463件中 91 - 100件表示
  • 世瀬啓人

    世瀬啓人から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    世瀬 啓人(せせ ひろと、1999年8月20日 - )は、鳥取県出身のサッカー選手。ガイナーレ鳥取所属。ポジションは、ミッドフィルダー。世瀬啓人 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のサッカー

    2015年のサッカーから見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    【Jリーグ】J3所属のガイナーレ鳥取が、約1700万円の債務超過状態である事を明らかにし、翌年のJ2ライセンス申請を断念した事を発表。2015年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 細田歩夢

    細田歩夢から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    細田 歩夢(ほそだ あゆむ、1998年4月14日 - )は、広島県出身のサッカー選手。Jリーグ・ガイナーレ鳥取所属。ポジションは、ゴールキーパー。細田歩夢 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木健児

    鈴木健児から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2008年9月、JFL・ガイナーレ鳥取に期限付き移籍。後期第10節三菱水島戦で初出場すると、ヴィタヤ・ラオハクル監督から瞬間的なポジショニングを絶賛され先発出場を続けた。2009年より鳥取に完全移籍。フィールドプレイヤーで唯一リーグ戦全試合にベンチ入りし、3得点を挙げた。2010年より監督に就いた松田岳夫は、鈴木の攻撃面での能力を評価しつつも積極性に欠けるとして、出場機会が激減。同年限りで契約満了により退団した。鈴木健児 フレッシュアイペディアより)

  • 宮市剛

    宮市剛から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2016年、ガイナーレ鳥取へ期限付き移籍。12月18日、湘南に復帰することが発表された。宮市剛 フレッシュアイペディアより)

  • 兪仁秀

    兪仁秀から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2016年、Jリーグ・FC東京に加入。セカンドチームであるFC東京U-23に配され、J3第1節相模原戦で初出場、同6節鳥取戦で初得点を挙げた。主にサイドハーフとしてJ3での試合を重ねる中で、推進力を維持したままに課題としていた不用意なボールロストを改善させた。同年8月6日、J1-2nd第7節磐田戦でJ1初出場、試合終了間際に決勝点となる初ゴールを決めた。J3では11ゴールを挙げ、U-23チーム内得点王であった。兪仁秀 フレッシュアイペディアより)

  • 福島春樹

    福島春樹から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2016年に浦和に加入。同年6月27日、J3リーグのガイナーレ鳥取への育成型期限付き移籍が発表された。移籍期間は2016年7月1日から2017年1月31日まで。7月3日のJ3第15節グルージャ盛岡戦にてJリーグ公式戦に初出場した。9月7日天皇杯二回戦大宮アルディージャにてカップ戦初出場した。10月30日に行われたJ3リーグ第27節・ガンバ大阪U-23戦にて負傷し、11月11日に右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷で全治約8カ月の診断と発表された。福島春樹 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・アレシャンドレ・ロドリゲス

    ブルーノ・アレシャンドレ・ロドリゲスから見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2013年、ガイナーレ鳥取へ移籍。7月23日、退団が発表された。ブルーノ・アレシャンドレ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    6月22日 - Jリーグガイナーレ鳥取とのコラボレーション店舗開店。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • 鳥養祐矢

    鳥養祐矢から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    このままサッカーをやめる可能性もあったが、上野展裕に誘われる形で2014年にJFLに昇格したレノファ山口FCに完全移籍。主に右サイドMFとしてポジションを確保し、初めてリーグ戦全試合(26試合)に出場した。チームがJ3リーグに加入した2015年には開幕戦・ガイナーレ鳥取戦(維新百年記念公園陸上競技場)にてキャリア210戦目にして初めてJリーグ公式戦出場を果たし、この試合でJリーグ初得点。得意にしているというバック転のゴールパフォーマンスを披露した。このシーズンは最終戦こそ出場機会がなかったものの、35試合に出場、キャリアハイに並ぶ8得点を挙げた。鳥養祐矢 フレッシュアイペディアより)

463件中 91 - 100件表示

「ガイナーレ鳥取」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]