113件中 91 - 100件表示
  • カーリング

    カーリングから見た持ち時間

    カーリングにおいて、ゲーム中の1回の攻守はエンド(end)と呼ばれる。試合は8エンドか10エンドで行われ、またこの他に各チームに持ち時間が与えられる。冬季オリンピックなど公式な試合では10エンド、持ち時間73分で行われ、1分間のタイムアウトを2度とることができる。また、第5エンドが終了すると休憩となる。持ち時間がなくなった場合、ゲームが終了していないチームはその試合を没収される。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見た運動量保存の法則

    カーリングは、運動量保存など力学の基礎を説明するための題材としてもしばしば取り上げられ、この場合、多くは回転によって曲がる(カールする)性質や、さらに摩擦も無視した理想化されたモデルで表されるものとして扱われる。一方、より詳しくストーンの動きを考察することは、氷上の摩擦に関する研究途上の科学でもある。摩擦は一般的な理論化ができない複雑な現象であるため、ストーンのカールやスウィーピングの効果など、実際のストーンの動きは実験と理論の両面から分析されなければ理解できない。特にストーンのカールはそれ自体が物理に対して興味深い問いを投げかけてもいる。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たテレビ

    カーリング自体は非常に歴史のあるものであり、カナダではボウリング感覚でカーリングを楽しむなど生活に密着した光景も見られる。ところが、日本では他競技のアスリートなどから「カーリングはスポーツではない」などと解釈されることがある。これは、日本においては「スポーツ=体育」という認識が定着してしまい、身体を激しく動かしていなければスポーツではない、という価値観が根強く存在し、例えば将棋や囲碁、チェスなどマインドスポーツがスポーツとして理解されていない点に見て取れる(スポーツの定義参照)。カーリングは他の競技に比べ激しい運動動作を伴わない点や、内容がマインドスポーツの要素を併せ持っている点が、日本国内の一部でスポーツと認識されない大きな要因であると考えられるが、実際にはストーンを正確にコントロールする技術力、チーム内でのプレーの連携、そしてスコアを競い合う先読みを繰り返す戦略性や戦術といったゲーム性など、スポーツの要素を備えている。さらに、あえて身体面に触れれば、投擲の正確なコントロールや、的確にスウィーピングを行うための強靭な体力も要求される。実際、カーリングの選手が筋肉トレーニングやスウィーピングの練習をしている様子がテレビのドキュメント番組で放送されたこともある。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見た常呂郡

    日本において、競技として定着させる礎となったのは、北海道常呂郡常呂町(2006年3月北見市と合併)である。(1980年前後、北海道内では、カナダアルバータ州との姉妹提携を機に、カーリング講習会が道内各地で実施されていた)常呂町(当時)は、当初から、ビールのミニ樽やプロパンガスミニボンベなどでストーンを自作し、町(自治体)を上げての普及に取り組み、1981年には、第1回NHK杯(北見放送局)カーリング大会を開催、1988年には、国内初のカーリングホールを建設、国内外の大会を開催、オリンピック選手を多数輩出などの特筆されるべき非常に大きい功績をもたらした。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たカーリング精神

    この理念は、世界カーリング連盟が定めるRULES OF CURLING(カーリング競技規則)の冒頭にThe Spirit of Curling(和訳「カーリング精神」)として掲げられており、カーリング競技の根本がこの理念から成立していることを示している。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たスカンジナビア半島

    1979年にスウェーデンで研究開発された競技。「ユニバーサルカーリング」(みんなのカーリング)の略であり、特殊なカーペットの上でストーンを滑らせるように投げて競う。現在はスカンジナビア半島の諸国のほかイギリス、ドイツ、オランダなどのヨーロッパの国々で親しまれている。日本には1986年に紹介された。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見た上川郡 (十勝国)

    1993年に北海道上川郡新得町で考えられたスポーツである。遊動キャスターつきの木製ストーンを用いる。標的となる固定したハウスは存在せず、あらかじめ緑色のターゲットストーン(4輪)を投げ、それに向かって赤と黄色のフロッカーストーン(3輪)と呼ばれるストーンを投げ合ってゲームを進める。スタイルはカーリングだが、実質的なゲーム進行はペタンクと同様である。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たコイントス

    第1エンドの先攻、後攻はサードの者がジャンケンかコイントスで決定する。勝った方はストーンの色か最初のエンドの後攻をとることができる。第2エンド以降は前のエンドで得点を取ったほうが先攻となる。ブランクエンド(得点なし)だった場合は、前のエンドと同じになる。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たソルトレイクシティオリンピック

    1998年の長野オリンピックでの男子チームスキップ敦賀信人の健闘、2002年のソルトレイクシティオリンピックでの出場がテレビで中継されたことで徐々に認知が広がり、2006年に開催されたトリノオリンピックに出場した女子チーム(チーム青森)が、全試合を中継された中で7位入賞という活躍を見せたことで、日本におけるカーリングの認知度が一挙に高まった(トリノオリンピックにおけるカーリング競技参照)。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見た淀川区

    セメントなどの重りを入れたヤカンにキャスターをつけた簡易カーリング。2006-2009年頃より大阪市淀川区三津屋商店街や徳島県美馬市などで考案されたとされ、それぞれ独自のルールで行っている。カーリング フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示

「カーリング」のニューストピックワード