137件中 51 - 60件表示
  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たブルーノ・アレシャンドレ・ロドリゲス

    柳川雅樹、岡本達也、辻正男、永里源気が完全移籍で、嘉味田隼、横竹翔、田中雄大、武田英二郎、廣田隆治がレンタル移籍で、大卒新人選手として井上亮太が加入。久保裕一がレンタル移籍期間延長で残留。外国人選手は、ブラジル出身のラファエル、レジナルド、ブルーノと韓国出身の林東賢が加入した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たKUMACHI

    応援スタイルとして、新しく用意されるチャントの他に、GKに対しての「ぬりかべ、○○(○○は選手名)」というチャントや、選手入場時の「鳥男」(ガガガSPの「弱男」が原曲)、ゴールチャンス時の「声が届くまで」(KUMACHI)など、SC鳥取時代から歌い継がれているチャントとを組み合わせている。また、試合終了後の「ガイナーレ劇場」のように選手とサポーターが一緒になって行うものもあり、サポーターの間で知られる「奥山バナナ」や「東山の約束」などは、いずれも「ガイナーレ劇場」が発端となっている。(ただし、Jリーグ昇格以降ガイナーレ劇場は行われていない)ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た鈴木伸貴

    戸川健太、鈴木伸貴、多田大介、丁東浩(レンタル移籍)などJリーグ経験者を中心に補強。住田貴彦のレンタル移籍期間も延長した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た熊澤圭祐

    紀氏隆秀をレンタル移籍で、柳楽智和と前年まで大分からのレンタル移籍だった住田貴彦を完全移籍で獲得。大卒新人選手として、杉本拓也(前年特別指定選手)、熊澤圭祐、三浦修が加入した。また、コスタリカ代表歴も持つケニー・クニンガムとロイ・スミスの2名を獲得した。シーズン途中の7月には千葉から久保裕一と藤本修司の両名をレンタル移籍にて獲得した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た三浦修

    紀氏隆秀をレンタル移籍で、柳楽智和と前年まで大分からのレンタル移籍だった住田貴彦を完全移籍で獲得。大卒新人選手として、杉本拓也(前年特別指定選手)、熊澤圭祐、三浦修が加入した。また、コスタリカ代表歴も持つケニー・クニンガムとロイ・スミスの2名を獲得した。シーズン途中の7月には千葉から久保裕一と藤本修司の両名をレンタル移籍にて獲得した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た柴村直弥

    2009年、GKシュナイダー潤之介やDF柴村直弥、FW阿部祐大朗やFW梅田直哉ら計7選手を獲得。さらに前年から期限付き移籍で加入していたMF鈴木健児とFW小澤竜己ら5選手を完全移籍で獲得した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た紀氏隆秀

    紀氏隆秀をレンタル移籍で、柳楽智和と前年まで大分からのレンタル移籍だった住田貴彦を完全移籍で獲得。大卒新人選手として、杉本拓也(前年特別指定選手)、熊澤圭祐、三浦修が加入した。また、コスタリカ代表歴も持つケニー・クニンガムとロイ・スミスの2名を獲得した。シーズン途中の7月には千葉から久保裕一と藤本修司の両名をレンタル移籍にて獲得した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た辻正男

    柳川雅樹、岡本達也、辻正男、永里源気が完全移籍で、嘉味田隼、横竹翔、田中雄大、武田英二郎、廣田隆治がレンタル移籍で、大卒新人選手として井上亮太が加入。久保裕一がレンタル移籍期間延長で残留。外国人選手は、ブラジル出身のラファエル、レジナルド、ブルーノと韓国出身の林東賢が加入した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た久保裕一

    紀氏隆秀をレンタル移籍で、柳楽智和と前年まで大分からのレンタル移籍だった住田貴彦を完全移籍で獲得。大卒新人選手として、杉本拓也(前年特別指定選手)、熊澤圭祐、三浦修が加入した。また、コスタリカ代表歴も持つケニー・クニンガムとロイ・スミスの2名を獲得した。シーズン途中の7月には千葉から久保裕一と藤本修司の両名をレンタル移籍にて獲得した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たザスパクサツ群馬

    第4節で京都に勝利したものの、開幕から10試合で勝利はその1勝のみで、第9節、第10節は最下位。第12節で最下位を脱したものの、第15節から6連敗、さらに前半戦最終戦ザスパ草津戦での勝利を挟んで、後半戦も4連敗と、シーズン通して下位に沈み、第34節以降は20位もしくは21位に低迷。最終的には11勝5分26敗、勝ち点38の20位でシーズンを終えた。なお、総失点78(次に多い福岡が68)、得失点差-45(次に多い町田が-33)はJ2ワーストであった。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示

「ガイナーレ鳥取」のニューストピックワード