206件中 91 - 100件表示
  • カリフォルニアアシカ

    カリフォルニアアシカから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    最新の知見に基づけば、の下位分類の構成は、カリフォルニアアシカのほか、ガラパゴス諸島周辺に生息する、および、日本近海に生息していた絶滅種ニホンアシカの3種とする説が有力である。しかしながら、アシカ属をカリフォルニアアシカ1種のみとし、ガラパゴスアシカおよびニホンアシカをカリフォルニアアシカの下位分類(すなわち、亜種)とする説もある。カリフォルニアアシカ フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴスアホウドリ

    ガラパゴスアホウドリから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島のエスパニョラ島でほとんど繁殖するが、エクアドル本土沖にあるラ・プラタ島()でも少数の繁殖が認められる。ガラパゴスアホウドリ フレッシュアイペディアより)

  • プエルト・バケリソ・モレノ

    プエルト・バケリソ・モレノから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    プエルト・バケリソ・モレノ(スペイン語:Puerto Baquerizo Moreno、バケリソモレーナ、プエルト・バケリソ・モレーナとも表記される)はエクアドル共和国にある都市でガラパゴス諸島の中心都市でもある。プエルト・バケリソ・モレノ フレッシュアイペディアより)

  • DESERTED ISLAND

    DESERTED ISLANDから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    デザーテッドアイランドの固有種は質、量ともにガラパゴス諸島の比ではない。ヤマアラシ、ヤシ、パパイアといった記載済みの生物も見られるものの、そのほとんどが未発見の新種であり、現在の生物学の分類に全くかすりもしないような、とても地球の生き物とは思えない種も存在する。探検隊もこの島の生態系の不気味さに疑念を抱くようになり、漂流者のメモや謎の球体のメッセージ、そして島の至る所に見られる文明の痕跡からある仮説を立てることになるのだが…DESERTED ISLAND フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル (潜水艦)

    ブルーギル (潜水艦)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ブルーギルは1942年12月17日にコネチカット州グロトンのエレクトリック・ボート社で起工する。1943年8月8日にコール夫人(ニューヨーク州選出下院議員の妻)によって進水し、艦長エリック・L・バール・ジュニア少佐(アナポリス1934年組)の指揮下11月11日に就役する。1944年に入ってキーウェストの音響学校での訓練に従事した後、ガラパゴス諸島を経て3月22日にニューギニアのミルン湾に到着した。ブルーギル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ブリーム (潜水艦)

    ブリーム (潜水艦)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ブリームはコネチカット州グロトンのエレクトリック・ボート社で起工する。1943年10月17日に艦長のウルフォード・G・チャップル夫人によって進水し、"ムーン" ウルフォード・G・チャップル少佐(アナポリス1930年組)の指揮下、1944年1月24日に就役する。ブリームはニューロンドンを発ち、パナマ運河およびガラパゴス諸島を経由して太平洋戦線に向かい、5月8日にブリスベンに到着し、2日後に出港してミルン湾に進出。整備の後、5月26日に出港して3日後の5月29日にマヌス島ゼーアドラー湾に到着した。ブリーム (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ボクはしたたか君

    ボクはしたたか君から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    本作の主人公。大沢城小学校の児童で、生まれはガラパゴス諸島。9歳(のちに10歳、11歳)。ボクはしたたか君 フレッシュアイペディアより)

  • フラミンゴ

    フラミンゴから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ベニイロフラミンゴ(アメリカフラミンゴ) : ガラパゴス諸島とカリブ海沿岸に生息し、加えてフロリダに移入している。全長約145cm。フラミンゴの中でもっとも紅色が鮮やかである。1957年ごろから、旧大陸のオオフラミンゴと同種とする説が唱えられていたが、Sangster (1997) などにより別種と判明した。フラミンゴ フレッシュアイペディアより)

  • コイバ島

    コイバ島から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    コイバ島周辺の海域は南北アメリカ州の太平洋沿岸で最大級のサンゴ礁に囲まれており、多くの海洋生物を育んでいる。チリキ湾を流れる海流は、独特の海中環境を生み出していて、その暖流はサンゴ礁と太平洋の熱帯性の海洋生物を育んでいる。熱帯性の海洋生物は、通常のアメリカ大陸太平洋岸では予期しないものである。暖流に乗って、ザトウクジラ、サメ、ジンベイザメ、シャチ等の比較的大型の魚類や哺乳類もやってくる。コイバ島周辺の海洋環境は、ココス海嶺でココ島(コスタリカ)やガラパゴス諸島(エクアドル)周辺の海洋環境とも繋がっている。コイバ島 フレッシュアイペディアより)

  • デイビッド・ラック

    デイビッド・ラックから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ケンブリッジを卒業するとダーリントンホール校の生物学教師となった。1938年の夏に休暇を取り、趣味であった鳥の行動を研究するためにガラパゴス諸島へ渡った。翌1939年の4月から8月まではカリフォルニア・アカデミーオブサイエンスとアメリカ・ニュージャージー州のエルンスト・マイアの家で過ごした。1939年に戦争が始まるとイギリスに戻った。デイビッド・ラック フレッシュアイペディアより)

206件中 91 - 100件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード