206件中 11 - 20件表示
  • 太平洋

    太平洋から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    太平洋は赤道を境界として北太平洋、南太平洋と区別されることも多いが、この場合ガラパゴス諸島とギルバート諸島に関しては赤道を南北にまたぐものの南太平洋に属するものとして扱われる太平洋 フレッシュアイペディアより)

  • 大洋

    大洋から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    南:ギルバート諸島とガラパゴス諸島を除く赤道大洋 フレッシュアイペディアより)

  • ダーウィンフィンチ類

    ダーウィンフィンチ類から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ダーウィンフィンチ類はフウキンチョウ科に属する、フィンチ類に似た(類縁性は薄い)小型種の総称である。南アメリカ沖のガラパゴス諸島・ココ島の島々にのみ生息する。単にダーウィンフィンチとも呼ばれるが、狭義にはこのうちの1種をダーウィンフィンチと呼ぶ。ガラパゴスフィンチ類とも称されるが、1種(ココスフィンチ)はガラパゴス諸島にいないので不適切ともされる。ダーウィンフィンチ類 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ダーウィン

    チャールズ・ダーウィンから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    1834年6月にマゼラン海峡を通過し、7月に南米西岸のバルパライソに寄港した。ここでダーウィンは病に倒れ、1月ほど療養した。ガラパゴス諸島のチャタム島(サン・クリストバル島)に到着したのは1835年9月15日であり、10月20日まで滞在した。当時のガラパゴス諸島は囚人流刑地だった。ダーウィンは諸島が地質学的にそう古いものとは思えなかったため(現在ではおよそ500万年と考えられている)、最初ゾウガメは海賊たちが食料代わりに連れてきたものだと考えていたが、ガラパゴス総督からゾウガメは諸島のあちこちに様々な変種がおり、詳しい者なら違いがすぐに分かるほどだと教えられ、初めてガラパゴス諸島の変種の分布に気づいた。なお、この時、ダーウィンがガラパゴス諸島から持ち帰ったとされるガラパゴスゾウガメ、ハリエットは175歳まで生き、2006年6月22日に心臓発作のため他界している。チャールズ・ダーウィン フレッシュアイペディアより)

  • 世界遺産委員会

    世界遺産委員会から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    第2回世界遺産委員会は、1978年9月5日から8日にかけてワシントンD.C.(アメリカ合衆国)で開催された。世界遺産リストの作成が始まったのはこの第2回からであり、いわゆる負の世界遺産に分類されるゴレ島をはじめとする文化遺産8件、ガラパゴス諸島をはじめとする自然遺産4件の計12件が「世界遺産第一号」として登録された。世界遺産保有国となったのは、エチオピア、セネガル、アメリカ合衆国、カナダ、エクアドル、ドイツ、ポーランドである。世界遺産委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス・ドッグ

    ガラパゴス・ドッグから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ガラパゴス・ドッグ(英:Galapagos Dog)は、デズモンド・モリスが著書中で挙げているガラパゴス諸島原産の犬種である。ガラパゴス・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • イグアナ亜科

    イグアナ亜科から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    アメリカ合衆国からパラグアイにかけてのアメリカ大陸および、ガラパゴス諸島、カリブ諸島、フィジー諸島。イグアナ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカミヤコドリ

    アメリカミヤコドリから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    北アメリカ大陸、南アメリカ大陸の沿岸および島嶼、西インド諸島、ガラパゴス諸島アメリカミヤコドリ フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴスササゴイ

    ガラパゴスササゴイから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ガラパゴスササゴイ(ガラパゴス笹五位、Butorides sundevalli)は、ガラパゴス諸島の固有種となるサギ科の鳥類である。ガラパゴスササゴイ フレッシュアイペディアより)

  • フッドマネシツグミ

    フッドマネシツグミから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    フッドマネシツグミ(、学名:Mimus macdonaldi)は、マネシツグミ科の鳥類の1種であり、Española Mockingbird とも呼ばれる。エクアドルのガラパゴス諸島のうちエスパニョラ島(英: フッド島)の固有種であり、ガラパゴス群島に固有で密接に関連する4種のマネシツグミ類のうちの1種である。フッドマネシツグミ フレッシュアイペディアより)

206件中 11 - 20件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード