131件中 61 - 70件表示
  • ヒシャーム・カンディール

    ヒシャーム・カンディールから見たガザ地区ガザ地区

    2012年11月14日に、ハマースの軍事部門幹部アフマド・ジャアバリーがイスラエル軍により殺害されたことで激化したイスラエルとパレスチナ間の戦闘のさなかの同月16日、ガザ地区を訪問し、病院を訪れイスラエル軍の攻撃で負傷した人々を見舞い、ガザ政府首相イスマーイール・ハニーヤと会談した。ヒシャーム・カンディール フレッシュアイペディアより)

  • 56式自動歩槍

    56式自動歩槍から見たガザ地区ガザ地区

    政府の正規軍ではないゲリラや民兵、テロリスト、海賊などが56式を他国製のAKと共に用いることも多いが、それらは横流し品が兵器の闇市場で売買された物か、特定の国から供与されたものであることがほとんどである。ガザ地区を実効支配するハマスが使用する56式はイランが、ダルフール紛争で戦闘を繰り返している民兵組織ジャンジャウィードの装備する56式はスーダン政府がそれぞれ供与したものと見られている。56式自動歩槍 フレッシュアイペディアより)

  • ショット (戦車)

    ショット (戦車)から見たガザ地区ガザ地区

    この戦争によりイスラエルはゴラン高原やヨルダン川西岸地区、ガザ地区、シナイ半島を占領する大戦果を上げたが外交的には不利な立場に立たされ、アラブ諸国はイスラエルに武器を供給する国への石油輸出を差し止める「石油戦略」を発動することでイスラエルの兵器供給を断つことによる軍事的弱体化を画策し始めた。まずフランスが1967年に対イスラエル武器禁輸を決定し、イギリスも1969年にイスラエルへの武器禁輸を決定したためチーフテンの販売契約は反故にされ、イスラエルの手に渡ったチーフテンはたったの2輌に止まり、とても戦力として運用できる状態ではなかった。このため、イスラエルはチーフテンと同じ重装甲・防御力重視の国産戦車メルカバの開発に着手し、その量産体制が整うまでの間の戦力を維持するためにアメリカからM48パットン/M60パットン(以後、M48とM60をまとめて呼ぶ際はマガフと呼称)を追加導入したり鹵獲したT-54/55をTiran-4/5に改修したりするとともに、既存のM48やショットの更なる改修を行う事となった。ショット (戦車) フレッシュアイペディアより)

  • チラン (戦車)

    チラン (戦車)から見たガザ地区ガザ地区

    1967年6月5日、イスラエルはエジプト、シリア、ヨルダン、イラクの空軍基地に空爆による奇襲を行って制空権を確保し、シナイ半島とガザ地区、ヨルダン川西岸地区、ゴラン高原の3方面で一斉に地上部隊が攻勢をかけ、これらの地域を占領した(第三次中東戦争)。この戦争に圧勝したイスラエルは、アラブ諸国軍の各種兵器を大量に鹵獲した。その中には、ソビエト連邦がエジプトやシリアに供与したチェコスロバキア製のT-54/T-55戦車が数百輌含まれていた。チラン (戦車) フレッシュアイペディアより)

  • ハニーン・ゾービ

    ハニーン・ゾービから見たガザ地区ガザ地区

    2010年5月31日、トルコからガザ地区への人道支援のため向かう客船にゾービは搭乗した。そして、ガザへ向かっている途中にイスラエル軍の特殊部隊が客船を急襲し、多数の死傷者が出た。また、ゾービが客船に搭乗していた事が判明し、イスラエル国内に激震が走った。ゾービは事件後クネセトでイスラエル軍を「海賊」などと非難した。しかし、これにリクード所属のユダヤ人女性議員であるミリ・レゲヴから、「ガザに去りなさい。この国賊!」などと手厳しい非難を浴びせられ、また、クネセト内の四方八方からゾービへの罵声が飛び交うなど、大荒れとなった。ハニーン・ゾービ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ合同教会

    カナダ合同教会から見たガザ地区ガザ地区

    1960年代から70年代にかけて教会の機関誌『合同教会オブザーバー』の編集長を務めたA・C・フォレストは、イスラエル、ヨルダン川西岸、ガザ地区におけるパレスティナ人の権利を擁護する編集方針を示したことで、ユダヤ系カナダ人のコミュニティから激しい攻撃を受けた。多くの合同教会のひとびとが当惑させられたが、結局、教会はこの件に関する意見の多様性は教会の開放的な姿勢と一致するものであると結論した。カナダ合同教会 フレッシュアイペディアより)

  • 国家統一党

    国家統一党から見たガザ地区ガザ地区

    2003年の総選挙では統一会派を組んでいた我が家と統一名簿を作成し選挙を戦い7議席を得る。同年発足した第二次シャロン政権に参画するものの、今度はガザ地区からの国防軍撤退と全入植地撤去を定めたガザ地区撤退計画をシャロンがぶち上げると、再度激しく対立。観光相として入閣していたエロンは計画に反対したことから解任。2005年8月の計画実施の際には幹部・党員共々、現地で反対デモを行った。同年暮れには我が家が会派を離脱し、翌年・3月の総選挙では政策的に近い国家宗教党(現・ユダヤ人の家)と統一会派を結成、同選挙では22万票・9議席を獲得。また、2009年の総選挙前には宗教党と合併寸前まで合意しながら、最終的には決裂。統一党は単独で選挙を戦い11万票・4議席を得た。総選挙後の首相候補についてはベンヤミン・ネタニヤフを推挙するが、その後の政策協議では合意には至らなかった。国家統一党 フレッシュアイペディアより)

  • アイアンドーム

    アイアンドームから見たガザ地区ガザ地区

    イスラエルは、度々ハマースやヒズボラ等によって発射されたロケット弾による攻撃を受けており、2006年のレバノン侵攻では、イスラエル北部にロケット弾4000発が打ち込まれ、イスラエル南部では2000年から2008年にかけてガザ地区から迫撃砲弾4000発とロケット弾4000発が使用された。アイアンドーム フレッシュアイペディアより)

  • ベンヤミン・ネタニヤフ

    ベンヤミン・ネタニヤフから見たガザ地区ガザ地区

    2010年5月31日に発生した、トルコからガザ地区へ人道支援のため向かっていた客船をイスラエル軍が拿捕し、乗組員、兵士双方に多数の死傷者が出たことについて、船の乗組員が鉄パイプや刃物で武装しており正当防衛だったこと、また、人道支援と謳いながら実際はテロ組織「ハマース」支援のためであったとし、国際社会から大きな非難を浴びる中においても「我々は決して謝罪しない」と強気の姿勢を見せた。しかし、この姿勢にトルコは憤慨しており、7月に入って、「イスラエルはトルコに謝罪せよ。謝罪をしないならば国際調査を受け入れよ。両方とも拒否するならば、イスラエルとの国交を断つ」という姿勢を見せており、イスラエル・トルコ間の緊張が高まっている。同年6月13日に設置された調査委員会(オブザーバーとしてデービッド・トリンブル元北アイルランド主席閣僚も参加)は、調査の結果2011年1月23日に報告書を公表し支援船の急襲・拿捕は合法であり、ガザに対する軍の封鎖措置も合法であると結論付けた。ベンヤミン・ネタニヤフ フレッシュアイペディアより)

  • カディマ党

    カディマ党から見たガザ地区ガザ地区

    カディマの政策はシャロンによる対パレスチナ政策を受け継いでいる。ガザ地区からは植民者、軍部隊を完全撤退させ、その代わりにヨルダン川西岸の大規模入植地アリエルやマアレ・アドゥミームを維持することを目的としている。オルメルトは党首時代に、現在西岸で建設が進んでいる防護フェンス(「分離壁」) 内部の大規模入植地を併合、それ以外の小規模入植地を撤退させ、分離壁を国境とすることを主張している。また、治安上の観点からヨルダン渓谷とその周辺の入植地保持の必要性も訴えている。カディマ党 フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示