208件中 61 - 70件表示
  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た河合秀人

    シーズン終了後、杉本拓也・前田俊介など8選手と契約非更新、片岡洋介・石神幸征・岩元颯オリビエが現役引退、沼大希はレンタル移籍期間満了、河合秀人は長野へ、秋山貴嗣は藤枝へそれぞれ移籍し、計14選手が退団した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た藤本修司

    監督に松本元監督の吉澤英生が就任。紀氏隆秀をレンタル移籍で、柳楽智和と前年まで大分からのレンタル移籍だった住田貴彦を完全移籍で獲得。大卒新人選手として、杉本拓也(前年特別指定選手)、熊澤圭祐、三浦修が加入した。また、元コスタリカ代表のケニー・クニンガムとロイ・スミスの2名を獲得した。シーズン途中の7月には千葉から久保裕一と藤本修司をレンタル移籍にて獲得した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た藤牧祥吾

    松波正信が監督に、岡野がゼネラルマネージャーに就任した。林佳祐、福王忠世、倉貫一毅、藤牧祥吾が完全移籍で、稲森克尚がレンタル移籍で、大卒新人選手として安藤由翔(前年特別指定選手)、山本大稀、馬渡和彰、中山仁斗、柿木亮介、小石哲也が加入。前年からレンタル移籍で加入していた横竹翔、谷尾昂也、廣田隆治が完全移籍で加入した。シーズン途中にはブラジル出身のフェルナンジーニョとハマゾッチが完全移籍で、安田晃大と谷村憲一がレンタル移籍で加入した。U-18の2選手を2種登録。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た石輪聖人

    シーズン終了後、松波が監督を退任。小石哲也・柿木亮介など5選手と契約非更新、石輪聖人は退団、森川泰臣と田中智大はレンタル移籍期間満了、馬渡和彰は金沢へ、畑田真輝は秋田へ、山本大稀は栃木へ、安藤由翔と中山仁斗は山口へそれぞれ移籍し、計13選手が退団した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た武田英二郎

    柳川雅樹、岡本達也、辻正男、永里源気が完全移籍で、嘉味田隼、横竹翔、田中雄大、武田英二郎、廣田隆治がレンタル移籍で、大卒新人選手として井上亮太が加入。久保裕一がレンタル移籍期間延長で残留。外国人選手は、ブラジル出身のラファエル(5月退団)、レジナルド(5月退団)、ブルーノ(7月退団)と韓国出身の林東賢が加入した。5月には林堂眞と鮫島晃太がレンタル移籍で加入。7月にはブラジル出身のドゥドゥがレンタル移籍、安藤由翔(2014年入団内定)が特別指定選手として加入。8月にはアメリカ出身のオスカーが完全移籍、鳥取市(旧・河原町)出身の谷尾昂也がレンタル移籍で加入した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たハファエル・ハマゾッチ・デ・クアドロス

    松波正信が監督に、岡野がゼネラルマネージャーに就任した。林佳祐、福王忠世、倉貫一毅、藤牧祥吾が完全移籍で、稲森克尚がレンタル移籍で、大卒新人選手として安藤由翔(前年特別指定選手)、山本大稀、馬渡和彰、中山仁斗、柿木亮介、小石哲也が加入。前年からレンタル移籍で加入していた横竹翔、谷尾昂也、廣田隆治が完全移籍で加入した。シーズン途中にはブラジル出身のフェルナンジーニョとハマゾッチが完全移籍で、安田晃大と谷村憲一がレンタル移籍で加入した。U-18の2選手を2種登録。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たアルベス・ネリー・ヴィートル・ガブリエル

    森岡体制2年目。北野貴之、奥田裕貴、可児壮隆、上松瑛、星野有亮、松本翔が完全移籍で、甲斐健太郎がレンタル移籍で加入。大卒新人1選手が加入、U-18から2選手が昇格。フェルナンジーニョが1年ぶりに復帰、ブラジル・サントスFCからレオナルドとヴィートル・ガブリエルが加入し、計13選手が加入した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た奥山泰裕

    前期は開幕3連勝を含む8戦無敗(6勝2分)、勝ち点30で2位につけたが、シーズン中盤に4連敗。後期に入り、元日本代表のFW岡野雅行、MF奥山泰裕やDF橋内優也を獲得したが2年連続で5位。リーグ終了後に3選手が戦力外、レンタル移籍で獲得した3選手が契約満了で退団。シュナイダーは横浜FCへ移籍した。なお、天皇杯は2回戦で札幌に敗北。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見た林堂眞

    柳川雅樹、岡本達也、辻正男、永里源気が完全移籍で、嘉味田隼、横竹翔、田中雄大、武田英二郎、廣田隆治がレンタル移籍で、大卒新人選手として井上亮太が加入。久保裕一がレンタル移籍期間延長で残留。外国人選手は、ブラジル出身のラファエル(5月退団)、レジナルド(5月退団)、ブルーノ(7月退団)と韓国出身の林東賢が加入した。5月には林堂眞と鮫島晃太がレンタル移籍で加入。7月にはブラジル出身のドゥドゥがレンタル移籍、安藤由翔(2014年入団内定)が特別指定選手として加入。8月にはアメリカ出身のオスカーが完全移籍、鳥取市(旧・河原町)出身の谷尾昂也がレンタル移籍で加入した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • ガイナーレ鳥取

    ガイナーレ鳥取から見たヴィタヤ・ラオハクル

    監督に元U-20日本代表監督の水口洋次が、ヘッドコーチにタイ代表元監督のヴィタヤ・ラオハクルが就任。開幕より成績が伸びず8月に水口が辞任し、ヴィタヤが監督に就任。就任2試合目からリーグ戦6試合無敗であったが、終盤に3連敗。JFL昇格後最多の勝ち点を獲得したが14位に終わる。オフには引退、レンタル期間満了も含め13人が退団した。ガイナーレ鳥取 フレッシュアイペディアより)

208件中 61 - 70件表示
[an error occurred while processing this directive]