206件中 71 - 80件表示
  • ハイブリッドイグアナ

    ハイブリッドイグアナから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    太平洋の南米エクアドル領、ガラパゴス諸島のサウスプラザ島(South Plaza Island)に新たに派生したハイブリッドイグアナは、地球温暖化によって起こると見られる気候変動により海水の温度が大きく変化し、ウミイグアナが主なる食料とする海草が減少し、新たな食料を求めてウミイグアナが島の陸に住みつき、その中の雄が雌のリクイグアナと交配して派生したものである。ハイブリッドイグアナ フレッシュアイペディアより)

  • レッドフィン (潜水艦)

    レッドフィン (潜水艦)から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    レッドフィンは1942年2月16日にウィスコンシン州マニトワックのマニトワック造船で起工する。1943年4月4日にB・B・ワイガント夫人によって進水し、艦長ロバート・D・キング少佐(アナポリス1931年組)の指揮下8月31日に就役する。レッドフィンは10月15日にニューオーリンズを出航し、ガラパゴス諸島、ミルン湾を経て、1944年1月3日にオーストラリアのダーウィンに到着した。レッドフィン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • カマストガリザメ

    カマストガリザメから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    世界中の熱帯・亜熱帯海域に生息する。大西洋ではマサチューセッツ州からブラジル(メキシコ湾・カリブ海を含む)・地中海・マデイラ諸島・カナリア諸島からコンゴ民主共和国。インド洋では南アフリカ・マダガスカルからアラビア半島・インド亜大陸・東南アジア。西太平洋では中国南部からフィリピン・インドネシア・オーストラリア北部。東太平洋ではバハカリフォルニアからペルー。太平洋島嶼では、ニューカレドニア・タヒチ・マルキーズ諸島・ハワイ・レビジャヒヘド諸島・ガラパゴス諸島から報告されている。カマストガリザメ フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・ガーディナー・バトラー

    アーサー・ガーディナー・バトラーから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    ロンドンで生まれた。父親のトーマス・バトラーも大英博物館の職員であった。セントポールの学校で教育を受けた後、サウスケンジントン・アート・スクールで一年間、美術の教育を受けた。 1863年から健康の悪化により1901年に引退するまで、大英博物館で働いた。 1879年に節足動物部門、1895年に昆虫部門のアシスタントキュレーターとなった。昆虫の分野の功績から1893年にWestern University of Pennsylvaniaから名誉博士号を受けた。クモ類学の分野ではオーストラリア、ガラパゴス諸島、マダガスカルのクモの研究で知られる。アーサー・ガーディナー・バトラー フレッシュアイペディアより)

  • フウキンチョウ科

    フウキンチョウ科から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    南北アメリカ(ガラパゴス諸島を含む)の熱帯に生息する。フウキンチョウ科 フレッシュアイペディアより)

  • 世界遺産基金

    世界遺産基金から見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    なお、ガラパゴス諸島とキトの市街という2つの「世界遺産第1号」を抱えるエクアドルは、1979年10月から2013年5月までに上記3分類のすべてを含む56件、総額100万ドル以上の援助を受けている。また、1999年以降、国内の世界遺産がすべて危機遺産になっているコンゴ民主共和国の世界遺産に対しても、1979年から2012年までに41件、総額100万ドル以上の援助が行われており、こちらも上記3分類のすべてを含んでいる。世界遺産基金 フレッシュアイペディアより)

  • アカアシカツオドリ

    アカアシカツオドリから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    Sula sula websteri - 亜種ガラパゴスアカアシカツオドリ。メキシコ西部沖の島々、中央アメリカ、ガラパゴス諸島に生息する。アカアシカツオドリ フレッシュアイペディアより)

  • イワガニ

    イワガニから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    日本では北海道以南の各地に分布し、日本以外では朝鮮半島、ハワイ諸島、ガラパゴス諸島、オレゴン州以南の北アメリカ太平洋岸に分布する。これまで日本の分布は自然分布ではなく北アメリカから移入してきた外来種と考える説もあったが、ミトコンドリアDNAのハプロタイプ分析により遺伝的な分化の時代を確認したところ、太平洋西岸(アジア)と東岸(北米)の集団が分岐した年代は80万年から120万年前の更新世であることが判明し、自然分布であることが明らかになっている。イワガニ フレッシュアイペディアより)

  • アカメカモメ

    アカメカモメから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    アカメカモメはガラパゴス諸島に繁殖するほぼ固有の鳥であり、主な繁殖地はエスパニョラ島(英: フッド島)、ヘノベサ島(英: タワー島)、ウォルフ島(英: ウェンマン島)の岩礁海岸や絶壁だが、それ以外の島々でも少数が繁殖する。とくに海水温の高い東の島々に多い。少数のつがいがコロンビアの沖合のマルペロ島に営巣する。非繁殖期には完全に遠洋にいて、外洋上で飛翔して捕食し、エクアドルやペルーの沿岸へと東に渡る。アカメカモメ フレッシュアイペディアより)

  • セレブリティ・エクスペディション

    セレブリティ・エクスペディションから見たガラパゴス諸島ガラパゴス諸島

    小型クルーズ客船であり、一般的なクルーズ客船と異なり小規模な船を好む層、比較的若く教養のある層をターゲットとしている。現在、主にガラパゴス諸島のクルーズに就航しており、吃水の低い小型船の利点により大型のクルーズ客船が侵入できない海域を訪れることが可能となっている。セレブリティ・エクスペディション フレッシュアイペディアより)

206件中 71 - 80件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード