ソロ10周年を記念して、広島市民球場にてコンサート「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」を敢行、唯一、広島市民球場でのコンサートを実現させた歌手となった。また、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『OH! MY RADIO』(J-WAVE、奥田は月曜日担当)も12月に復帰(3月で卒業)。奥田民生 フレッシュアイペディアより)

790件中 51 - 60件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード