196件中 81 - 90件表示
  • ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー

    ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニーから見たガザ地区ガザ地区

    2012年10月23日、2007年にハマースがガザ地区を制圧して以来、外国の元首として初めてガザ地区を訪問したように、ハマースと強い関係を有し、これを支援している。ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー フレッシュアイペディアより)

  • 日本国際民間協力会

    日本国際民間協力会から見たガザ地区ガザ地区

    2009年、パレスチナ・ガザ地区にてイスラエルとハマスの戦闘後の緊急人道支援を実施。その後女性の洋裁訓練と孤児への衣料品の提供を継続。インドネシア・スマトラ島の地震被災者への緊急災害支援を実施。日本国際民間協力会 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ人民党

    パレスチナ人民党から見たガザ地区ガザ地区

    またPFLPがイスラエル国家打倒を掲げているのに対し、人民党はヨルダン川西岸地区及びガザ地区でのパレスチナ国家独立を目指しており、二国家共存路線を採用している。イスラエルの共産主義政党である「ハダシュ」とは提携関係にある。パレスチナ人民党 フレッシュアイペディアより)

  • オフェク (装甲兵員輸送車)

    オフェク (装甲兵員輸送車)から見たガザ地区ガザ地区

    イスラエル軍では既に、前述のナメル、およびチラン5(アラブ諸国から鹵獲したT-55)をベースに改造したアチザリットを、戦車をベースに製造した重装甲の兵員輸送車として運用しているが、これらの車種が主に前線部隊の歩兵部隊で運用されるのに対し、オフェクはやや後方の支援部隊、例えば衛生兵部隊や救援部隊、物資の輸送部隊といったところでの運用が考えられている。現在こういった支援部隊では1960年代に開発されたアメリカ製のM113装甲兵員輸送車が引き続き使用されているが、M113は元々水上航行能力を考えて軽量のアルミ製車体を採用していることもあって地雷や仕掛け爆弾・対戦車ロケット弾などに対する防御力が十分でなく、イスラエル軍では増加装甲を装着するなどして対策がとられてきたが、1980年代以降には前線部隊のM113は重装甲のナグマショットやアチザリットに更新されており、オフェクは後方支援部隊で運用が継続されているM113系列を更新する目的であると見られる。オフェクの開発が進められた背景には、前年の"境界防衛作戦"の際、ガザ地区に侵攻したゴラニ歩兵旅団所属のM113装甲兵員輸送車が攻撃を受け、搭乗していた兵士7名が死亡した事例があるとされる。オフェク (装甲兵員輸送車) フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区リーグ

    ガザ地区リーグから見たガザ地区ガザ地区

    ガザ地区リーグ(ガザちくリーグ)は、パレスチナサッカー協会の2つのトップディビジョンのうちの一つである。ガザ地区リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ヤーセル・アラファト国際空港

    ヤーセル・アラファト国際空港から見たガザ地区ガザ地区

    ヤーセル・アラファト国際空港(ヤーセル・アラファトこくさいくうこう、、'''')は、パレスチナ自治区ガザ地区にある国際空港。ヤーセル・アラファト国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • GBU-39

    GBU-39から見たガザ地区ガザ地区

    イスラエル軍は米国から購入し、2008年12月27日からのガザ侵攻で、ガザ地区とエジプトを結ぶ地下道の破壊に使われた。GBU-39 フレッシュアイペディアより)

  • オスロ合意

    オスロ合意から見たガザ地区ガザ地区

    2006年7月の、イスラエルによるガザ地区・レバノンへの侵攻により、事実上崩壊したとアラブ連盟では見做されている。オスロ合意 フレッシュアイペディアより)

  • ショット (戦車)

    ショット (戦車)から見たガザ地区ガザ地区

    この戦争により、イスラエルはゴラン高原やヨルダン川西岸地区、ガザ地区、シナイ半島を占領する大戦果を上げたが、外交的には不利な立場に立たされ、アラブ諸国はイスラエルに武器を供給する国への石油輸出を差し止める「石油戦略」を発動することでイスラエルの兵器供給を断つことによる軍事的弱体化を画策し始めた。まず、フランスが1967年に対イスラエル武器禁輸を決定し、イギリスも1969年にイスラエルへの武器禁輸を決定したため、チーフテンの販売契約は反故にされ、イスラエルの手に渡ったチーフテンはたったの2両に止まり、とても戦力として運用できる状態ではなかった。このため、イスラエルはチーフテンと同じ重装甲・防御力重視の国産戦車メルカバの開発に着手し、その量産体制が整うまでの間の戦力を維持するためにアメリカからM48/M60パットン(以後、M48とM60をまとめて呼ぶ際はマガフと呼称)を追加導入したり鹵獲したT-54/55をチラン4/5に改修したりするとともに、既存のM48やショットのさらなる改修を行うこととなった。ショット (戦車) フレッシュアイペディアより)

  • カッサームロケット

    カッサームロケットから見たガザ地区ガザ地区

    ガザ地区からイスラエルへの攻撃手段として、2001年よりロケット弾の使用が確認されている。カッサームロケット フレッシュアイペディアより)

196件中 81 - 90件表示