255件中 51 - 60件表示
  • 柳川雅樹

    柳川雅樹から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    柳川 雅樹(やながわ まさき、1987年5月1日 - )は兵庫県出身でJリーグ・ガイナーレ鳥取所属のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。柳川雅樹 フレッシュアイペディアより)

  • 久保裕一

    久保裕一から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    久保 裕一(くぼ ゆういち、1988年9月26日 - )は、和歌山県出身のプロサッカー選手。Jリーグ ディビジョン2(J2)・ガイナーレ鳥取所属。ポジションはFW。久保裕一 フレッシュアイペディアより)

  • 徐暁飛

    徐暁飛から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2006年は第二の故郷である香川県のカマタマーレ讃岐に移籍。その後、2007年9月から12月まではガイナーレ鳥取、2008年は三菱水島FCに所属する。徐暁飛 フレッシュアイペディアより)

  • 山村泰弘

    山村泰弘から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    帰国後、ヴァンフォーレ甲府と契約するも出場機会にはほとんど恵まれず水戸ホーリーホックへ移籍。水戸では移籍するなりレギュラーを掴み、ボランチ・サイドバックとしてチームを支えた。その後は、群馬FCホリコシ(現:アルテ高崎)、沖縄かりゆしFC、ガイナーレ鳥取でプレー。2007年シーズンをもって31歳で引退をした。山村泰弘 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィタヤ・ラオハクル

    ヴィタヤ・ラオハクルから見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2007年、松下電器時代から繋がりのある水口洋次監督の下で日本フットボールリーグ(JFL)所属のガイナーレ鳥取のヘッドコーチに就任。同年8月に水口監督が成績不振の責任を取り辞任した事に伴い、監督に昇格した。その後2009年まで足掛け3年間鳥取を指揮。常にチームを上位に置き、Jリーグ参入権を得られる4位以内を争ったが、いずれも終盤に失速し、J参入は達成できずに終わった。ヴィタヤ・ラオハクル フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・クニンガム

    ケニー・クニンガムから見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    2012年、同じくコスタリカ出身のロイ・スミスと共にガイナーレ鳥取に加入。しかし、同年5月に右鎖骨急性化膿性骨髄炎を発病する。10月5日、契約解除が発表された。ケニー・クニンガム フレッシュアイペディアより)

  • 横竹翔

    横竹翔から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    横竹 翔(よこたけ つばさ、1989年8月30日 - )は、日本のプロサッカー選手。広島県広島市東区出身。Jリーグ・ガイナーレ鳥取所属。広島県立吉田高等学校卒業。横竹翔 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    J2リーグ戦は、開幕戦はアウェーで千葉に敗北。第2節から3連勝、第6節から11節連続負けなしの成績を収めるなど、第13節、第17節、第18節、第21節終了時に首位に立ったが、後半戦初戦第22節アウェー栃木戦で敗れ4位に後退。その後しばらくJ1昇格プレーオフ圏内となる6位前後の順位をキープ、第31節、第32節終了時には4位まで順位を戻したものの、第33節アウェー鳥取戦からの3連敗。最終3節も3連敗し、リーグ戦最終10試合が1勝2分7敗に留まり、第34節にプレーオフ圏外となる7位、第35節には8位、第41節には10位となり、そのまま年間10位でシーズンを終えた。天皇杯では3回戦でC大阪に敗れた。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市

    米子市から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    塚野真樹(元サッカーJリーグ神戸、JFL鳥取他FW、ガイナーレ鳥取代表取締役社長)米子市 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見たガイナーレ鳥取ガイナーレ鳥取

    リーグ最終節までガイナーレ鳥取と昇格圏内の4位を争い、12月1日の最終節(第34節)で鳥取が敗北したため4位が確定した。終わってみれば一度も5位以下になることがなかった。ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

255件中 51 - 60件表示

「ガイナーレ鳥取」のニューストピックワード