790件中 71 - 80件表示
  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    1957年7月22日に、新しいフランチャイズとなるこの間、広島市民球場に本拠地を移転し、広島県下初のナイターが行われた。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 古田 敦也

    古田敦也から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    チームの3者連続本塁打にからむことが多く、通算6回を数える。2001年に東京ドームで打ったのは自身の通算1500安打目だったり、2003年は広島市民球場で打ったのは4打数連続本塁打を打った時の2本目だったり、2004年の横浜スタジアムで打ったのは抑えの佐々木主浩から土橋勝征・岩村明憲に続き打った決勝本塁打だったりと、特にインパクトがあるものが多い。古田敦也 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    は14試合目で初めて救援に失敗し、先発だった高橋尚成が抑えに回って中継ぎとなる。も開幕当初は抑えを務め、4月11日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)でプロ野球史上5人目の通算150セーブを達成。しかし4月中に救援失敗が2度あり、上原浩治が抑えに回って以降は中継ぎを務めるといった、前年と同様の場面が見られた。クライマックスシリーズでは2、3戦目に登板して対戦打者6人全てから三振を奪う。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 永川勝浩

    永川勝浩から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    、クローザーのジョン・ベイルへつなぐ中継ぎとして起用された。キャンプで覚えたツーシーム、交流戦終盤から使い始めたスライダーで投球の幅を広げた。8月に右足内転筋を痛め一ヶ月戦列を離れたが、チーム最多、自己最多の57試合に登板し、守護神ベイル不在時はクローザーとしても活躍。狭い広島市民球場をホームにしながら被本塁打は2本、防御率は3.13と好成績を記録。永川勝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 広島バスセンター

    広島バスセンターから見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    南西を紙屋町交差点に接しているが、バスの出入りはすべて北側の国道54号(祇園新道)・県立総合体育館前交差点から南下し、旧広島市民球場横を通って行われる。このため、市内路線の大半と、八丁堀・広島駅方面に向かう一部の郊外路線は大回りあるいは渋滞を避けて広島バスセンターに入らないものもある(紙屋町・八丁堀の路上バス停に停車)。広島バスセンター フレッシュアイペディアより)

  • 平井正史

    平井正史から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    シーズンは首脳陣によれば、キャンプ時は先発として期待されていたが、結局中継ぎに専念することになった。7月31日の対広島戦(広島市民球場)で9回裏にリリーフ登板し、1球で石原慶幸を併殺打に打ち取って延長戦に突入し、10回表に自身の代打・新井良太が勝ち越し適時打を放ち、そのままチームが勝利したため、1球勝利達成。平井正史 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤俊雄

    斉藤俊雄から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    3月30日の対阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)に途中出場で一軍初出場を果たす。4月2日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でも途中出場を果たし、一軍初打席に立つ。4月6日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では先発出場し、初安打・初得点・初猛打賞と活躍した。この年、正捕手の相川亮二が故障続きだったこともあってチームの若手起用も増え、シーズン終盤からスタメン出場の機会が与えられるようになった。斉藤俊雄 フレッシュアイペディアより)

  • 新井貴浩

    新井貴浩から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    阪神に移籍した後も「今でもやっぱりカープの試合は気になりますよ」と古巣への愛着を口にしていたが、の対広島戦初戦(広島市民球場)では、広島ファンから新井のカープ時代のレプリカユニフォームがグラウンドに投げ込まれ、大きなブーイングを受けた。4月12日の対横浜ベイスターズ戦で、寺原隼人から通算1,000本安打を達成。前半戦は好調で高打率を維持し、チームの首位独走に貢献した。しかし、前半戦終了間近になって腰痛を訴え、一時登録を抹消されて以降は不振に陥った。北京五輪の日本代表に選ばれ、怪我を押して4番・一塁手として全試合に先発出場。予選リーグの対韓国戦では同点2ラン本塁打を放つ活躍を見せたが、腰痛により全体として満足な打撃を行うことはできなかった。五輪期間中に症状が悪化し、帰国後、腰椎の疲労骨折であったことが発覚。シーズン成績も8本塁打、59打点と大きく落ち込んだ。守備では自身初となるゴールデングラブ賞を一塁手部門で受賞。12月には宮本慎也から日本プロ野球選手会会長職を引き継いだ。新井貴浩 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    5月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦(広島市民球場)で8回に代打として出場し、ウィンストン・アブレイユから逆転本塁打を放った。この本塁打は、セントラル・リーグ通算代打本塁打1500号となった。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    ヤクルトに入団後、外野手としての練習を始める。1年目のから一軍で出場し、同年6月21日の広島東洋カープ戦(広島市民球場)にて一塁手としてプロ初出場、初打席初本塁打を打ったほか、9月9日の読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)ではテリー・ブロスのノーヒットノーラン達成を好捕で助けている。からは中軸を打ち、守備力でもヤクルトの3度の日本シリーズ優勝に貢献した。にはチーム2位の21本塁打を記録し、には25本塁打、自己最多の90打点、OPS.912という成績を残して初のベストナインに選ばれ、7月1日の横浜ベイスターズ戦(松本市野球場)では史上56人目のサイクル安打を達成した(後述)。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

790件中 71 - 80件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード