前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • パレスチナ問題

    パレスチナ問題から見たガザ地区ガザ地区

    1949年2月にエジプトとイスラエルの停戦協定が成立。イスラエルがパレスチナの80%を占領し、残り20%はトランスヨルダンが占領した。エルサレムは旧市街はヨルダンに新市街はイスラエルに占領された。ガザ地区がエジプト領となり、パレスチナ難民が押し寄せた。パレスチナ問題 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエルの歴史

    イスラエルの歴史から見たガザ地区ガザ地区

    イスラエル、人口過密となったガザ地区併合を申し出るが、エジプトが却下イスラエルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・マシャアル

    ハーリド・マシャアルから見たガザ地区ガザ地区

    1983年、パレスチナのイスラーム運動家がアラブ地域で会議を行った。ヨルダン川西岸地区やガザ地区、様々なアラブ地域のパレスチナ難民から代議員が集まってきた。この会議はハマースの創設に向けた重要な一歩となった。マシャアルはパレスチナのイスラーム運動を開始するプロジェクトの指導的立場に立つこととなった。1984年以降、彼はプロジェクトにかかりきりで仕事をすることとなった。ハーリド・マシャアル フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たガザ地区ガザ地区

    オバマの大統領就任後、政権はイラク、イスラエルのガザ地区、アフガニスタン、パキスタンで進行中の戦闘の処理に直面した。中東に関連する外交政策上の問題には他にテロとの戦いと、開発および民主主義の促進があった。オバマ大統領は中東和平担当特使(ジョージ・ミッチェル)、アフガニスタン及びパキスタン担当特使(リチャード・ホルブルック)ら数人の特使を任命した。合衆国に倣い、ドイツがベルント・ミュッツェルブルクを、イギリスがシェラード・カウパーコールズをアフガスタン・パキスタン両国の担当特使に任命するなど、いくつかのヨーロッパの国々はアフガニスタンおよびパキスタンを担当する特使を任命した。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区等撤退

    ガザ地区等撤退から見たガザ地区ガザ地区

    ガザ地区等撤退(ガザちくとうてったい)は、イスラエルが2005年に行った、ガザ地区全域とヨルダン川西岸の一部からの、ユダヤ人入植地の撤退である。ガザ地区等撤退 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次インティファーダ

    第1次インティファーダから見たガザ地区ガザ地区

    この頃パレスチナでは家庭生産のキャンペーンが大々的に行われるようになり、特にガザ地区の人間にとってはイスラエルでの仕事はまだ必要であったが、徐々に減少し、1988年6月にはイスラエルにおけるパレスチナ人の雇用は40%減少した。第1次インティファーダ フレッシュアイペディアより)

  • 土井敏邦

    土井敏邦から見たガザ地区ガザ地区

    1993年の「中東和平合意」を機に再びパレスチナ・ガザ地区の難民キャンプやイスラエル国内に長期滞在し取材、ETV特集「失業と解放の1年-パレスチナ難民エルアグラ家の場合」(1994年)「パレスチナ和平の陰で──ある家族の6年」(1999年)、また「ニュースステーション」の特集で6回にわたって現地報告。土井敏邦 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル

    イスラエルから見たガザ地区ガザ地区

    1967年 - 第三次中東戦争(六日間戦争)。エジプトのナセル大統領による紅海のティラン海峡封鎖が引き金となり、イスラエルが「先制攻撃」を実施。エジプトからシナイ半島とガザ地区を、同戦争に参戦したシリアからゴラン高原を、ヨルダンから東エルサレムとヨルダン川西岸全域を奪取。六日間でイスラエルの圧倒的勝利に終わる。イスラエル フレッシュアイペディアより)

  • 中東戦争

    中東戦争から見たガザ地区ガザ地区

    ゴラン高原におけるユダヤ人入植地の建設を巡ってアラブ側とイスラエルとの間で緊張が高まりつつあった1967年6月5日、イスラエルはエジプト、シリア、イラク、ヨルダンの空軍基地に先制攻撃を行なった。第三次中東戦争の始まりである。緒戦でアラブ側は410機の軍用航空機を破壊された。制空権を失ったアラブ諸国は地上戦でも敗北し、イスラエルはヨルダンのヨルダン川西岸地区・エジプト(当時アラブ連合共和国)のガザ地区とシナイ半島・シリアのゴラン高原を迅速に占領した。戦争前と比較し領土を約4倍以上に拡大したことになる。スエズ運河東岸はイスラエルが占領したため最前線となり、運河は通航不能となった。なお、6日で勝敗が決したため「六日戦争」とも呼ばれる。中東戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル航空宇宙軍

    イスラエル航空宇宙軍から見たガザ地区ガザ地区

    イスラエルの新しい戦闘機は1948年5月29日に活動を開始し、エジプト軍のガザ地区北進を押し止める作戦(Operation Pleshet)を支援した。4機(ルー・レナルト、モディ・アロン、エゼル・ヴァイツマンとエディー・コーエン)のアヴィア S-199sがアシュドッドの近くでエジプト軍を奇襲攻撃し、2機を失った上にエジプト軍に与えた損害も少なかったが奇襲自体は成功し、エジプト軍は進軍を止めた。また、イスラエル空軍が空での戦いに勝利を収めたのは1948年6月3日、テルアビブを爆撃していたエジプト軍のDC-3sの2機編隊をモディ・アロンが撃墜したのが最初である。さらに戦闘機同士の空中戦での勝利は6月8日、ギデオン・リッターマンがエジプト軍のスピットファイアを撃墜したのが最初である。イスラエル航空宇宙軍 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示