172件中 31 - 40件表示
  • マルコム・ロス

    マルコム・ロスから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    第二次世界大戦終了後民間に戻ったが、朝鮮戦争が始まると海軍予備隊に戻り、1951年、ミネアポリスの海軍研究所(Office of Naval Research:ONR)に配属された。ONRは無人気球の開発、プロジェクト・スカイフックを行っており、1953年にロスはワシントンのONRの研究所の気球プロジェクトの主任となり、気球による高空での宇宙線の観測、気象データの収集を指揮した。ガラパゴス島などで、宇宙線の観測、気象データの収集を行うプロジェクト・チャーチィー(Project Churchy)の技術主任を務め、1954年にはミネアポリス上空で気球から日食の写真を撮影した。マルコム・ロス フレッシュアイペディアより)

  • 種分化

    種分化から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    島嶼に住む生物では珍しい特徴を生じる傾向がある)。コモド島やガラパゴス諸島のような有名な地域でそれは島嶼化や急速な進化として観察されている。後者での代表例はチャールズ・ダーウィンによって観察された後、現代的な進化理論の例としてよく取り上げられるようになったダーウィンフィンチ類である。種分化 フレッシュアイペディアより)

  • クロウミガメ

    クロウミガメから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    メキシコの東部沿岸、ガラパゴス諸島、ハワイ周辺など、東太平洋沿岸の熱帯・温帯域に分布する。日本で見られることはほとんどないが、1998年4月、5月に西表島近海で初めて観察されている他、沖縄本島北端にある宜名真漁港でも確認されている。クロウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル (潜水艦)

    ブルーギル (潜水艦)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ブルーギルは1942年12月17日にコネチカット州グロトンのエレクトリック・ボート社で起工する。1943年8月8日にコール夫人(ニューヨーク州選出下院議員の妻)によって進水し、艦長エリック・L・バール・ジュニア少佐(アナポリス1934年組)の指揮下11月11日に就役する。1944年に入ってキーウェストの音響学校での訓練に従事した後、ガラパゴス諸島を経て3月22日にニューギニアのミルン湾に到着した。ブルーギル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ブリーム (潜水艦)

    ブリーム (潜水艦)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ブリームはコネチカット州グロトンのエレクトリック・ボート社で起工する。1943年10月17日に艦長のウルフォード・G・チャップル夫人によって進水し、 "ムーン" ウルフォード・G・チャップル少佐(アナポリス1930年組)の指揮下、1944年1月24日に就役する。ブリームはニューロンドンを発ち、パナマ運河およびガラパゴス諸島を経由して太平洋戦線に向かい、5月8日にブリスベンに到着し、2日後に出港してミルン湾に進出。整備の後、5月26日に出港して3日後の5月29日にマヌス島ゼーアドラー湾に到着した。ブリーム (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • リアエンジン

    リアエンジンから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    なお、大型乗用車でリアエンジン方式を一貫して長期継続したのは、世界でもタトラのみである。同社は1934年のタトラ・T77以来、東側ブロック崩壊による民主化・チェコスロバキア解体後の1998年に「T700」の製造中止で乗用車業界から撤退するまで、一貫してリアエンジン乗用車を製造した。そのモデルは1700cc級のT97(1937年)、2000cc級のT600タトラプラン(1947年)の2種の中型車を除くと、一貫して2.5Lから3.5L級の空冷V型8気筒大排気量車であった。これはチェコスロバキアが戦後共産圏に入って西側諸国のトレンドとの関係が希薄化したことと、計画経済下の国策で大型乗用車メーカーに指定されたタトラが、在来技術のキャリーオーバーで技術開発を進めたことによるもので、技術的ポリシーがガラパゴス諸島の生態系よろしく閉鎖化された中での「奇妙な進化」であった。リアエンジン フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドイグアナ

    ハイブリッドイグアナから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    太平洋の南米エクアドル領、ガラパゴス諸島のサウスプラザ島(South Plaza Island)に新たに派生したハイブリッドイグアナは、地球温暖化によって起こると見られる気候変動により海水の温度が大きく変化し、ウミイグアナが主なる食料とする海草が減少し、新たな食料を求めてウミイグアナが島の陸に住みつき、その中の雄が雌のリクイグアナと交配して派生したものである。ハイブリッドイグアナ フレッシュアイペディアより)

  • レッドフィン (潜水艦)

    レッドフィン (潜水艦)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    レッドフィンは1942年2月16日にウィスコンシン州マニトワックのマニトワック造船で起工する。1943年4月4日にB・B・ワイガント夫人によって進水し、艦長ロバート・D・キング少佐(アナポリス1931年組)の指揮下8月31日に就役する。レッドフィンは10月15日にニューオーリンズを出航し、ガラパゴス諸島、ミルン湾を経て、1944年1月3日にオーストラリアのダーウィンに到着した。レッドフィン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 適応放散

    適応放散から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    最も有名な例は、チャールズ・ダーウィンが進化論の着想を得たと言われるガラパゴス諸島であろう。有名なゾウガメは島ごとに別亜種とされ、最大のイザベラ島には五つの亜種があり、全部で15亜種が知られている。これは異所的な種分化の例であるが、同所的な種分化の例で有名なのがダーウィンフィンチという小鳥の一群で、系統的には極めて近いものが、様々な餌を取り、それに応じて嘴の形が大きく異なっている。最も嘴が太いものは植物の種子を主として食べ、昆虫はほとんど取らない。嘴が細いものは、逆に昆虫を中心として餌を漁る。最もとがった嘴を持つ種は、木の割れ目などから昆虫をつまみ出して食べる。これはキツツキの生態的地位に当たると考えられる。それらは全部で13種に分けられているが、その祖先は多分1種であると考えられている。適応放散 フレッシュアイペディアより)

  • アンダーヒル (護衛駆逐艦)

    アンダーヒル (護衛駆逐艦)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    1945年1月末、アンダーヒルはフィリピンの第7艦隊への配属が命じられ、2月8日にニューロンドンを出航、パトローラー (HMS Patroller, D07) を護衛し共にパナマ運河地帯へ向かう。その後パナマ運河、ガラパゴス諸島およびボラボラ島を経由してアドミラルティ諸島に向かい、1945年3月15日にゼーアドラー湾に到着した。アンダーヒル (護衛駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

172件中 31 - 40件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード