184件中 91 - 100件表示
  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た増岡組

    1957年2月1日には「広島市民球場建設世話人会」が発足し、2月22日についに起工式が執り行われた。地元建設会社の増岡組が購入したばかりのブルドーザー1台が連日フル稼働し、超々突貫工事の結果、わずか5か月後の7月22日には完工式が執り行われた。同日夜のナイター設備の点灯式には小雨が降るあいにくの天候にもかかわらず、15,000人の観衆が詰めかけた。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た広島バスセンター

    市内の中心部でネットワークを作る広島電鉄の路面電車や、市北西部の住宅地まで延びるアストラムラインでの来場は便利である。また、高速バスをはじめ、市の内外に路線が延びる広島バスセンターの真横であり、出発時の僅かな隙間からでは有るが、球場内を見る事が可能である。一方、広島駅からは少し離れているため、JR西日本を利用した郊外からの観戦には若干不便である。広島駅からの交通手段は路面電車で2号線・6号線(広電宮島口行と江波行)と、バス、タクシーがある。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見たツネイシホールディングス

    2006年6月、広島市に常石造船(現ツネイシホールディングス)が市民球場の施設命名権購入を申し出た。希望額は年間2億円。この他イズミ、章栄不動産も市民球場の命名権の購入を申し出た他、7月に広島郷心会がマツダに対して命名権購入の提案を行うなどの動きがあった。市は命名権の売却を進めるか否か、市議会や市民の意見などを聴いた上で検討作業を開始。そして2007年春、市は同年シーズン後半から命名権を売却する方針を一旦内定し、より具体的な検討に入った。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た現行犯逮捕

    1990年5月12日の対巨人戦の試合途中、バックネットに黄色い忍者装束の男がよじ登り、グラウンドに向けて『巨人ハ永遠ニ不ケツデス!』『ファンヲアザムクナ!』『天誅!悪ハ必ヅ滅ビル!』と書かれた巨人を揶揄する垂れ幕をぶら下げ、更にはグラウンドに向かって発炎筒を投げつけ、巨人ベンチに向かって手裏剣を投げるという椿事が起きた。試合は中断し、男は広島中央署員に威力業務妨害で現行犯逮捕され、10分後に試合は再開した。調べに対して男は『桑田問題など最近の巨人は許せない』などと供述していた。男は当時39歳東広島市在住で、職業は農業だった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見たMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    しかし1990年代に入ると、新設された他球場に比べて狭隘なフィールドの大きさが問題視され始め、さらに2000年代に入ると諸設備の陳腐化・老朽化が著しく進んだことから、当球場に代わる新しい球場の建設が検討され始めるようになり、2009年4月、新たに竣工したMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にプロ野球本拠地機能は移転した。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た原爆ドーム

    原爆ドームや広島平和記念公園に近く、原子爆弾が広島市に投下された8月6日(原爆忌・広島平和記念式典)は市民球場の「休場日」であった。これは同日が広島市の条例で定められた市職員の業務休止日であり、それに伴い市民球場も休場日になることによる。カープは同日、開場年の1957年と翌1958年の2シーズンは市民球場で主催公式戦を開催していたが、前述の事由や式典開催による市内中心部の交通事情の問題などもあって翌1959年以降、同日に主催試合が組まれた場合は福山市の福山市民球場や尾道市のしまなみ球場などで行った。ただ、被爆60周年にあたる2005年頃から「原爆の日に市民球場で公式戦をして欲しい」という意見が市民やファンから寄せられていた。「市民球場は広島市の復興のシンボルであり、カープの試合を通じて平和の喜びをかみしめたい」などといった事がその理由である。こうした意見を受けて2007年夏、市は広島球団に対し翌2008年、市民球場最終シーズンである事に因み、同日の市民球場での公式戦開催を要請した。仮に実現すれば応援団にトランペットや太鼓など鳴り物の自粛を呼びかける方針も決まっており、球団側も「原爆の日に、市民球場で試合が出来るのは最後のチャンス。(記念式典で)全国から多くの方が集まる日でもあるし、日程が取れればやりたい」と前向きだった。だが結局、同日の広島はビジターの対阪神戦(京セラドーム大阪)となったため実現には至らなかったが、新球場移転後の2011年8月6日に広島市で53年ぶりの公式戦(対読売ジャイアンツ戦)を開催することになった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見たセントラル・リーグ

    1957年7月に完成し、以来2009年3月31日まで日本プロ野球・セントラル・リーグの広島東洋カープが本拠地として用いた。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た広島平和記念公園

    原爆ドームや広島平和記念公園に近く、原子爆弾が広島市に投下された8月6日(原爆忌・広島平和記念式典)は市民球場の「休場日」であった。これは同日が広島市の条例で定められた市職員の業務休止日であり、それに伴い市民球場も休場日になることによる。カープは同日、開場年の1957年と翌1958年の2シーズンは市民球場で主催公式戦を開催していたが、前述の事由や式典開催による市内中心部の交通事情の問題などもあって翌1959年以降、同日に主催試合が組まれた場合は福山市の福山市民球場や尾道市のしまなみ球場などで行った。ただ、被爆60周年にあたる2005年頃から「原爆の日に市民球場で公式戦をして欲しい」という意見が市民やファンから寄せられていた。「市民球場は広島市の復興のシンボルであり、カープの試合を通じて平和の喜びをかみしめたい」などといった事がその理由である。こうした意見を受けて2007年夏、市は広島球団に対し翌2008年、市民球場最終シーズンである事に因み、同日の市民球場での公式戦開催を要請した。仮に実現すれば応援団にトランペットや太鼓など鳴り物の自粛を呼びかける方針も決まっており、球団側も「原爆の日に、市民球場で試合が出来るのは最後のチャンス。(記念式典で)全国から多くの方が集まる日でもあるし、日程が取れればやりたい」と前向きだった。だが結局、同日の広島はビジターの対阪神戦(京セラドーム大阪)となったため実現には至らなかったが、新球場移転後の2011年8月6日に広島市で53年ぶりの公式戦(対読売ジャイアンツ戦)を開催することになった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た広島市中央公園

    初代の広島市民球場(ひろしましみんきゅうじょう)は、広島県広島市中区基町の広島市中央公園内にかつて存在した野球場。広島市が所有及び運営管理を行っていた。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た広島護国神社

    渡辺は、住人の反対運動により家屋の立ち退きすらままならくなった基町に見切りをつけ、代替として「広島護国神社内の敷地」を建設地とする意向を示した。しかし、同神社の広島城跡への移転問題や都市公園法が絡んでいたため、文部省の文化財保護委員会から猛反対を受け、やむなく1955年10月、さらなる代替として「旧日本軍西部第二部隊営庭跡地(以下、旧二部隊営庭跡地)」を建設地とする考えを示した。だが、同地については合同庁舎建設予定地としていた大蔵省、建設省が譲らなかった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

184件中 91 - 100件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード