131件中 91 - 100件表示
  • パレスチナの旗

    パレスチナの旗から見たガザ地区ガザ地区

    1993年のオスロ合意以来、イスラエル政府とパレスチナ自治政府の公的な関係の場ではパレスチナの旗が掲げられ、禁止の規定は適用されないようになった。軍事・政治での式典などでは双方の旗が掲げられることは普通となっており、ガザ地区およびヨルダン川西岸では自治政府がパレスチナの旗を掲げている。しかし東エルサレムでは、パレスチナ旗などパレスチナのこの地への主権主張に関わるシンボルの使用は禁じられており、イスラエルのアラブ系国民がパレスチナの旗を用いてデモをする際にも激しい反発がイスラエルの世論から上がっている。パレスチナの旗 フレッシュアイペディアより)

  • 桑山紀彦

    桑山紀彦から見たガザ地区ガザ地区

    現在、東ティモールとパレスチナ自治州ガザ地区ラファに事務所を持ち、国際協力活動を行っている。桑山紀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 冷水湧出帯

    冷水湧出帯から見たガザ地区ガザ地区

    地中海で還元型環境の生物が最初に見つかったのは、水深1900m、アフリカプレートの沈み込み帯地中海海嶺の上のナポリ泥火山(; ナポリの近傍ではなく海山につけられた名前)である。頂上でツキガイ()やシロウリガイ()が発見された。さらに、共生細菌を持つツキガイの仲間 が発見された。南地中海では、冷水湧出帯炭酸塩岩の環境に多毛類と二枚貝類の群生が、エジプトとガザ地区近くの水深500〜800mで発見された。ただし生きている状態での発見では無い。自然のままの化学合成生物群集は東地中海で観測された。潜航艇による探査によって、小型二枚貝、大型のチューブワーム、大型カイメン、関連のある固有種動物相など、水深1700〜2000mの炭酸塩層の上に様々な冷水湧出帯があることが観察された。泥火山が集まるの2つの地域が最初に探索された。一つはクレタ島南方の地中海海嶺の周辺で、部分的にもしくは全体的に塩水溜まりの状態になっている。もう一つはトルコ南方のアナクシマンドロス海山の周辺である。こちらの方は大きな泥火山が含まれる。また小さな泥火山も付属している。これらからガスハイドレートのサンプルが採取された。またその海底からは高いレベルのメタン湧出が記録されている。ナイル川の海底扇状地は近年探索された。これらは非常に活発な塩水湧出帯を含んでいる。それはメネスカルデラと名付けられた。東地方の水深2500〜3000mの、斜面の中央か下方に海底窪地がある。同様に斜面の中央から情報の水深500mのところに泥火山がある。冷水湧出帯 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の国際連合

    2009年の国際連合から見たガザ地区ガザ地区

    9月15日 - 昨年末から今年初めにかけてのガザ地区での軍事作戦についてイスラエル軍・パレスチナ武装組織双方に対して国際連合人権理事会の調査団は双方の戦闘行為が「戦争犯罪」にあたるとの調査報告書を公表した。2009年の国際連合 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ムルシー

    ムハンマド・ムルシーから見たガザ地区ガザ地区

    11月14日、パレスチナガザ地区で、ハマースの軍事部門幹部アフマド・ジャアバリーがイスラエル軍によって殺害されたことについてイスラエルを批判し、駐イスラエル大使を召還した。さらにヒシャーム・カンディール首相をガザに派遣し、ハマースとの連帯を示した。その一方で、ジャアバリー殺害によって激化したイスラエル・ハマース間の戦闘の停戦交渉を仲介し、11月21日停戦合意を実現させた。国連安全保障理事会は、21日に発表した報道声明において、停戦仲介を行ったムルシーを「強く称賛」、アメリカのバラク・オバマ大統領も同日ムルシーに対する電話において、ムルシーの「停戦成立への尽力と、交渉での個人的な指導力」に謝意を表すなどムルシーの外交手腕は各方面から高く評価された。ムハンマド・ムルシー フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム聖戦 (パレスチナ)

    イスラーム聖戦 (パレスチナ)から見たガザ地区ガザ地区

    2012年11月、イスラエルとガザ地区の武装勢力との間で交戦状態になった際には、ガザ地区からテルアビブに向け、イラン製の弾道ミサイルであるファジル(ファジュル)5を打ち込んだと発表(ファジル5は、ヒズボラの保有兵器でもある)。イスラーム聖戦 (パレスチナ) フレッシュアイペディアより)

  • 名誉の殺人

    名誉の殺人から見たガザ地区ガザ地区

    アムネスティ・インターナショナルは名誉殺人が行われている国および地域として、バングラデシュ、トルコ、ヨルダン、パキスタン、ウガンダ、モロッコ、アフガニスタン、イエメン、レバノン、エジプト、ヨルダン川西岸、ガザ地区、イスラエル、インド、エクアドル、ブラジル、イタリア、スウェーデン、イギリスを挙げている。名誉殺人は、主に中東のイスラーム文化圏を中心に行われているため、イスラーム教と関連した風習と見なされることが多い。しかし、イスラーム教徒以外の間でも行われており、実際はイスラーム教とは無関係であり、専ら地域の因習によるものであるとされる(下記参照)。名誉の殺人 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合パレスチナ難民救済事業機関

    国際連合パレスチナ難民救済事業機関から見たガザ地区ガザ地区

    国際連合パレスチナ難民救済事業機関(こくさいれんごうパレスチナなんみんきゅうさいじぎょうきかん、、UNRWA)は、ガザ地区、ヨルダン川西岸地区、ヨルダン、レバノン、シリアで400万人以上のパレスチナ難民に教育、保健、福祉、救急などの援助および人間開発を行う国際連合の事業機関である。国際連合パレスチナ難民救済事業機関 フレッシュアイペディアより)

  • アリーシュ

    アリーシュから見たガザ地区ガザ地区

    エル=アリーシュ国際空港があり、ガザ地区への最寄りの拠点として、人道支援物資の集積地としても利用されている。また、の一部の学部がおかれている。アリーシュ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見たガザ地区ガザ地区

    1月17日 - イスラエルがガザ地区での紛争の停戦を一方的に宣言。2009年 フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示