74件中 31 - 40件表示
  • ガザ地区

    ガザ地区から見たミサイル

    「一発のミサイルには十発のミサイルをもって応じる。女性や子どもも死ぬだろう。女性たちが夫にもうカッサム(ロケット弾)を使わないように懇願するだろう。ガザに閉じこめられた250万人は、イスラム原理主義者に影響され、恐ろしい戦争になる。もし我々が生き残りたいならば、彼らを一日中、毎日、殺し、殺し、殺し続けなければならない」ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た委任統治

    第一次世界大戦以降、オスマン帝国を退けたイギリスが国際連盟の承認の下、委任統治領として占領した。1929年に発生したパレスチナ人による暴動により、ユダヤ人の居住は禁止された。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たアッシリア

    ガザに人間の定住者がいたことが判明しているのは、紀元前6000年頃からである。紀元前3000年頃には、カナンの土地となり、さらに古代エジプトの支配下に入った。紀元前12世紀頃からは、海の民の一派であるペリシテ人が台頭した。その後、エジプト、アッシリア、バビロニア、マケドニア王国といった大国の争奪の舞台となり、紀元前64年にはローマ共和国の支配下となった。一時ローマ属国のユダヤの支配下となるが、その後ローマのユダヤ属州となった。『聖書』にも一部始終が触れられている。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た空爆

    また、自治政府発足後も、入植者保護の為にイスラエル軍が駐留し、しばしば空爆を行っていた。2004年には、シャロン首相のアドバイザー、アルノン・サフェル (Arnon Soffer) はガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たフランス帝国

    1517年、オスマン帝国がマムルーク朝からガザを侵攻し占領した。ガザの住民は、ユダヤ人以外に多くはエジプトから逃れてきたもので、エジプトの文化が導入された。その後、第一次世界大戦までの400年間、ナポレオン(フランス帝国)の一時的な占領を除き、オスマン帝国の支配下にあった。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たガーゼ

    綿花や天然ガスの掘削。ガザは「ガーゼ」の語源であるという説もある。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た空港

    外部との交通は、全てイスラエルとエジプトによって遮断されている。唯一の空港であるヤーセル・アラファト国際空港は1998年に開港したが、2001年イスラエル軍による攻撃で損壊し、現在運行を休止している。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た十字軍

    中世には東ローマ帝国、イスラム帝国、エルサレム王国(十字軍)、マムルーク朝がそれぞれ支配した。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たガス田

    1999年11月、パレスチナ自治政府はイギリスのブリティッシュ・ガス社とガス田探索の契約を結び、2000年、ブリティッシュ・ガス社はガザ沖に天然ガスを発見した。契約では、ガス田の権利の6割をブリティッシュ・ガス社が、1割をパレスチナ自治政府が持つ。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た中世

    中世には東ローマ帝国、イスラム帝国、エルサレム王国(十字軍)、マムルーク朝がそれぞれ支配した。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示