196件中 91 - 100件表示
  • ブルドーザー

    ブルドーザーから見たガザ地区ガザ地区

    イスラエル国防軍は、米国キャタピラー社ののキャビン・エンジン、その他を装甲し、機関銃・発煙弾投射機・擲弾発射機などを取り付けたものを多数保有し、新規入植地など紛争地帯で敵対勢力の立てこもる家屋を壊す一種の兵器として使用している。2003年にはガザ地区で抗議活動を行っていた米国人女性レイチェル・コリーが同車に轢かれて死亡する事件が起こっており、このため米国内ではD9のイスラエル向け輸出に対する反対運動が起きている。ブルドーザー フレッシュアイペディアより)

  • ラージー・アッ=スーラーニー

    ラージー・アッ=スーラーニーから見たガザ地区ガザ地区

    1953年ガザ地区生まれ。アッ=スーラーニーは弁護士として特にパレスチナ人の人権擁護のために活動を行い、1985年と1988年にアムネスティ・インターナショナルの「良心の囚人」になり、1991年にロバート・F・ケネディ人権賞を受賞した。そして、アッ=スーラーニーは1995年にガザ市内にパレスチナ人権センターを設立した。ラージー・アッ=スーラーニー フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見たガザ地区ガザ地区

    12月28日 - イスラエル軍、パレスチナ自治区ガザ地区の全域で、大規模空爆を実施。ガザ地区のハマス側からもイスラエルに向けロケット弾による報復攻撃。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • エフード・オルメルト

    エフード・オルメルトから見たガザ地区ガザ地区

    2008年2月25日、イスラエル首相として来日。同国首相の来日は10年ぶりであった。2月27日、福田康夫首相と会談、中東和平での連携強化を確認しハイレベル戦略対話の継続など両国の関係強化を盛りこんだ共同声明を発表した。また天皇・皇后のもとを訪問し同日、来日中のコンドリーザ・ライスアメリカ国務長官と会談、ガザ地区への空爆を自制するよう求められたが「脅威が去るまでは(攻撃を)続ける」とこれを拒絶した。エフード・オルメルト フレッシュアイペディアより)

  • レヴィ・エシュコル

    レヴィ・エシュコルから見たガザ地区ガザ地区

    在任中に六日戦争が勃発し、ヨルダン・エジプトに占領されていたヨルダン川西岸地区、ガザ地区の占領に重要な役割を果たした。レヴィ・エシュコル フレッシュアイペディアより)

  • メナヘム・ベギン

    メナヘム・ベギンから見たガザ地区ガザ地区

    これに対しシナイの地を手放すことに大イスラエル主義(「約束の地」の範囲を元々イスラエルのものと捉える思想)を標榜するリクード内右派は激しく反発、中でもイツハク・シャミルは協定が批准されれば辞職すると主張した。クネセト内でも小規模政党を除いて協定の批准に反対する意見が多数を占めた。キャンプ・デービッドでの合意内容の実行を固く決めたベギンは、当時農水相のアリエル・シャロンにイスラエル領内のパレスチナ人の居住区をシナイ半島からの帰還者の入植地とするためヨルダン川西岸とガザ地区にパレスチナ自治区を定めさせた。ベギンは聖書に基づく入植地としてナーブルス周辺に帰還ユダヤ人を定住させた。メナヘム・ベギン フレッシュアイペディアより)

  • ネゲヴ飛行隊 (イスラエル空軍)

    ネゲヴ飛行隊 (イスラエル空軍)から見たガザ地区ガザ地区

    1947年12月にSherut Avirの最初の飛行隊としてテルアビブ近郊のスデ・ドブ基地にテルアビブ飛行隊が編成された。それから数ヶ月後の1948年3月10日、Sherut Avirの2番目の飛行隊としてネゲヴ飛行隊が編成された。ネゲヴ飛行隊は南部方面を担当する部隊として、拠点は現在のガザ地区の付近に位置するキブツ・とし、編成時の飛行隊長は後に空軍総司令官やイスラエル大統領を歴任したエゼル・ヴァイツマンであった。ニルアム近くには地上部隊のの司令部も置かれていた。ネゲヴ飛行隊 (イスラエル空軍) フレッシュアイペディアより)

  • ナグマホン

    ナグマホンから見たガザ地区ガザ地区

    イスラエル国防軍は、ヨルダン川西岸地区やガザ地区などのパレスチナ自治区におけるパレスチナ解放機構の過激派やテロリストの掃討作戦、パレスチナ人のインティファーダ鎮圧などを行う後方治安維持任務にアメリカ製のM113 ゼルダを使用していたが、RPG-7やKPV 14.5mm重機関銃、対戦車地雷などへの抗堪性が低いことが問題であった。そこで、メルカバ戦車の量産配備によって余剰化したショット(Sho't)の砲塔を撤去して密閉式の戦闘室を構成し、戦闘室上にMAG 7.62mm機関銃を装備し、戦闘室周囲にブレーザー ERAを装備するなどの改修を行ったナグマショット(NagmaSho't)装甲兵員輸送車(APC)を開発した。ナグマホン フレッシュアイペディアより)

  • SIMON ライフルグレネード

    SIMON ライフルグレネードから見たガザ地区ガザ地区

    第四次中東戦争以降、イスラエル国防軍の戦闘相手はシリアやエジプトといった周辺アラブ諸国の正規軍から、PLOやPFLP、ハマース、ヒズボラなどのゲリラ組織に変化し、ヨルダン川西岸地区やガザ地区、レバノン南部などにおける市街地を舞台とした対ゲリラ作戦の比重が増加していった。SIMON ライフルグレネード フレッシュアイペディアより)

  • Zeev装輪装甲車

    Zeev装輪装甲車から見たガザ地区ガザ地区

    2006年に実戦配備された新しい車両のため、メディアなどへの露出もそれほど多くないが、近年も継続して発生するガザ地区やヨルダン川西岸地区などでの低強度紛争に対応する姿を、ニュース映像などで目にする事がある。Zeev装輪装甲車 フレッシュアイペディアより)

196件中 91 - 100件表示