222件中 31 - 40件表示
  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た石本秀一

    1952年、「広島市にナイター設備を備えた球場を作ろう」と言い始めたのは、当時のカープを金銭面からバックアップしていた東洋工業の松田恒次社長だった。カープの石本秀一監督はその言葉に有頂天となり、自ら球場設計に取り組んだとされる。翌1953年になると、広島市民の間でも「ナイター球場待望論」が日ごとに高まり、中国新聞社へは読者からの投書が相次いだ。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た長谷部稔

    2010年8月31日、広島修道大学のスポーツサークルが企画したラストゲームが行われた。試合前には最後のスタジアムツアーなどが開催された。ラストゲームには、プロ野球広島カープのOB選手の池谷公二郎・達川光男・長谷部稔・安仁屋宗八・高橋里志などが招待された。試合中に、達川の「コンタクトレンズ紛失事件」などが再現された。試合は15時13分にゲームセットになった。試合終了後にOB会会長長谷部稔による「終球式」が行われた。17時過ぎに木製の「旧広島市民球場」の看板が外された。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た全国高等学校野球選手権広島大会

    1957年7月24日、中国地方初のナイター設備設置球場として開場以来、広島カープの本拠地として使用された。また夏の甲子園大会広島県予選の決勝戦や都市対抗野球大会の広島県予選などのアマチュア大会の会場としても用いられていた他、一般市民にも広く貸し出されており、カープの試合開催日の午前中にグラウンドの貸し出しを行っていることもあった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た読売ジャイアンツ

    1990年5月12日の対巨人戦の試合途中、バックネットに黄色い忍者装束の男がよじ登り、グラウンドに向けて『巨人ハ永遠ニ不ケツデス!』『ファンヲアザムクナ!』『天誅!悪ハ必ヅ滅ビル!』と書かれた巨人を揶揄する垂れ幕をぶら下げ、更にはグラウンドに向かって発炎筒を投げつけ、巨人ベンチに向かって手裏剣を投げるという椿事が起きた。試合は中断し、男は広島中央署員に威力業務妨害で現行犯逮捕され、10分後に試合は再開した。調べに対して男は『桑田問題など最近の巨人は許せない』などと供述していた。男は当時39歳東広島市在住で、職業は農業だった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見たナイター

    1957年7月24日、中国地方初のナイター設備設置球場として開場以来、広島カープの本拠地として使用された。また夏の甲子園大会広島県予選の決勝戦や都市対抗野球大会の広島県予選などのアマチュア大会の会場としても用いられていた他、一般市民にも広く貸し出されており、カープの試合開催日の午前中にグラウンドの貸し出しを行っていることもあった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た広島東洋カープ

    1957年7月に完成し、以来2009年3月31日まで日本プロ野球・セントラル・リーグの広島東洋カープが本拠地として用いた。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た埼玉西武ライオンズ

    こうして積み上げられた収入は選手補強費に充てられ、東京六大学野球の小坂佳隆、社会人野球の4番打者森永勝治、西鉄ライオンズでくすぶっていた大和田明ら、これまで金銭面から接触すらできなかった逸材の獲得へと繋がっていった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た伊勢湾台風

    同年10月 - 伊勢湾台風の被災により水没した中日スタジアムで予定されていた「中日対広島」の2試合(中日主管)を被災地復興支援試合として、当球場にて代替開催(後述)広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た千葉ロッテマリーンズ

    7日・対東北楽天ゴールデンイーグルス、8日・対千葉ロッテマリーンズ、14日・対東京ヤクルトスワローズ、22日・対阪神タイガース広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た中国放送

    開場当時から1992年までの35年間使われた初代のスコアボード(右中間に設置)はパネル式。最上段は開場当時は大時計のみであったが、後に両サイドに中国放送の広告を設置した。打順表示はイニングスコア部を挟んだ両サイドにそれぞれのチームの出場選手名を表示していた。また表示方式にも特徴があり、現在の打者をランプ(信号灯)で、出塁している走者は打順ランプの外側を囲うネオン管を点灯させて表示していた。またスコアボード棟の内部は3層構造でクーラーも無く、夏場は涼むためスコアボードのパネルを空けて係員が涼をとっていた(のちにスパイ容疑が掛かることになる)。中央に得点掲示板、その下に審判団・カウント表示・打率及び本塁打数表示、下段には他球場の途中経過(セ・リーグのみ)と次回試合日程が出ていた。パネル式時代のスコアボードは最大16回までと合計得点、安打、エラーを書き記すことが可能だったが、スコアが見づらくなるという理由から晩年は合計得点を表す「R」部分には表示をしていなかった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

222件中 31 - 40件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード