206件中 41 - 50件表示
  • ヒレナガカンパチ

    ヒレナガカンパチから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    小さい群れを形成し、堆やサンゴ礁の斜面に生息する。深度5-160mで見られるが、通常は5-35mに生息する。インド太平洋ではケニアから南アフリカ、マリアナ諸島, ウェーク島・琉球諸島・ケルマディック諸島・ニューカレドニアなどに分布する。紅海・セイシェルには分布しない。東太平洋ではカリフォルニアからペルー・ガラパゴス諸島。西大西洋ではケープコッドからアルゼンチン北部まで。東大西洋での分布はよく分かっていないが、ランペドゥーザ島から記録がある。ヒレナガカンパチ フレッシュアイペディアより)

  • キイロダカラ

    キイロダカラから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    インド洋と太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布する。西は南アフリカ、南はオーストラリア北部、北は南日本やハワイ諸島、東は南北アメリカに程近いガラパゴス諸島やクリッパートン島まで、分布域は広い。日本での分布域は、日本海側で山口県以南、太平洋側で房総半島以南である。キイロダカラ フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの世界遺産

    エクアドルの世界遺産から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    1978年に登録された初の世界遺産12件のうち、2件を含む。そのひとつガラパゴス諸島は、2007年から2010年に危機にさらされている世界遺産リストに加えられていた。エクアドルの世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • ウルフ島

    ウルフ島から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ウルフ島 (ガラパゴス諸島) - エクアドル領ガラパゴス諸島の島。ウルフ島 フレッシュアイペディアより)

  • ナスカプレート

    ナスカプレートから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    タイタオ半島沖からイースター島付近までは、太平洋の海底を南北に拡大させているチリ海膨(勾配が緩やかな海嶺)によって、南極プレートと接している。イースター島付近からガラパゴス諸島付近までは、太平洋の海底を東西に拡大させている東太平洋海嶺によって太平洋プレートと接している。ナスカプレート フレッシュアイペディアより)

  • アオアシカツオドリ

    アオアシカツオドリから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    Sula nebouxii excisa (ガラパゴスアオアシカツオドリ) - ガラパゴス諸島の固有亜種。ガラパゴス諸島に生息する3種のカツオドリ科の中の1種として、ガラパゴス諸島に広く分布する。わずかに大きく羽に艶がある。アオアシカツオドリ フレッシュアイペディアより)

  • ライプツィヒ (軽巡洋艦・初代)

    ライプツィヒ (軽巡洋艦・初代)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    第一次世界大戦の開戦時にはメキシコ沖にあり、8月末にはガラパゴス諸島へ向け南下した。ガラパゴス諸島へ向かう途中でライプツィヒはイギリス船Elsinoreを沈めた。ガラパゴス諸島には9月18日に到着した。ガラパゴス諸島を離れたライプツィヒは砂糖を積んだBankfieldsを沈め、それからペルー沖へ向かったがそこでは何も発見できなかった。そのため、ライプツィヒはイースター島へ向かい、そこで大西洋からやってくる巡洋艦ドレスデンと合流しようとした。10月14日にライプツィヒがイースター島に到着した時、そこにはドレスデンのほかに装甲巡洋艦シャルンホルスト、グナイゼナウ、軽巡洋艦ニュルンベルクも到着していた。ライプツィヒ (軽巡洋艦・初代) フレッシュアイペディアより)

  • カイル・マクドナルド

    カイル・マクドナルドから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    カイルはブリティッシュコロンビア大学で地理学を学び、世界中の南極大陸を含む40の国々を旅してきた。彼の旅行体験の中には、シドニーでスクーターでピザの配達、西オーストラリアでオフロード・バイクでの羊飼いの仕事、タイのバンコクでの偽イタリア人サッカー選手、カンボジアでは機関銃を撃ちまくり、エクアドルのガラパゴス諸島では100枚の葉書を一度に配達、3日間だけノースウエスト準州イエローナイフに引越し、有名なホッキョクグマのかたちをしたナンバー・プレートを手に入れた。そして、旅に出て一年目にあたる2006年7月12日、サスカチュワン州のキプリングで俳優コービン・バーンセンの映画に出演する権利と引き換えにキプリングから二階建ての一軒家を手に入れた。マクドナルドは、同市の一日市長に任命される予定。また市は、世界最大の赤いクリップを製作するとも発表している。カイル・マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マダラトビエイ

    マダラトビエイから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    全世界の熱帯・温帯で見られ、大西洋西部ではノースカロライナからメキシコ湾・カリブ海を経てブラジル南部まで、大西洋東部ではモーリタニアからアンゴラまで、インド太平洋では南アフリカ・紅海・北は日本から南はオーストラリアまで、東太平洋ではカリフォルニア湾からペルーのPuerto Pizarroまで、ガラパゴス諸島・ハワイにも分布する。マダラトビエイ フレッシュアイペディアより)

  • シロシュモクザメ

    シロシュモクザメから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    シュモクザメの中では最も低温に耐えることができ、他のシュモクザメより高緯度で見られる。西部大西洋では、ノバスコシア州からヴァージン諸島とブラジルからアルゼンチン南部。東部大西洋では、ブリテン諸島からコートジボワール・地中海。インド洋では南アフリカ・インド・スリランカ。西部太平洋ではトンキン湾から日本南部・シベリア、オーストラリア・ニュージーランド。中部-東部太平洋では、ハワイ・カリフォルニア州・パナマ・ガラパゴス諸島・エクアドル・チリに分布する。一般的に熱帯には生息しないが、インドのマンナール湾やモザンビーク南部からも稀に報告がある。熱帯域では本種は他のシュモクザメと混同されていると考えられ、実際に熱帯域に生息するかどうかを判断するのは難しい。シロシュモクザメ フレッシュアイペディアより)

206件中 41 - 50件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード