113件中 41 - 50件表示
  • カーリング

    カーリングから見たマインドスポーツ

    カーリング自体は非常に歴史のあるものであり、カナダではボウリング感覚でカーリングを楽しむなど生活に密着した光景も見られる。ところが、日本では他競技のアスリートなどから「カーリングはスポーツではない」などと解釈されることがある。これは、日本においては「スポーツ=体育」という認識が定着してしまい、身体を激しく動かしていなければスポーツではない、という価値観が根強く存在し、例えば将棋や囲碁、チェスなどマインドスポーツがスポーツとして理解されていない点に見て取れる(スポーツの定義参照)。カーリングは他の競技に比べ激しい運動動作を伴わない点や、内容がマインドスポーツの要素を併せ持っている点が、日本国内の一部でスポーツと認識されない大きな要因であると考えられるが、実際にはストーンを正確にコントロールする技術力、チーム内でのプレーの連携、そしてスコアを競い合う先読みを繰り返す戦略性や戦術といったゲーム性など、スポーツの要素を備えている。さらに、あえて身体面に触れれば、投擲の正確なコントロールや、的確にスウィーピングを行うための強靭な体力も要求される。実際、カーリングの選手が筋肉トレーニングやスウィーピングの練習をしている様子がテレビのドキュメント番組で放送されたこともある。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たドラゴンクエストVI 幻の大地

    ドラゴンクエストVI 幻の大地 ニンテンドーDS版(2010年)- ミニゲーム「スライムカーリング」カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たゴルフ

    また、ゴルフと同様に、カーリングは元来基本的には審判員が存在しないセルフジャッジ(試合中のその場の両チームの競技者自身が判定する)の競技であることからも、無用のトラブルを避けるためにも、フェアプレーはカーリングに欠かせない要素と考えられる。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たカローリング

    カーリングからはいくつかのニュースポーツが派生している。障害者スポーツである車いすカーリングは氷上で行われる。ユニカール、フロアカーリング、カローリングは、いずれも氷上ではなく床の上で競技する。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たスポーツ

    カーリング自体は非常に歴史のあるものであり、カナダではボウリング感覚でカーリングを楽しむなど生活に密着した光景も見られる。ところが、日本では他競技のアスリートなどから「カーリングはスポーツではない」などと解釈されることがある。これは、日本においては「スポーツ=体育」という認識が定着してしまい、身体を激しく動かしていなければスポーツではない、という価値観が根強く存在し、例えば将棋や囲碁、チェスなどマインドスポーツがスポーツとして理解されていない点に見て取れる(スポーツの定義参照)。カーリングは他の競技に比べ激しい運動動作を伴わない点や、内容がマインドスポーツの要素を併せ持っている点が、日本国内の一部でスポーツと認識されない大きな要因であると考えられるが、実際にはストーンを正確にコントロールする技術力、チーム内でのプレーの連携、そしてスコアを競い合う先読みを繰り返す戦略性や戦術といったゲーム性など、スポーツの要素を備えている。さらに、あえて身体面に触れれば、投擲の正確なコントロールや、的確にスウィーピングを行うための強靭な体力も要求される。実際、カーリングの選手が筋肉トレーニングやスウィーピングの練習をしている様子がテレビのドキュメント番組で放送されたこともある。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たウェールズ

    なお、イギリス・アイルランドについては、冬季オリンピック以外はイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドカーリング協会(アイルランド・北アイルランド)で別々に代表を送っている。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見た月刊コミックラッシュ

    「オレンジでりばりぃ」(原作:ボヘミアンK 作画:宗我部としのり) - 月刊コミックラッシュに連載カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見たモンクトン

    男子のカーリング世界一決定戦。毎年開催される。12カ国が参加し、形式は女子と同じ。2009年モンクトン(カナダ)大会の出場国枠はヨーロッパ:8、アメリカ:2(開催国カナダを含む)、パシフィック:2。カーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見た女王陛下の007

    女王陛下の007」(1969年)- ボンドと美女がカーリングに興じるシーンがあるカーリング フレッシュアイペディアより)

  • カーリング

    カーリングから見た気化熱

    この謎を説明するためにいくつかの説が現れてきた。この問題を1981年に初めに議論したジョンソン (G.W. Johnson) は、その理由を前部で大きくなる摩擦による熱が氷の摩擦係数をかえって低くしているためだとした。ジョンソンのアイデアは氷の融解を考えるものではなかったが、カナダの物理学者で自身カーラーでもあるマーク・シェゲルスキー (Mark R.A. Shegelski) は、1996年、溶けた水の非常に薄い膜がストーンの接触面に形成されるのだとした。カールの問題に対して最も精力的に研究を公表しているシェゲルスキーは、圧力の強い前面ではこの膜が厚くなるために、摩擦力を後部より小さくしているとする。またストーンが水の膜を引きずりやすい性質をもつ花崗岩で作られ、摩擦の方向は氷面に相対的な速度の方向ではなく、この引きずられた水の膜に相対的になっているとする。さらにストーンの停止間際では引きずられた膜が一周して前面がさらに厚くなり、一層曲がりやすくなる。こうした性質の一部は実験的に確認されている。これとは別に前野紀一は、2009年にストーンのカールが蒸発による温度低下とペブルの摩耗によるとする説を提案している。この説では、前部で熱せされた氷は瞬間的に蒸発して気化熱を奪い、後部ではむしろ温度が低下して摩擦係数が大きくなるのだとする。さらに前部ではペブルの一部が摩耗して氷の屑が作られるために、さらに後部の摩擦は大きくなる。カーリング フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示

「カーリング」のニューストピックワード