172件中 71 - 80件表示
  • キイロダカラ

    キイロダカラから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    インド洋と太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布する。西は南アフリカ、南はオーストラリア北部、北は南日本やハワイ諸島、東は南北アメリカに程近いガラパゴス諸島やクリッパートン島まで、分布域は広い。日本での分布域は、日本海側で山口県以南、太平洋側で房総半島以南である。キイロダカラ フレッシュアイペディアより)

  • ナスカプレート

    ナスカプレートから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    タイタオ半島沖からイースター島付近までは、太平洋の海底を南北に拡大させているチリ海膨(勾配が緩やかな海嶺)によって、南極プレートと接している。イースター島付近からガラパゴス諸島付近までは、太平洋の海底を東西に拡大させている東太平洋海嶺によって太平洋プレートと接している。ナスカプレート フレッシュアイペディアより)

  • 軌道エレベータ

    軌道エレベータから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    地上側の発着拠点(アース・ポート)は、一般に言われるように赤道上にしか建設できないわけではないが、赤道上であればケーブルにかかる張力を小さくできるので最適である。緯度が上がるほどケーブルにかかる張力が大きくなり、また赤道以外ではケーブルが地面に対して垂直にはならないため、赤道から極端に離れた場所に建設するのは難易度が高くなる。2004年に開かれた軌道エレベータ建設に関する国際会議では、アース・ポートは赤道から南北それぞれ緯度35度以内に建設すべきであることが示された。建設地点としての適性を赤道で100%とすれば、35度で50%となり、そこから先は急速に減少するという。ただし、これは緯度だけを問題にした場合であり、それ以外にも、気象条件や周辺地域の政治的安定性など考慮すべきことは多い。また、ケーブルの振動や熱による伸縮への対策、低軌道の人工衛星や大きなスペースデブリとの衝突の回避などのために、アース・ポートは地上に固定するのではなく海上を移動可能なメガフロートとすることが望ましい。地球の重力場は完全に均一ではないため、赤道上に作るなら西経90度(ガラパゴス諸島付近)および東経73度(モルディブ付近)が最も安定させやすい。ブラッドリー・C・エドワーズらはいくつかの建設候補地を挙げ、その中でも東太平洋の赤道付近とインド洋のオーストラリア西方沖を有望視している。軌道エレベータ フレッシュアイペディアより)

  • マダラトビエイ

    マダラトビエイから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    全世界の熱帯・温帯で見られ、大西洋西部ではノースカロライナからメキシコ湾・カリブ海を経てブラジル南部まで、大西洋東部ではモーリタニアからアンゴラまで、インド太平洋では南アフリカ・紅海・北は日本から南はオーストラリアまで、東太平洋ではカリフォルニア湾からペルーのPuerto Pizarroまで、ガラパゴス諸島・ハワイにも分布する。マダラトビエイ フレッシュアイペディアより)

  • おひさま (朝ドラ)

    おひさま (朝ドラ)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    高齢となった現代でもその行動性は健在で、仕事先のガラパゴス諸島から陽子に電話を寄越している。おひさま (朝ドラ) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の気象・地象・天象

    2008年の気象・地象・天象から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島のイザベラ島でCerro Azul山が噴火、溶岩を噴出。2008年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ダーウィン研究所

    チャールズ・ダーウィン研究所から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    チャールズ・ダーウィン研究所(, ECCD、 , CDRS)は、チャールズ・ダーウィン財団により運営される生物学的研究所である。研究所は、ガラパゴス諸島のサンタ・クルス島にあるプエルト・アヨラの東端に位置しており、イサベラ島およびサン・クリストバル島のサテライト・オフィスでもある。チャールズ・ダーウィン研究所 フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ダンカン

    アダム・ダンカンから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島のピンソン島は、かつてダンカン島と呼ばれていた。アダム・ダンカン フレッシュアイペディアより)

  • ハリエット

    ハリエットから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    もともとハリエットは、チャールズ・ダーウィンによって1835年に初めてガラパゴス諸島で捕獲されたものだと考えられていた。捕獲された時は皿1枚程の大きさであり、6歳だろうと推定された。確かにダーウィンは3匹のカメを捕獲し、ビーグル号で母国イギリスに持って行ったが、遺伝子判定によって、ハリエットはダーウィンが一度も訪れていないサンタクルス島の固有亜種であることが示されているため、ダーウィンが持ちかえったカメではない可能性が高い。ハリエット フレッシュアイペディアより)

  • ボクはしたたか君

    ボクはしたたか君から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    本作の主人公。大沢城小学校の児童で、生まれはガラパゴス諸島。『北斗の拳』のケンシロウのような厳つい風貌をしている反面、頭身は非常に小さい。その体格ゆえに特注の衣服や自転車を持っていたりするが、かなりの大食らいでもあり、野生の中で育ったため、バイタリティが高い。しかし、決して運動神経が優れているわけではなく、少年野球チームでは補欠扱いで泳げない。知能はかなり劣るが、悪知恵はとことん働く。また、物忘れも酷いが、これは流石家全体に言えることである。性格は大胆で粗野に見受けられるが繊細でプライドが高く、傷つけられると落ち込むこともしばしば。非常に根に持つ性格で、やられた相手には倍返しをしなければ気が済まない。しかしながら意外と家族思い。クラスメイトの本田原海に惚れているが彼女にその想いは気づかれていないものの、結構仲良くやっている。ボクはしたたか君 フレッシュアイペディアより)

172件中 71 - 80件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード