196件中 21 - 30件表示
  • アリエル・シャロン

    アリエル・シャロンから見たガザ地区ガザ地区

    1953年にイスラエル国防軍に復帰し、「第101特殊コマンド」の初代指揮官に任命された。第101特殊コマンドはゲリラ戦に対応するために組織された小規模な特殊部隊で、主たる任務はヨルダン川西岸地区(ウエストバンク)およびガザ地区を拠点とする反イスラエル組織「フェダイーン」に対する反撃、壊滅作戦であった。シャロンはフェダイーンの拠点壊滅の任務で一定の成果を挙げ、次第に評価を高める事となった。1955年、第101特殊コマンドが隊員の私的な報復のために数人のベドウィンを殺害したとして、シャロンは停職処分になる。しかしながら第101特殊コマンドの実績そのものは評価されており、1956年にはイスラエル軍初の空挺部隊である第202空挺旅団へと改編され、大佐に昇進したシャロンは引き続きその指揮官となった。アリエル・シャロン フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル総保安庁

    イスラエル総保安庁から見たガザ地区ガザ地区

    ヨルダン川西岸地区とガザ地区における反テロ活動のための諜報活動イスラエル総保安庁 フレッシュアイペディアより)

  • ファタハ

    ファタハから見たガザ地区ガザ地区

    2007年3月17日、ハマースとの挙国一致内閣が成立したが、両者の抗争は断続的に続いた。6月11日、ハマースがガザ地区の占拠に及んだことで、アッバースは一方的に内閣の解散を宣言。ハマースを排除した新内閣(首相:サラーム・ファイヤード)を組織したが、ハマース側は当然これを認めなかった。以後はパレスチナは、ガザ地区を領するハマースと、ヨルダン川西岸地区を領するファタハの分裂状態となった。2012年10月にヨルダン川西岸地区のみで実施された地方選は、ハマースがボイコットしたため事実上のファタハへの信任投票となったが、主要都市で敗北した。ファタハ フレッシュアイペディアより)

  • エゴズ (イスラエル国防軍)

    エゴズ (イスラエル国防軍)から見たガザ地区ガザ地区

    エゴズ隊は主にレバノン南部でのヒズボラに対する作戦に従事し、イスラエル軍のレバノン撤退後はガザ地区やヨルダン川西岸地区でも任務を行っている。エゴズは創設20周年を迎えた2015年の末に、新たに創設された中央軍第98空挺師団隷下の統合特殊作戦旅団である第89"オズ"旅団の指揮下に移動した。エゴズ (イスラエル国防軍) フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ (コミック)

    パレスチナ (コミック)から見たガザ地区ガザ地区

    『パレスチナ』()はジョー・サッコによるグラフィックノベル作品。作者が1991年12月から1992年1月までヨルダン川西岸地区とガザ地区で行った取材に基づくノンフィクションである。パレスチナ人が総体として、また個人として経験してきた歴史と現在の窮状が重点的に描かれている。パレスチナ (コミック) フレッシュアイペディアより)

  • アトファールナー聾唖学校

    アトファールナー聾唖学校から見たガザ地区ガザ地区

    アトファールナー聾唖学校は1992年にガザ地区のガザ市において設立された。そして、同校はガザ地区において聴覚障害があるパレスチナ人を対象として手話など様々な教育を施す活動を行っている。アトファールナー聾唖学校 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ解放人民戦線

    パレスチナ解放人民戦線から見たガザ地区ガザ地区

    活動地域はイスラエル国内、ヨルダン川西岸地区、ガザ地区、レバノン等におよび、現在PFLPは、パレスチナ自治政府の野党で2006年1月の総選挙でも議席を獲得している。ハマースなどのイスラーム主義=コーランのドグマ化による「イスラーム国家化」に反対して、パレスチナ社会の世俗的なライフスタイルを支持している。現在のPFLPの主な支持基盤は、イスラーム主義者の「神権政治」に脅かされているパレスチナ内のキリスト教徒コミュニティおよび世俗志向の労働者・大学生などであるが、当然ムスリムのメンバーも存在する。現在、千人単位の活動家が、イスラエルの刑務所に囚われているものと思われる。パレスチナ解放人民戦線 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ自治政府

    パレスチナ自治政府から見たガザ地区ガザ地区

    パレスチナ自治政府(パレスチナじちせいふ、, '、)は、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区に存在したパレスチナ人による自治機関である。なお、1988年にパレスチナ国'''と国号を定めてから、136の国がこれを承認している。パレスチナ自治政府 フレッシュアイペディアより)

  • 古居みずえ

    古居みずえから見たガザ地区ガザ地区

    1948年、島根県に生まれる。東京都在住。37歳の時に関節リウマチで歩行困難になり、1か月後には歩行器なしでは動くことも不可能になったが、投薬により奇跡的に回復した。古居はその際にフォトジャーナリストの広河隆一による写真展を見たことがきっかけとなり、古居が病気になるまでの前職はOLであったが「一度きりの人生。何かを表現したい」と思い、1988年、フリーのジャーナリストとしてパレスチナへ渡航する。1993年に難民キャンプ出身のガーダ・アギールと出会って以来、彼女を写真とヴィデオで撮り続け、12年後にドキュメンタリー映画『ガーダ パレスチナの詩』として結実する。2005年、写真『パレスチナの女たち』でDAYS国際フォトジャーナリズム大賞審査員特別賞を受賞した。2006年、第6回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞(公共奉仕部門)を受賞した。2011年、イスラエルによるガザ地区空爆の犠牲になった家族を取材した映画『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』が公開される。福島第一原発事故で計画的避難区域に指定された福島県飯舘村を取材したドキュメンタリー映画『飯舘村の母ちゃんたち』の製作が進められている。脱原発を訴えている。古居は出身地である島根県に対する社会貢献として「古居みずえ故郷の会」を発足させ、旧掛合村(現雲南市)や出雲市のほか、松江市など島根県内における様々な市町村で、映画の上演や講演活動を行っている。2014年にガザ地区で取材活動を行い、アジアプレスのホームページ上で報道を行った。古居は2016年3月に福島県の飯舘村において農業を営む女性を対象とした「飯舘村の母ちゃんたち、土とともに」と称するドキュメンタリー映画をリリースした。なお、古居は自らの学歴に関しては公表していない。古居みずえ フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル陸軍

    イスラエル陸軍から見たガザ地区ガザ地区

    第414"ネシェル"野戦情報大隊 - ガザ地区担当。イスラエル陸軍 フレッシュアイペディアより)

196件中 21 - 30件表示