206件中 61 - 70件表示
  • 伊藤秀三

    伊藤秀三から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    長崎県の島嶼部をはじめ、ハワイ諸島、ガラパゴス諸島、小笠原諸島の植生調査に従事。特に、ガラパゴス諸島については、1964年以来、計七回にわたって学術調査を行った。ガラパゴス研究の第一人者といわれる。伊藤秀三 フレッシュアイペディアより)

  • 除草剤

    除草剤から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    除草剤は芝生の管理、道路などの雑草防除や農業に広く使用される。林業、牧草地、また野生生物生息地の保護(たとえばガラパゴス諸島)などにも用いられる。除草剤 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴスコバネウ

    ガラパゴスコバネウから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    エクアドルに属するガラパゴス諸島(イサベラ島北部および西部、フェルナンディナ島)固有種。ガラパゴスコバネウ フレッシュアイペディアより)

  • トゥパック・インカ・ユパンキ

    トゥパック・インカ・ユパンキから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    伝承によると彼は「ニナ・チュンピ(炎の島)」、「ハフア・チュンピ(離島)」と呼んだ島を訪ねたという。この島は、ガラパゴス諸島ではないかとも言われているが、チュンピとは帯を意味し、「取り巻く陸」の比喩であるとするとサンゴ礁の存在を示すように思われることから、トゥアモトゥ、マルキーズ諸島と同程度に遠い西ポリネシアの島に関連するのではないかとも言われている。トゥパック・インカ・ユパンキ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・キッサム・ヴァンダービルト2世

    ウィリアム・キッサム・ヴァンダービルト2世から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    高速でマンハッタンを出ることができる電車の補完としての新しい高速道路を建設。際よの郊外居住車通勤者となるべく、1910年、センターポートに精巧で高価な邸宅イーグルズ・ネストの建設に取り掛かった。人類学、博物学、海洋標本の熱心な収集家で、世界中のあらゆる地域に陸路で行ったり、ヨットに乗り広範囲を旅してまわった。旅行や第一次世界大戦でアメリカ海軍に従事した際の軌跡を示す工芸品などの数々の収集品を列挙した書籍『A Trip Through Sicily, Tunisia, Algeria, and Southern France 』を出版。数年後アメリカ自然史博物館にガラパゴス諸島への科学的航海の学芸員として参加。ウィリアム・キッサム・ヴァンダービルト2世 フレッシュアイペディアより)

  • 群島国家

    群島国家から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    群島国家(ぐんとうこっか, Archipelagic state)は、多数の島で構成される国家のことである。具体的にはフィリピン、インドネシア、フィジー、モーリシャス、パプアニューギニア、バハマなどがこれに該当する。ただし例えばエクアドルのガラパゴス諸島のように、沖合に群島を有する大陸国家はここでいう群島国家には含まれない。群島国家 フレッシュアイペディアより)

  • Hyposmocoma molluscivora

    Hyposmocoma molluscivoraから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    本種の属するHyposmocoma属はハワイ諸島に固有の属で、約350種ほどがこの属に分類されているが、これらの幼虫はみな朽ち木や蘚苔類、あるいは種々の植物を食べており、肉食種は本種しか知られていない。捕食が確認されている貝はハワイマイマイ科のノミガイ属Tornatellidesのもので、大きさは数mm程度で植物の枝葉上にいることが多い。ノミガイ属の貝は日本やガラパゴス諸島も含む太平洋の熱帯から亜熱帯の広い地域に分布しており、とりわけ特殊なものではない。またHyposmocoma属のガもハワイ諸島に多数の種がいるにもかかわらず、なぜ本種だけが貝を専食するように進化したのか、興味深い事例として話題となった。Hyposmocoma molluscivora フレッシュアイペディアより)

  • 熱帯収束帯

    熱帯収束帯から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    南半球が夏となる1月前後には、ギニア湾岸?セーシェル?インドネシア?バヌアツ?フランス領ポリネシア?ガラパゴス諸島?アマゾン付近に分布し、これが最南分布地域となる。熱帯収束帯 フレッシュアイペディアより)

  • 進化的軍拡競走

    進化的軍拡競走から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    以前に進化的軍拡競走にさらされなかった種は、新たな捕食者、競争者と遭遇したときに適応する前に厳しい不利にさらされ、時には絶滅するかも知れない。これはオーストラリア、ハワイ、小笠原諸島や屋久島、ガラパゴス諸島など独立した生態系では一般的な問題である。オーストラリアでは多くの外来種、例えばウサギやヒキガエルは競争種、天敵、エサになる生物の対抗適応の不在によって急速に広まった。進化的軍拡競走は土着の種が外来種によって危険にさらされる原因を説明する。進化的軍拡競走 フレッシュアイペディアより)

  • ラフミ・コチ

    ラフミ・コチから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ヨット「ナゼニン4号」と共に、フェネルバフチェのマリーナから2004年9月19日に出航したラフミ・コチは約2年にも及ぶ世界旅行を始めた。657日に及ぶ28,250海マイルの航海を経て5大陸を旅し、アテネ、コリント、ジブラルタル海峡、カナリア諸島そして、大西洋へと出た。そしてパナマ運河から太平洋へと抜けた。ガラパゴス諸島、ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール、プーケット島、シンガポール、スリランカ、インド。バスラ湾、スエズ運河、サイド港、サモス、ミッディリ、チャナッカレ、ボスフォラス海峡、イスタンブルへと戻りフェネルバフチェのマリーナへ帰港した。ラフミ・コチ フレッシュアイペディアより)

206件中 61 - 70件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード