196件中 61 - 70件表示
  • ナグマショット

    ナグマショットから見たガザ地区ガザ地区

    1967年6月にイスラエル軍の奇襲攻撃により始まった第三次中東戦争において、イスラエル軍はエジプト、シリア、ヨルダンの各軍に対し極めて優勢に戦いを進め、エジプトからはシナイ半島全域およびガザ地区を、ヨルダンからは東エルサレムを含むヨルダン川西岸地域を、シリアからはゴラン高原を奪取し、占領した。ナグマショット フレッシュアイペディアより)

  • 民間防衛軍 (イスラエル国防軍)

    民間防衛軍 (イスラエル国防軍)から見たガザ地区ガザ地区

    File:Flickr - Israel Defense Forces - The Work of an IDF Emergency Instructor (3).jpg|ガザ地区等からのロケット弾攻撃に備えて講義を行う民間防衛軍所属の女性兵士。民間防衛軍 (イスラエル国防軍) フレッシュアイペディアより)

  • レバント海

    レバント海から見たガザ地区ガザ地区

    レバント海は、北はトルコ、東はシリア、レバノン、イスラエル、ガザ地区、南はエジプト、リビア、北西はエーゲ海によって境される。地中海公海(リビア海とも呼ばれる)との西の境界は、リビアの岬とクレタ島南のガヴドス島とを結ぶ線で定義される。レバント海で最大の島はキプロス島である。最大水深は4384メートルで、クレタ島の南約80キロメートルのプリニー海溝である。レバント海は320,000平方キロメートルの地域に拡がっている。レバント海 フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・エセル

    ステファン・エセルから見たガザ地区ガザ地区

    2009年1月5日、エセルはガザ地区におけるイスラエル軍の攻撃を次のように批判した「事実上、適用する単語?適用すべき?は'戦争犯罪'および'人道に対する罪'である。しかし、この言葉は慎重に使用する必要があって、一つは国際連合人権高等弁務官事務所所在地であるジュネーブでの場合は特に、その問題について重要な意見を持っていることがある。私として、ガザを訪れたときのこと、何千もの子どもたちがいる難民キャンプを見た、それら爆撃行為は人類に対する紛れもない犯罪である。」ステファン・エセル フレッシュアイペディアより)

  • ヒシャーム・カンディール

    ヒシャーム・カンディールから見たガザ地区ガザ地区

    2012年11月14日に、ハマースの軍事部門幹部アフマド・ジャアバリーがイスラエル軍により殺害されたことで激化したイスラエルとパレスチナ間の戦闘のさなかの同月16日、ガザ地区を訪問し、病院を訪れイスラエル軍の攻撃で負傷した人々を見舞い、ガザ政府首相イスマーイール・ハニーヤと会談した。ヒシャーム・カンディール フレッシュアイペディアより)

  • 第101飛行隊 (イスラエル空軍)

    第101飛行隊 (イスラエル空軍)から見たガザ地区ガザ地区

    1948年5月29日に初めての作戦行動が行われ、エジプト軍のガザ地区北進を押し止める作戦(Operation Pleshet)を支援した。エンジンや銃のテストも行われないまま、組み上げたばかりの4機のアヴィア S-199(ルー・レナート、モルデハイ・アロン、エゼル・ヴァイツマン、エディー・コーエン)が出撃し、アシュドッドの近くでエジプト軍に対地攻撃を行った。この戦闘でコーエン機が失われ、アロンの機体も着陸時に損害をうけたが、エジプト軍のテルアビブへの進撃を止めることに成功した。6月3日には、テルアビブを爆撃していたエジプト軍のDC-3/C-47の2機編隊をアロンが撃墜し、これはイスラエル空軍にとって最初の空対空戦闘での戦果となった。この空戦は多くのテルアビブ市民に目撃され、基地には市民から贈り物が届けられた。同じ6月には運用可能な残りのS-199も組み立てが終わり、第101飛行隊は拠点をヘルツリーヤ基地に移した。7月にはルー・レナートが別の飛行隊に異動し、モルデハイ・アロンが第101飛行隊の飛行隊長として残った。7月18日にはアロンがS-199でエジプト空軍のスピットファイア1機を撃墜した。同じ頃に、第101飛行隊は2機のスピットファイアMk.IXの運用を開始した。これら2機にはD-130号機、D-131号機、の機番が付けられており、いずれもスクラップ品からの再生品で、必要な部品の一部は撃墜したエジプト軍のスピットファイアから取っていた。このため、機体全体がグリーンで塗装されていたが、ところどころ、エジプト軍の沙漠迷彩の外装板が取り付けられていた。7月末になると第101飛行隊はネタニヤの基地に移動し、9月下旬には再度ヘルツリーヤ基地に移動した。10月16日には、S-199の機械故障が原因で飛行隊長のアロンが死亡した。この頃から、第101飛行隊はチェコスロバキアから輸入されたスピットファイアMk.IXあるいはMk.XVIの運用を開始しており、S-199は段階的に退役していった。またこの頃、第101飛行隊に2機のP-51Dマスタングが配備され、こちらも運用開始された。第101飛行隊 (イスラエル空軍) フレッシュアイペディアより)

  • マイレッド・コリガン・マグワイア

    マイレッド・コリガン・マグワイアから見たガザ地区ガザ地区

    2009年7月には乗船していたガザ支援船が拿捕され、イスラエル当局より国外退去処分を受ける。2010年6月上旬にもガザ地区封鎖に抗議するため、同地区に向かう支援船に乗船していたところを拘束され、再び国外退去処分を受け、10年間は入国禁止となった(ただしマイレッドの弁護人はこれを否定している)。同年9月28日に女性活動家を支援するため訪問団の一員としてイスラエルに入国しようとしたところを空港で拒否され、10月4日にイスラエル最高裁判所より国外退去処分を命じられ、10月5日未明にヨーロッパ向けの便で出国した。マイレッド・コリガン・マグワイア フレッシュアイペディアより)

  • アイマン・アルクルド

    アイマン・アルクルドから見たガザ地区ガザ地区

    2009年1月14日、ガザ地区に対するイスラエル国防軍による空爆により死亡。この空爆で同じくパレスチナのサッカー選手のワジー・ムシュタヒやシャーディー・スバヘ、パレスチナの国内オリンピック委員会のハリル・アベド・ジャブルなどが亡くなっている。アイマン・アルクルド フレッシュアイペディアより)

  • シモン・ペレス

    シモン・ペレスから見たガザ地区ガザ地区

    2003年の総選挙でシャロンは勝利し、ペレスは労働党と共に連立政権を離れた。2004年10月、シャロンは方針転換をしてガザ地区全入植地の撤退(ガザ撤退)を宣言した。これを受けて労働党は2005年1月に再び連立に加わり、党首だったペレスは特別副首相となる。しかし、2005年の党首選でアミール・ペレツ(:en:Amir Peretz)に破れてしまう。シモン・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • 電波少年INTERNATIONAL

    電波少年INTERNATIONALから見たガザ地区ガザ地区

    『PLO議長アラファトと「てんとう虫のサンバ」(チェリッシュ)をデュエットしたい!』という企画。「♪あなたと(アラファト)私が…」という歌詞に引っ掛けている。紛争地帯であるガザ地区に行き実際に会ったが、当然曲を知らず松本が一生懸命教えるが困惑するばかりで結局デュエットは失敗に終わった。直筆のサインももらい、立ち去る松本に議長は優しく微笑みながら手を振ってくれた。アラファト死後、芸能人において唯一の接触者である松本の元にはマスコミからの取材が殺到した。土屋は行かせたもののまさか本当に会えるとは思っておらず、松本から「会えた」と言われたときも信用しなかったという。土屋はこのロケで手ごたえをつかみ、「アポ無しで海外に行ったらだいたい会えるもんだと思った」とのこと。電波少年INTERNATIONAL フレッシュアイペディアより)

196件中 61 - 70件表示