172件中 41 - 50件表示
  • イグアナ亜科

    イグアナ亜科から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    アメリカ合衆国からパラグアイにかけてのアメリカ大陸および、ガラパゴス諸島、カリブ諸島、フィジー諸島。イグアナ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館

    ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    仮剥製標本は70万点にのぼり、チャールズ・ダーウィンのガラパゴス諸島行やクック船長の探検で得られた物も含まれる。温度湿度を厳重に管理された光の差さない標本棚に保管されているため、その羽毛は生きていたときと変わらない色彩を半永久的に残している。ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • グラント夫妻

    グラント夫妻から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ピーター・レイモンド・グラントとバーバラ・ローズマリー・グラント夫妻(Peter Raymond Grant 1936年10月26日生 & Barbara Rosemary Grant 1936年10月8日生)は二人ともイギリス人のプリンストン大学の進化生物学者である。彼らは共にガラパゴス諸島の大ダフネ島でのダーウィンフィンチ類に関する研究を行っている。彼らは共同研究者や学生と共に、1973年から毎年6ヶ月間ダフネ島に滞在し、捕まえたフィンチにタグを付け、血液サンプルを採取し開放するという手法で研究を続けている。グラント夫妻 フレッシュアイペディアより)

  • 怒濤! ジャムカの大冒険

    怒濤! ジャムカの大冒険から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島に住んでいた少女、13歳。作中で唯一、年齢が判明しているキャラクター。学術調査のために家族で引っ越してきたが、大日本帝国の攻撃により帰国の手段を失い、家族も次々と死亡したため一人暮らしに。怒濤! ジャムカの大冒険 フレッシュアイペディアより)

  • トゥパック・インカ・ユパンキ

    トゥパック・インカ・ユパンキから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    伝承によると彼は「ニナ・チュンピ(炎の島)」、「ハフア・チュンピ(離島)」と呼んだ島を訪ねたという。この島は、ガラパゴス諸島ではないかとも言われているが、チュンピとは帯を意味し、「取り巻く陸」の比喩であるとするとサンゴ礁の存在を示すように思われることから、トゥアモトゥ、マルキーズ諸島と同程度に遠い西ポリネシアの島に関連するのではないかとも言われている。トゥパック・インカ・ユパンキ フレッシュアイペディアより)

  • 世界遺産検定

    世界遺産検定から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    世界遺産は、遺産価値を持つ。遺産価値が喪失する恐れのある物件は「危機にさらされている世界遺産リスト(通称:危機遺産リスト)」に登録され、その物件の保有国は事態の改善に全力を挙げなければならない。危機遺産リスト登録の要因として、自然災害、密猟、内戦、経済開発等が挙げられるが、観光圧力により危機遺産リストに登録される物件も後を絶たない。最近では「ガラパゴス諸島(エクアドル共和国 1978年登録 登録基準?・?・?・?)」が、2007年、危機遺産リストに登録された。理由は観光圧力である。ガラパゴス諸島の遺産価値は数多くあり、代表的な自然遺産の一つだが、一番の価値はその特異な生態系であろう。観光客が持ち込む外来種やゴミが、ガラパゴス諸島の生態系に重大な脅威を与えたのである。もともと無人島であったガラパゴス諸島の人口は3万人に増え、1990年には年間4万人だった観光客は、2006年、16万人までに増えた。ガラパゴス諸島は、2010年、危機遺産リストを脱する事ができたが根本的な解決には至っていない。無計画な観光客受け入れは、世界遺産の遺産価値喪失に直結する。世界遺産検定 フレッシュアイペディアより)

  • 文化遺産保護制度

    文化遺産保護制度から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    世界遺産に対しては、各国の拠出により設置された世界遺産基金から、保全のための財政支援および技術支援が行われる。ただし先進国においては、財政支援は主に国内法に基づいて実施され、世界遺産基金からの支援が行われることは少ない。1978年にイエローストーンやガラパゴス諸島などが最初に世界遺産リストに登録された。日本は1992年に世界遺産条約を批准した。文化遺産保護制度 フレッシュアイペディアより)

  • シロウリガイ

    シロウリガイから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    冷水湧出帯生物群集と同様の深海の化学合成生物群集(Chemosynthetic Community)には熱水噴出孔生物群集(Hydrothermal Vent Community)や鯨骨生物群集が知られ、前者からはシロウリガイと同属のガラパゴスシロウリガイ Calyptogena magnifica が、ガラパゴス諸島近くで東太平洋海膨と直交するガラパゴス断裂帯に生息しているのが知られるが、後者からはシロウリガイ類はまだ知られていない。シロウリガイ フレッシュアイペディアより)

  • 新ビーグル号探検記

    新ビーグル号探検記から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    毎日放送開局40周年記念番組で、博物学者チャールズ・ダーウィンが今から160年前(本放送当時)の1831年にビーグル号に乗って南半球の大陸・島々(南米・パタゴニア・ガラパゴス諸島・マダガスカル・アフリカなど)を航海した記録を元に、160年後の自然・生き物はどう変わったかを毎週各分野で活躍する文化人たちがリポートし、検証した。テーマ音楽はS.E.N.S.が担当し、ナレーターは俳優の柳生博が務めた。新ビーグル号探検記 フレッシュアイペディアより)

  • セレブリティ・エクスペディション

    セレブリティ・エクスペディションから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    小型クルーズ客船であり、一般的なクルーズ客船と異なり小規模な船を好む層、比較的若く教養のある層をターゲットとしている。現在、主にガラパゴス諸島のクルーズに周航しており、吃水の低い小型船の利点により大型のクルーズ客船が侵入できない海域を訪れることが可能となっている。セレブリティ・エクスペディション フレッシュアイペディアより)

172件中 41 - 50件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード