884件中 61 - 70件表示
  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    広島時代の2006年のシーズン終盤、FA移籍の情報が各スポーツ紙を賑わせている真っ只中、ファンが動き、完成させたのが広島市民球場外野席に突如現れた巨大横断幕である。それには多くのファンからのメッセージ、そして大きな文字で「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」と記されていた。更にシーズン最終登板試合には満員のファンが黒田の背番号15の赤いプラカードを掲げ球場を赤色に染め上げ、後に「あのファンの気持ちは大きかった」と述べた。この一連のエピソードは翌年7月に『誰がために〜黒田博樹物語〜』(漫画:吉原基貴、原案協力・取材:戸塚啓)として漫画化され、ヤングアニマル(白泉社)に掲載された。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 石井裕也 (野球)

    石井裕也 (野球)から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    5月10日の広島戦(広島市民球場)でサヨナラ負けを経験した。終了直後にベンチに戻ってから、捕手の谷繁に配球をめぐってコーチが止めに入るほどの厳しい叱責を受けたが、耳のほとんど聞こえない自分に野球のことで本気で叱ってくれたのは谷繁が初めてで嬉しかったと語り、野球人生の中で最も印象の深い出来事の一つだと言う。石井裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 新庄剛志

    新庄剛志から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    1年目の1990年は二軍で過ごし、腰痛の影響もあり出場36試合・打率.074(安打2)・本塁打および打点なし。守備は中堅手から、シーズン中に自らコンバートを志願して内野の遊撃手へ転向する。9月から11月にはフロリダ州レイクランドでの秋季教育リーグへ派遣される。1991年も秋口まで二軍で過ごし、キャリアにおいて唯一となる二軍規定打席に到達して打率.246・本塁打9・打点39を記録。そして一軍監督の中村勝広ら首脳陣により見いだされ、9月9日に初の一軍昇格。翌10日、東京ドームでの巨人戦で9回表の代打としてプロ初出場を果たし、香田勲男から初打席初安打初打点を記録する。16日、広島市民球場での広島東洋カープ戦で7番・遊撃手としてプロ初先発出場。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原謙太朗

    桑原謙太朗から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    には、公式戦開幕直後の4月6日に、対広島東洋カープ戦(広島市民球場)8回裏に4番手投手として一軍デビュー。以降も、先発・中継ぎの両方で一軍公式戦での登板を重ねた。7月9日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では、同点の4回裏からの救援登板で2回を無失点に抑えると、チームが勝ち越したことから一軍初勝利を挙げた。先発に起用された8月16日の対阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)では、150球を投げた末に、7被安打無失点6奪三振という内容で一軍初完投・初完封を達成した。一軍公式戦全体では、30試合の登板で、3勝6敗1ホールド、防御率4.74をマーク。防御率については、先発登板の10試合で6.17であったのに対して、救援登板の20試合では2.45と大きな差が見られた。桑原謙太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 永川勝浩

    永川勝浩から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    、クローザーのジョン・ベイルへつなぐ中継ぎとして起用された。キャンプで覚えたツーシーム、交流戦終盤から使い始めたスライダーで投球の幅を広げた。8月に右足内転筋を痛め一ヶ月戦列を離れたが、チーム最多、自己最多の57試合に登板し、守護神ベイル不在時はクローザーとしても活躍。狭い広島市民球場をホームにしながら被本塁打は2本、防御率は3.13と好成績を記録。永川勝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    3月22日、広島市民球場の最後のプロ野球試合となった広島とのオープン戦で9回裏にリリーフ登板し、同球場のマウンドに最後に立った投手となった。同年は同じ中継ぎ左腕のウィリアムスが故障で離脱する中、62試合に登板。6月26日の対横浜戦では6者連続三振の快投を演じるなど、シーズン中盤までは安定した成績を残す。ところが、8月27日の対横浜戦では2死満塁の場面で登板しながら、押し出しとなる2四球・1死球を記録。9月3日には、対ヤクルト戦で2点を追う8回表の1イニングを託されるも、1被安打を挟む3四球の押し出しで1失点。この前々日(9月1日)でも3四球しており、夏場以降は制球難から四死球や痛打を受ける場面が増えた。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    本来は遊撃手だが、プロ入団後は二塁手の守備に就くようにもなった。土のホームグラウンドの影響もあってか失策が多かった。強肩と俊足を生かし、守備範囲が広いが、遊撃手の見せ場の一つである間一髪のダブルプレーが捕球→送球の動作が俊敏でないためアウトにできなかった。開幕直後攻守にミスが目立ったが、マーティ・ブラウン監督が辛抱強く起用し続けた結果、開幕当初1割にも満たなかった打率を3割近くに上げ、好守も見せるようになるなど短期間で攻守ともに急成長。また得点圏打率は3割5分を超え、三塁打は狭い広島市民球場を本拠地とし、右打者ながら8本を放ち、両リーグ通じて単独トップ。盗塁もチームトップの13個。東出輝裕と二遊間を守り、広島打線の1、2番コンビとして定着した。しかし、9月26日の試合前の練習中、コーチのノックがイレギュラーして右目を直撃、検査の結果「右眼窩部打撲」と診断され登録抹消。横浜・吉村裕基、中日の佐藤充と争ってきた新人王争いにはまだまだアピールが必要であり、また、新人でありながらチームの攻守の要であるため梵本人は勿論、チームにとっても非常に痛い戦線離脱であった。その日はベンチ裏で人目もはばからず号泣。そして10月14日の阪神戦で復帰し、8回に代打出場。そのまま守備に就き、打球も無難に処理しファンを安堵させる(守備時には未だ赤い目に防御用ゴーグルを着用であった)。最終的には打率.289、安打数130という結果でルーキーシーズンを終えた。その結果、横浜の吉村裕基に倍以上の票差をつけて入団会見での公言通り、2006年度新人王獲得。広島の新人王はの澤崎俊和以来9年ぶり、野手ではの小早川毅彦以来2人目である。同学年(松坂世代)で二遊間を組む東出と2人でゴールデングラブを受賞することを目標にしている。そのため、秋季キャンプでは東出と常に行動を共にするなど、息を合わせている。7月13日の阪神タイガース戦(甲子園球場)で先制ソロにタイムリーを含む2二塁打を放ち、守備ではファインプレーも飛び出し、その日のお立ち台に立った。そのヒーローインタビューで、試合中マウンドへ寄った(投手・黒田博樹)時のことを聞かれて「黒田さんがワンパターンなリズムで投げてたので間を置きたかった」と新人にもかかわらず大胆な発言をした。梵英心 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田稔

    岩田稔から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    には、高校の先輩で自身と同じ左腕投手にちなんで「今中二世」と呼ばれていたものの、故障が相次いだ。10月14日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)に先発投手として一軍デビューを果たしたが、3回4失点という内容で敗戦投手になった。結局、この年の一軍公式戦はこの先発登板だけで終わった。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 正田耕三

    正田耕三から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    はコーチ兼任となり、若手の出番を増やすためなどの理由で8月中旬に球団に引退を申し入れた。同年は7月5日の対ヤクルト戦で1,500安打を達成、9月5日の対阪神戦ではサヨナラヒットを放つなど最後まで活躍し、9月29日の広島市民球場での対中日戦をもって引退。また2日前の9月27日の対横浜ベイスターズ戦は同僚である大野豊の引退試合となり、自身の引退試合では気丈だった正田もこの試合では涙が止まらなかった。正田耕三 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺忠雄 (政治家)

    渡辺忠雄 (政治家)から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    実際に広島市中央公園を縮小し基町のアパート群・初代・広島市民球場などは実現し、平和大通りの縮小は行われなかったものの、代わりに植樹事業につかう樹木の提供を呼びかけて約5,000本を集めた。渡辺忠雄 (政治家) フレッシュアイペディアより)

884件中 61 - 70件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード