884件中 81 - 90件表示
  • 谷沢健一

    谷沢健一から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    その後1981年にはプロ野球タイ記録となる4打席連続本塁打を放ち、1982年の優勝に4番として貢献。1984年には打率.329、本塁打34本、99打点を記録。1985年10月23日に対広島戦(広島市民球場)で2000安打を達成し名球会入り(後に退会)。1986年シーズン終了後に39歳で引退。翌年1987年のオープン戦に引退試合を行い本塁打を放った。既に解説者に転身しており選手としての調整ができず、引退試合でも打席に立つ時以外は解説者も務めていた。谷沢健一 フレッシュアイペディアより)

  • 古田敦也

    古田敦也から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    9月27日の対広島戦でシーズン初安打を放つ。敵地・広島市民球場での試合であったが、試合後にはささやかなセレモニーが行われた。過去に所属経験のない相手球団の主催試合で引退セレモニーが行われるのは異例の事であった。古田敦也 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田民生

    奥田民生から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2004年、ソロ10周年を記念して、広島市民球場にてコンサート「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」を敢行、唯一、広島市民球場でのコンサートを実現させた歌手となった。また、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『OH! MY RADIO』(J-WAVE、奥田は月曜日担当)も12月に復帰(3月で卒業)。奥田民生 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    5月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦(広島市民球場)で8回に代打として出場し、ウィンストン・アブレイユから逆転本塁打を放った。この本塁打は、セントラル・リーグ通算代打本塁打1500号となった。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 金本知憲

    金本知憲から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    、「プロ野球全体のことを考えて来い」、「俺とお前は一緒に歩むようになっている」と阪神タイガース監督の星野仙一からラブコールを受け、阪神へ移籍。「過去に藤田平・和田豊らが付けていた背番号6を引き継げて嬉しい」と話し阪神ファンの心を掴んだ。もっとも、本当は大学時代の背番号だった5番を付けたかったと話しており、当時阪神への移籍が取り沙汰されていた中村紀洋のため6番にしたという。広島時代に付けていた背番号10は阪神では永久欠番(藤村富美男)のため、選択不可であった。かつて広島から巨人へFA移籍した川口和久や江藤智が広島市民球場で激しく野次られるのを見ていたため自分も野次られるのではないかと恐れていたが、移籍後初の広島市民球場での試合で逆に声援を受け安堵したと語っている。同年は開幕から3番に定着し、2番赤星憲広の盗塁王獲得に協力するとともに主軸として活躍し、18年ぶりのリーグ優勝に貢献。日本シリーズでは4本塁打、3試合連続本塁打、1試合2本塁打と3つのシリーズタイ記録を達成したが、チームは日本一に届かなかった。金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 達川光男

    達川光男から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    「俺は広島初の年俸2000万円捕手になるんだ!」と意気込んで広島市民球場の球団事務所での年俸交渉に臨んだある年、球団側は「達川、これは税金対策だ。この方が君の手取りは多くなる」と年俸1980万円を提示した。それを聞いた達川は、「この20万を足して年俸2000万にして下さい。不足分を私が出す。文句はないでしょう」と、自分の財布から20万円を取り出して詰め寄った。球団もついにその熱意に負け、達川は晴れて球団初の2000万円捕手となった。達川光男 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤俊雄

    齋藤俊雄から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    3月30日の対阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)に途中出場で一軍初出場を果たす。4月2日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でも途中出場を果たし、一軍初打席に立つ。4月6日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)に先発出場し、初安打・初得点・初猛打賞と活躍した。この年、正捕手の相川亮二が故障続きだったこともあってチームの若手起用も増え、シーズン終盤からスタメン出場の機会が与えられるようになった。齋藤俊雄 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    も開幕当初は抑えを務め、4月11日の広島東洋カープ戦(広島市民球場)でプロ野球史上5人目の通算150セーブを達成。しかし、4月20日の阪神タイガース戦では延長12回にチームが3点を勝ち越した後に登板するも、伏兵の狩野恵輔にサヨナラ適時打を打たれ敗戦投手になった。抑えに失敗することが多く、上原浩治が抑えに回って以降は中継ぎを務めるといった、前年と同様の場面が見られた。同年も前年と防御率はそれほど変わらなかったが上原に繋ぐセットアッパーとして巨人での新境地を開拓した。47試合に登板して2勝5敗4セーブ20ホールドをマークした。クライマックスシリーズでは2、3戦目に登板して対戦打者6人全てから三振を奪うなどCS敗退したチームにおいて奮闘した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 末永真史

    末永真史から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    9月27日の対読売ジャイアンツ戦(広島市民球場)で、上原浩治からプロ初安打を本塁打で飾った。しかし一軍に定着することが出来ず、は一軍出場すら無い年となった。ウエスタン・リーグでも三振が増加し、思うような成績を残せなかった。末永真史 フレッシュアイペディアより)

  • 大豊泰昭

    大豊泰昭から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    の前半戦は5本塁打で前年同様に苦しんだが、後半戦は調子を取り戻し16本塁打を放つ活躍をした。には規定打席不足ながら26試合連続安打を放つなど、打率.341、18本塁打の活躍。さらに代打でシーズン歴代2位となる6本塁打を放つなど、代打での勝負強さも発揮した。には4月8日の広島市民球場での試合において、紀藤真琴から第1打席で通算250本塁打、続く第2打席で通算1000安打を達成した。このシーズンは最終的に23本塁打を記録したものの、打率.241は前年と比べて大きく急落。7月20日の巨人戦では審判に暴行を働き退場処分、7月28日から8月3日までの出場停止処分と制裁金20万円の処分が科せられた。阪神移籍後、毎年色々な理由(「打率が低い」からと言われて翌年打率をあげたら「打点が低い」と言われる等)をつけてダウン提示を受けこの年オフの契約更改でも大幅ダウンを提示され「協約違反の30%ダウンに納得がいかない」と自ら自由契約を申し入れて、阪神を退団した(実際は大豊の年俸が1億円を超えており、当時の野球協約では年俸1億円以上の選手は最大30%減俸可能となっていた)。大豊泰昭 フレッシュアイペディアより)

884件中 81 - 90件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード