172件中 51 - 60件表示
  • ロンサム・ジョージ

    ロンサム・ジョージから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ロンサム・ジョージ(、1910年頃? - 2012年6月24日)は、ガラパゴス諸島のに生息していたガラパゴスゾウガメの亜種(独立種とする説もあり)ピンタゾウガメ(Geochelone nigra abingdoni)の最後の生き残りだった1頭の愛称。ロンサム・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンディナ島

    フェルナンディナ島から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    フェルナンディナ島(、)は、ガラパゴス諸島の島のうち3番目に大きく、最も若い島の1つである。他の島と同様、島はガラパゴスのホットスポット (Galápagos hotspot) により形成された。フェルナンディナ島は2009年4月11日にも噴火が始まった活発な楯状火山である。島は群島の最西端に位置する。島の名はクリストファー・コロンブスの航海を援助したカスティーリャ王フェルナンド5世にちなんで名付けられた。フェルナンディナ島 フレッシュアイペディアより)

  • バルトロメ島

    バルトロメ島から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    バルトロメ島(、バーソロミュー島、)は、ガラパゴス諸島の火山島の1つであり、その火山の小島はサンチャゴ島の東海岸のすぐ沖に位置する。バルトロメ島は、ガラパゴスの群島のなかでも「若い」島の1つである。バルトロメ島およびサンチャゴ島のサリバン湾 (Sulivan Bay) の名は、自然主義者でチャールズ・ダーウィンの生涯の友人であり、英国海軍艦船ビーグルに中尉として乗船したバーソロミュー・ジェームズ・サリバン (Bartholomew James Sulivan) にちなんで名付けられた。バルトロメ島 フレッシュアイペディアより)

  • サンチャゴ島 (ガラパゴス)

    サンチャゴ島 (ガラパゴス)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    サンチャゴ島(、ジェームズ島、)は、ガラパゴス諸島の島の1つである。カリブ海でコロンブスにより発見された最初の島(サン・サルバドル島)にちなんで名付けられたサン・サルバドル島()の名でも知られる。島は、2つの重なる火山から成り、面積は585平方キロメートル、北西の楯状火山の頂上が海抜907メートルの最高地点となる。島の南西にある火山は、線状の裂け目に沿って噴出し、はるかに低地である。島の最も古い溶岩流は75万年前にさかのぼる。サンチャゴ島 (ガラパゴス) フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原諸島の自然

    小笠原諸島の自然から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    また地質学的には小笠原諸島を構成する小笠原群島、火山列島、その他の島々は出来た経緯に違いがあり、海洋性島弧の形成と進化の経緯、そして大陸地殻の生成を観察することができる地学的に貴重な場所である。またいずれの島々もガラパゴス諸島、ハワイ諸島などと同じく、これまで大陸と一度も地続きになったことがない大洋島であり、大洋によって隔絶された環境の中で特異な生態系を育んできた。小笠原諸島の自然 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴスヒタキモドキ

    ガラパゴスヒタキモドキから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島の固有種であり、主な島々すべてに生息する。ガラパゴスヒタキモドキ フレッシュアイペディアより)

  • 堀江謙一

    堀江謙一から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    尚、エクアドル政府は1996年の航海の成功を讃え、1997年にガラパゴス諸島にある島と岬に「堀江謙一船長岬」、「モルツマーメイド島」と命名した。堀江謙一 フレッシュアイペディアより)

  • ダーウィンコメネズミ

    ダーウィンコメネズミから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ダーウィンコメネズミ Nesoryzomys darwini は、齧歯目(ネズミ目) キヌゲネズミ科 に属するコメネズミの一種で、エクアドル領ガラパゴス諸島のサンタ・クルス島に生息していた。おそらく夜行性で、灌木の下の巣穴や岩の割れ目に生息していたと思われる。標本は、Frank Wonder によって1929年1月12日から16日の間に採取された4体のみが現存する。1930年ごろに絶滅したが、これは、人間によってもたらされたドブネズミ・クマネズミ等の移入動物との食物を巡る競合、それらによる病気の感染や捕食などによるものと考えられる。同じサンタ・クルス島原産の同属種、サンタクルスコメネズミ Nesoryzomys indefessus も同様に絶滅しているが、他の島に分布した同属種は存続している。ダーウィンコメネズミ フレッシュアイペディアより)

  • コイバ島

    コイバ島から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    コイバ島周辺の海域は南北アメリカ州の太平洋沿岸で最大級のサンゴ礁に囲まれており、多くの海洋生物を育んでいる。チリキ湾を流れる海流は、独特の海中環境を生み出していて、その暖流はサンゴ礁と太平洋の熱帯性の海洋生物を育んでいる。熱帯性の海洋生物は、通常のアメリカ大陸太平洋岸では予期しないものである。暖流に乗って、ザトウクジラ、サメ、ジンベイザメ、シャチ等の比較的大型の魚類や哺乳類もやってくる。コイバ島周辺の海洋環境は、ココス海嶺でココ島(コスタリカ)やガラパゴス諸島(エクアドル)周辺の海洋環境とも繋がっている。コイバ島 フレッシュアイペディアより)

  • エスパニョラ島

    エスパニョラ島から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    エスパニョラ島(エスパニョーラ島、)は、ガラパゴス諸島に属する島である。英名のフッド島()は、サミュエル・フッド子爵にちなんで名づけられた。エスパニョラ島 フレッシュアイペディアより)

172件中 51 - 60件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード