58件中 21 - 30件表示
  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たフンボルト海流

    ガラパゴスペンギン - 世界で3番目に小さく、唯一の熱帯性種であるペンギン。フンボルト海流から流れる魚類を餌にしているが、近年のエルニーニョ現象により餌が減り、個体数も減少した。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た小笠原諸島

    また、このような経過から、特異な生物相を持つ島嶼のことを「○○のガラパゴス」と呼ぶことがある。日本では琉球列島や小笠原諸島がそう呼ばれるが、琉球列島はかつて大陸や日本列島と陸続きで、そこから侵入した生物相が元になっている点、海洋島へ漂着した生物を起源とするガラパゴスのそれとは性格が異なる。したがって、その意味では小笠原をこう呼ぶ方が理にかなっていると言える。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たナスカプレート

    ガラパゴス諸島の島々は、現在のフェルナンディナ島に位置するホットスポット (Galápagos hotspot) の火山活動によって代々形成されたと考えられている。ガラパゴス諸島一帯に位置するプレートの1つであるナスカプレートが年間数センチメートルずつ南東へ移動しているため、形成された島々も南東に移動している。南東側から西に向かって順に新しい島になっており、現存する島ではエスパニョラ島が最も古く、今から300-500万年ほど前に誕生したとされている。西側の島ほど噴火活動が活発で、東に行くほど火山活動は小さい。古い島は島を構成する岩石が古く侵食が進んでおり、そのうち海に沈むと考えられている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た天敵

    各大陸とは隔絶された独自の進化を遂げた固有種が多く存在する。天敵になるような大型の陸棲哺乳類が存在しない。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た固有種

    各大陸とは隔絶された独自の進化を遂げた固有種が多く存在する。天敵になるような大型の陸棲哺乳類が存在しない。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た琉球諸島

    また、このような経過から、特異な生物相を持つ島嶼のことを「○○のガラパゴス」と呼ぶことがある。日本では琉球列島や小笠原諸島がそう呼ばれるが、琉球列島はかつて大陸や日本列島と陸続きで、そこから侵入した生物相が元になっている点、海洋島へ漂着した生物を起源とするガラパゴスのそれとは性格が異なる。したがって、その意味では小笠原をこう呼ぶ方が理にかなっていると言える。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た捕鯨船

    大航海時代には捕鯨船によるゾウガメの捕食やヤギの繁殖が起こり、1832年にエクアドルが領有を宣言すると、次々と入植されていった。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た哺乳類

    各大陸とは隔絶された独自の進化を遂げた固有種が多く存在する。天敵になるような大型の陸棲哺乳類が存在しない。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た鳥類

    その他の鳥類はガラパゴス諸島の野鳥一覧を参照。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たハイブリッドイグアナ

    最近の調査ではウミイグアナとガラパゴスリクイグアナの共存関係が崩れだし、ウミイグアナとガラパゴスリクイグアナの交尾によって生まれた子供は、両方の遺伝子を持ち、ガラパゴスリクイグアナにはない鋭い爪が生えている。これをハイブリッドイグアナと呼ぶが、繁殖力はない。また前記にあるエルニーニョ現象の影響で、体長が25%も短いイグアナが発見され問題視されている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード