172件中 61 - 70件表示
  • ワールドクイズ ザ・びっくり地球人!

    ワールドクイズ ザ・びっくり地球人!から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    不振に終わった『ザ・びっくり地球人!』が一旦放送終了、『土曜グランド劇場』再開までの残り3ヶ月間の穴埋め番組として作られた。やす・きよもレギュラーから外れ、福留功男が司会となる。解答形式もそれまでのペア対抗から、男性軍VS女性軍のチーム対抗に変更。同時にビックリさんをクイズで取り上げるのも止め、世界中のあらゆる話題・情報を網羅した内容に変更となった。新装第1回目は「ソウルオリンピック特集」。2回目は福留にちなんで「ガラパゴスに行きたいかーっ」というタイトルだった。ワールドクイズ ザ・びっくり地球人! フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ダンピア

    ウィリアム・ダンピアから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    クックという私掠船長との出会い(1683年)が、ダンピアの前人未踏の業績への道を決定づけた。クックはホーン岬経由で太平洋に入り、1年にわたってスペイン領(ペルー、ガラパゴス諸島、メキシコ)を略奪した。この遠征は徒党を組んで行われ、艦隊は10隻もの船を擁したことさえあった。クックはメキシコで死に、デイヴィス船長が新たな頭目となった。ダンピアはチャールズ・スワン(Charles Swan)の船、シグネット号に転属した。1686年3月31日、彼らは太平洋を越えて東インド(グアム、ミンダナオ)を襲撃することにした。スワン以下37名を除く海賊たちは、マニラ、プロ・コンドール島、中国、香料諸島、ニューホラント(オーストラリア)に達した。ウィリアム・ダンピア フレッシュアイペディアより)

  • ライプツィヒ (軽巡洋艦・初代)

    ライプツィヒ (軽巡洋艦・初代)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    第一次世界大戦の開戦時にはメキシコ沖にあり、8月末にはガラパゴス諸島へ向け南下した。ガラパゴス諸島へ向かう途中でライプツィヒはイギリス船Elsinoreを沈めた。ガラパゴス諸島には9月18日に到着した。ガラパゴス諸島を離れたライプツィヒは砂糖を積んだBankfieldsを沈め、それからペルー沖へ向かったがそこでは何も発見できなかった。そのため、ライプツィヒはイースター島へ向かい、そこで大西洋からやってくる巡洋艦ドレスデンと合流しようとした。10月14日にライプツィヒがイースター島に到着した時、そこにはドレスデンのほかに装甲巡洋艦シャルンホルスト、グナイゼナウ、軽巡洋艦ニュルンベルクも到着していた。ライプツィヒ (軽巡洋艦・初代) フレッシュアイペディアより)

  • カイル・マクドナルド

    カイル・マクドナルドから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    カイルはブリティッシュコロンビア大学で地理学を学び、世界中の南極大陸を含む40の国々を旅してきた。彼の旅行体験の中には、シドニーでスクーターでピザの配達、西オーストラリアでオフロード・バイクでの羊飼いの仕事、タイのバンコクでの偽イタリア人サッカー選手、カンボジアでは機関銃を撃ちまくり、エクアドルのガラパゴス諸島では100枚の葉書を一度に配達、3日間だけノースウエスト準州イエローナイフに引越し、有名なホッキョクグマのかたちをしたナンバー・プレートを手に入れた。そして、旅に出て一年目にあたる2006年7月12日、サスカチュワン州のキプリングで俳優コービン・バーンセンの映画に出演する権利と引き換えにキプリングから二階建ての一軒家を手に入れた。マクドナルドは、同市の一日市長に任命される予定。また市は、世界最大の赤いクリップを製作するとも発表している。カイル・マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴスザメ

    ガラパゴスザメから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    体長2-3mほどになり、大型の個体では3mを越える。名前通りガラパゴス諸島近海をはじめとした東部太平洋付近や大西洋暖海域を生息地にしている。ガラパゴスザメ フレッシュアイペディアより)

  • 動物がお医者さん!?

    動物がお医者さん!?から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    「どこにもないから面白い」という理由で心理学部にアニマルセラピー研究室を作った。度々音信不通になる。ガラパゴスへ行ったまま、潮流の関係で帰って来られなくなっている。動物がお医者さん!? フレッシュアイペディアより)

  • DESERTED ISLAND

    DESERTED ISLANDから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    デザーテッドアイランドの固有種は質、量ともにガラパゴス諸島の比ではない。ヤマアラシ、ヤシ、パパイアといった記載済みの生物も見られるものの、そのほとんどが未発見の新種であり、現在の生物学の分類に全くかすりもしないような、とても地球の生き物とは思えない種も存在する。探検隊もこの島の生態系の不気味さに疑念を抱くようになり、漂流者のメモや謎の球体のメッセージ、そして島の至る所に見られる文明の痕跡からある仮説を立てることになるのだが・・・DESERTED ISLAND フレッシュアイペディアより)

  • フトモモ

    フトモモから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    沖縄では古くから栽培され、現在はあまり栽培されないが、野生化している。また、ハワイ諸島、レユニオン島、ガラパゴス諸島、そしてオーストラリアと中米の一部で野生化して問題となっている。フトモモ フレッシュアイペディアより)

  • マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    「湖のガラパゴス諸島」の異名をとる固有種の多さと進化の多彩さで知られ、とくにシクリッドの数の多さは世界的にも類を見ない(この湖の生態系について、より詳しくはマラウイ湖の項を参照のこと)。マラウイ湖国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 進化的軍拡競走

    進化的軍拡競走から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    以前に進化的軍拡競走にさらされなかった種は、新たな捕食者、競争者と遭遇したときに適応する前に厳しい不利にさらされ、時には絶滅するかも知れない。これはオーストラリア、ハワイ、小笠原諸島や屋久島、ガラパゴス諸島など独立した生態系では一般的な問題である。オーストラリアでは多くの外来種、例えばウサギやヒキガエルは競争種、天敵、エサになる生物の対抗適応の不在によって急速に広まった。進化的軍拡競走は土着の種が外来種によって危険にさらされる原因を説明する。進化的軍拡競走 フレッシュアイペディアより)

172件中 61 - 70件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード