208件中 41 - 50件表示
  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た久保裕一

    監督に松本元監督の吉澤英生が就任。紀氏隆秀をレンタル移籍で、柳楽智和と前年まで大分からのレンタル移籍だった住田貴彦を完全移籍で獲得。大卒新人選手として、杉本拓也(前年特別指定選手)、熊澤圭祐、三浦修が加入した。また、元コスタリカ代表のケニー・クニンガムとロイ・スミスの2名を獲得した。シーズン途中の7月には千葉から久保裕一と藤本修司をレンタル移籍にて獲得した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たザスパクサツ群馬

    第4節で京都から初勝利を挙げたが、開幕から10試合で勝利はその1勝のみで、第9節、第10節は最下位。第12節で最下位を脱したものの、第15節から6連敗、さらに前半戦最終戦草津戦での勝利を挟んで、後半戦も4連敗と、シーズン通して下位に沈み、第34節以降は20位もしくは21位に低迷。最終的には11勝5分26敗、勝ち点38の20位でシーズンを終えた。なお、総失点78(次に多い福岡が68)、得失点差-45(次に多い町田が-33)はJ2ワーストであった。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た北海道コンサドーレ札幌

    前期は開幕3連勝を含む8戦無敗(6勝2分)、勝ち点30で2位につけたが、シーズン中盤に4連敗。後期に入り、元日本代表のFW岡野雅行、MF奥山泰裕やDF橋内優也を獲得したが2年連続で5位。リーグ終了後に3選手が戦力外、レンタル移籍で獲得した3選手が契約満了で退団。シュナイダーは横浜FCへ移籍した。なお、天皇杯は2回戦で札幌に敗北。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たギラヴァンツ北九州

    3月6日、Jリーグ加盟後の初戦は徳島に敗北。東日本大震災で中断し、再開した4月24日の北九州戦に勝利し、Jリーグ加盟後初勝利を飾り、6月5日の京都戦でホーム初勝利を挙げた。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たツエーゲン金沢

    後述するが、J3降格の影響による収入減で、債務超過に陥る可能性もあったため、J2ライセンスの申請に際して、新規スポンサーの獲得と収入増を求めた「停止条件付き交付」が行われた(のちに、停止条件充足により正式なライセンスを取得)。しかし11月2日の第30節・ツエーゲン金沢戦で敗れた事により、J3残留となる3位以下が確定。最終順位は4位となった。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たFC町田ゼルビア

    第4節で京都から初勝利を挙げたが、開幕から10試合で勝利はその1勝のみで、第9節、第10節は最下位。第12節で最下位を脱したものの、第15節から6連敗、さらに前半戦最終戦草津戦での勝利を挟んで、後半戦も4連敗と、シーズン通して下位に沈み、第34節以降は20位もしくは21位に低迷。最終的には11勝5分26敗、勝ち点38の20位でシーズンを終えた。なお、総失点78(次に多い福岡が68)、得失点差-45(次に多い町田が-33)はJ2ワーストであった。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た湘南ベルマーレ

    田子千尋 : 2007年-2009年(湘南ベルマーレと兼任)ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    監督に松本元監督の吉澤英生が就任。紀氏隆秀をレンタル移籍で、柳楽智和と前年まで大分からのレンタル移籍だった住田貴彦を完全移籍で獲得。大卒新人選手として、杉本拓也(前年特別指定選手)、熊澤圭祐、三浦修が加入した。また、元コスタリカ代表のケニー・クニンガムとロイ・スミスの2名を獲得した。シーズン途中の7月には千葉から久保裕一と藤本修司をレンタル移籍にて獲得した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たブラウブリッツ秋田

    シーズン終了後、松波が監督を退任。小石哲也・柿木亮介など5選手と契約非更新、石輪聖人は退団、森川泰臣と田中智大はレンタル移籍期間満了、馬渡和彰は金沢へ、畑田真輝は秋田へ、山本大稀は栃木へ、安藤由翔と中山仁斗は山口へそれぞれ移籍し、計13選手が退団した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たJリーグクラブライセンス制度

    後述するが、J3降格の影響による収入減で、債務超過に陥る可能性もあったため、J2ライセンスの申請に際して、新規スポンサーの獲得と収入増を求めた「停止条件付き交付」が行われた(のちに、停止条件充足により正式なライセンスを取得)。しかし11月2日の第30節・ツエーゲン金沢戦で敗れた事により、J3残留となる3位以下が確定。最終順位は4位となった。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

208件中 41 - 50件表示
[an error occurred while processing this directive]