74件中 51 - 60件表示
  • ガザ地区

    ガザ地区から見たラファフ

    ラファフ(ラファハ)(Rafah)ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た発電所

    2008年1月9日に、アメリカのブッシュ大統領のイスラエル及びパレスチナ歴訪を機に、ハマースはイスラエルへのロケット弾攻撃を行った。イスラエルは報復にガザ地区を完全封鎖し、国連の援助車両さえ閉め出された。1月15日には、イスラエル軍がガザ市街地に侵攻。連日空襲を行っている。1月20日には封鎖により燃料が底を突き、ガザ地区唯一の発電所が操業を停止した。この結果、パレスチナの電力の1/3(イスラエル側の主張によれば、1/4)が供給されなくなった。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た制海権

    唯一の海港であるガザ港は、イスラエルによって制海権が握られ、武器密輸を理由に漁船以外の利用を禁じられており、貿易や外国への出入国はできない。救急医療要員や援助物資を運ぼうとした小型船がガザ地区入りしようとしたが、イスラエルに追い返されている。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た

    唯一の海であるガザ港は、イスラエルによって制海権が握られ、武器密輸を理由に漁船以外の利用を禁じられており、貿易や外国への出入国はできない。救急医療要員や援助物資を運ぼうとした小型船がガザ地区入りしようとしたが、イスラエルに追い返されている。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たロケット弾

    「一発のミサイルには十発のミサイルをもって応じる。女性や子どもも死ぬだろう。女性たちが夫にもうカッサム(ロケット弾)を使わないように懇願するだろう。ガザに閉じこめられた250万人は、イスラム原理主義者に影響され、恐ろしい戦争になる。もし我々が生き残りたいならば、彼らを一日中、毎日、殺し、殺し、殺し続けなければならない」ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たイスラエル

    1948年にイスラエルが独立し、周辺のアラブ諸国との第一次中東戦争が勃発しエジプトが確保した。1967年に第三次中東戦争が勃発するとイスラエルにより確保され、イスラエル人の入植が進んだ。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たパレスチナ難民

    現在ガザ地区に住む人々の3分の2は1948年の第一次中東戦争によって発生したパレスチナ難民およびその子孫である。この難民問題の解決策は現在も決定していない。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たパレスチナ解放機構

    2007年6月11日、ハマースがガザ地区を武力で占拠し、パレスチナ解放機構主流派のファタハは「クーデター」と批判した。イスラエルは経済制裁を強化し、再び大規模な侵攻を計画しているといわれている。ファタハ支持者を中心に、ガザ地区から脱出しようとする動きも見られる。ただし、日本では「ガザ脱出へパレスチナ人殺到」と報じられたが、実数では数百人程度で、ガザ地区の人口比としてはそれほどでもないという指摘もある。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見た輸出

    現在製造業をはじめとする産業は壊滅に近い状況にある。イスラエルによるたびたびの侵攻に加え、イスラエルとエジプトによる封鎖のため、輸出ができなくなっているのもその理由である。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たヨルダン川

    1993年の中東和平「オスロ合意」によって、ヨルダン川西岸地区の一部と共にパレスチナ自治政府の統治下に置かれた。治安はパレスチナ政府の治安部隊および市民警察軍によって維持されているが、現在も航空管制権と沿岸航行権はイスラエルが保持している。1998年、ガザ国際空港が開港したが、2001年にイスラエルにより破壊された。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「ガザ地区」のニューストピックワード