463件中 11 - 20件表示
  • DARAZコミュニティ放送

    DARAZコミュニティ放送から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    3月27日 - 「DARAZ CREATE BOX」(DCB、局舎とサテライトスタジオが入居)がオープン。ここはかつて「ガイナーレグリーンスクエア」「YONAGOれいるろおど館」と呼ばれていた場所である。DARAZコミュニティ放送 フレッシュアイペディアより)

  • SC鳥取ドリームス

    SC鳥取ドリームスから見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2004年、SC鳥取の新たな活動方針として“サッカーを愛する様々なメンバーの集う「サッカーファミリー」の形成”が謳われ、クラブの前身である鳥取教員団時代のメンバーや、中国リーグ時代にクラブを支え日本フットボールリーグ(JFL)昇格を担ったメンバーなどで結成。その後、プロ化してガイナーレ鳥取となった際にチームを退団した選手が相次いで加入した。そのため、チームカラーはガイナーレのものではなく、旧SC鳥取の濃い緑となっている。SC鳥取ドリームス フレッシュアイペディアより)

  • 高木理己

    高木理己から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2014年より、ガイナーレ鳥取のコーチに就任。高木理己 フレッシュアイペディアより)

  • 小村徳男

    小村徳男から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    しかし2007年シーズンにはチームがJ2落ちし、シーズン終了後に戦力外通告を受ける。その後、地元である山陰からJリーグ参入を目指す日本フットボールリーグのガイナーレ鳥取へ移籍。2008年シーズン終了後、「来年に向けて監督・チームとの信頼関係を築くことができず」として現役引退。小村徳男 フレッシュアイペディアより)

  • 三好毅典

    三好毅典から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    奈良広陵高校、大阪学院大学を経て、2002年にJFL・佐川急便大阪SCへ加入。しかし出場機会はなく、2005年にSC鳥取へ移籍した。移籍から2年間はチームの守護神としてレギュラーに定着。プロクラブに移行した2007年からはGKコーチを兼任し、同年限りで現役を引退した。引退後も引き続きガイナーレ鳥取でGKコーチを務め、2013年にV・ファーレン長崎へ移った。三好毅典 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村憲一

    谷村憲一から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    谷村がレギュラーを獲得した1年秋からモンテディオ山形スタッフがマークを始め、2012年5月に山形の練習に招待した際には奥野僚右監督を一目ぼれさせ、「ぜひ獲得してほしい」と言わしめた。同年10月、山形への来季加入内定が発表された。2014年7月、ガイナーレ鳥取へ期限付き移籍。2015年、地元である盛岡市を本拠地とするグルージャ盛岡へ期限付き移籍。谷村憲一 フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    開幕前は天皇杯準優勝などの実績より昇格候補に挙げられ、第8節の東京V戦まで4連勝、第16節の北九州戦まで5連勝で同節で首位に立ったが、第17節から3連敗を含む7戦連続勝ちがなく、第23節時点で8位へ順位を下げた。第27節の鳥取戦まで4連勝して6位に浮上(その後連勝を6に伸ばす)して以降、J1昇格プレーオフ圏内となる6位以上を保ち、第39節ホーム岐阜戦の勝利で自動昇格圏内の2位に浮上。第41節時点で2位をキープしたが、最終節の甲府戦でスコアレスドローに終わり、最終節勝利した湘南と入れ替わって3位となり、J1昇格プレーオフへ回った。J1昇格プレーオフは準決勝で6位の大分にホームで敗北し、J1昇格はならなかった。天皇杯は3回戦で磐田にPK負けした。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • Chelip

    Chelipから見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2014年・2015年・2016年と日本サッカーリーグに所属のガイナーレ鳥取の「ガイナーレ鳥取もりあげ隊」に任命され、2017年にはガイナレディーズとしてのメンバー発表がされた。Chelip フレッシュアイペディアより)

  • 水戸ホーリーホック

    水戸ホーリーホックから見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    この年は開幕から3連勝と好調で、第4節アウェー北九州戦で0-1と惜敗し連勝こそ止まったものの、第3節、4節終了時にはJ1昇格圏内の2位となる。その北九州戦を皮切りに、5試合連続勝ちなし(3分2敗)で一旦10位まで降格するも、第9節ホーム草津戦から4連勝して持ち直し、第12節終了の時点で7勝3分2敗の3位と好調を維持していた。しかし、第13節ホーム東京V戦から3連敗し、同節から後半戦初戦の第22節アウェー東京V戦まで10試合で2勝1分7敗と不調に陥り、順位も12位まで下げる。後半戦も、第32節ホーム鳥取戦から3連勝したものの、それ以外シーズン終了まで連勝がなく、最終順位は22チーム中13位に留まった。ただし観客動員については1試合平均3,973人となり2004年の記録を更新した。水戸ホーリーホック フレッシュアイペディアより)

  • 岩田昌浩

    岩田昌浩から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    岐阜県岐阜市出身で、豊田大谷高等学校では名古屋グランパスエイトのユースに所属し、県代表としてくまもと未来国体にも出場した。その後、名古屋グランパスエイトやSC鳥取を経て、現在はFC岐阜に所属している。岩田昌浩 フレッシュアイペディアより)

463件中 11 - 20件表示

「ガイナーレ鳥取」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]