55件中 41 - 50件表示
  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たガラパゴスゾウガメ

    ガラパゴスゾウガメ - 大型のリクガメ。甲羅がドーム型のものと鞍型のものに分けられる。島ごとに多くの亜種に分かれるがそれを独立種とする説もある。主に、果実・木の実などを食べる。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たソコトラ島

    ソコトラ島 -「インド洋のガラパゴス」の異名をもつ島。とくに植物に独自の進化を遂げたものが多い。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た手紙

    ガラパゴス諸島の中のフロレアナ島のポスト・オフィス湾には、無人の郵便局が存在する。郵便局とは名ばかりで木製のポストが置いてある簡素な郵便局であり、手紙を回収にくる郵便局員もいない。海賊船の時代が終わり捕鯨船の時代に入った18世紀末ごろ設置されたとされ、船乗り達がこのビーチに樽を置いて郵便を投函しておくと、立ち寄った別の船が自国宛ての郵便があれば持ち帰って届けてくれた習慣に湾の名前は由来している。今でも観光客が真似てこの郵便局に手紙を残し、残した数だけ自国宛ての手紙を探して持ち帰り、帰国した際に切手を貼って送る慣習になっている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た海賊

    1535年、スペイン人の司教フレイ・トマス・デ・ベルランガが、同国による侵略により得たインカ帝国内の領地へ伝道師として向かう航海の途中、偶然に発見した。その後ガラパゴス諸島は、スペイン船の金などの積載物を狙う海賊の隠れ家として利用され、海賊の中には地図を作ったり、島を命名した者もいた。海賊は食料のヤギを島に放した。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た大航海時代

    大航海時代には捕鯨船によるゾウガメの捕食やヤギの繁殖が起こり、1832年にエクアドルが領有を宣言すると、次々と入植されていった。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たヘノベサ島

    ヘノベサ島(, タワー島、)ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たガラパゴスペンギン

    ガラパゴスペンギン - 世界で3番目に小さく、唯一の熱帯性種であるペンギン。フンボルト海流から流れる魚類を餌にしているが、近年のエルニーニョ現象により餌が減り、個体数も減少した。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たスペイン

    1535年、スペイン人の司教フレイ・トマス・デ・ベルランガが、同国による侵略により得たインカ帝国内の領地へ伝道師として向かう航海の途中、偶然に発見した。その後ガラパゴス諸島は、スペイン船の金などの積載物を狙う海賊の隠れ家として利用され、海賊の中には地図を作ったり、島を命名した者もいた。海賊は食料のヤギを島に放した。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たビーグル (帆船)

    チャールズ・ダーウィンが測量船ビーグル号に乗船し進化論の着想を得ることになった航海で訪れたことは有名である。ダーウィンは航海の後半、1835年9月15日から10月20日まで滞在した。その間ビーグル号は初めて諸島の地理調査を精密に行った。当時の記録は、彼の『ビーグル号航海記』で読むことが出来る。英名チャタム、チャールズ、オーグマール、ジェームズなどの島々で観察した動物相は、南米での調査の経験と共に、進化論のヒントとなった。航海でもっとも印象に残ったことの一つとして、ガラパゴス諸島の動植物が南米のものによく似ていることを挙げている。そして諸島滞在時には気づいていなかったが、イギリスに帰国後、生物の種とは当時信じられていたように不変な物ではなく、変化しうるのではないかと考えるようになった。島には彼を記念した研究所「チャールズ・ダーウィン研究所」が1964年に開設され、現在でも、野生生物の保護・調査に当たっている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た切手

    ガラパゴス諸島の中のフロレアナ島のポスト・オフィス湾には、無人の郵便局が存在する。郵便局とは名ばかりで木製のポストが置いてある簡素な郵便局であり、手紙を回収にくる郵便局員もいない。海賊船の時代が終わり捕鯨船の時代に入った18世紀末ごろ設置されたとされ、船乗り達がこのビーチに樽を置いて郵便を投函しておくと、立ち寄った別の船が自国宛ての郵便があれば持ち帰って届けてくれた習慣に湾の名前は由来している。今でも観光客が真似てこの郵便局に手紙を残し、残した数だけ自国宛ての手紙を探して持ち帰り、帰国した際に切手を貼って送る慣習になっている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード