58件中 41 - 50件表示
  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たヘノベサ島

    ヘノベサ島(, タワー島、)ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た欧米

    やがて航空路や横断道路が建設されると欧米を中心に観光客が訪れるようになり、環境破壊も深刻になった。今ではダーウィン研究所や国立公園管理事務所の設置、世界遺産への登録、観光客に対するナチュラリストガイド制度などの厳重な自然保護対策を講じている。観光客は、足元を洗ってからでないと上陸させないほどの保護体制を取っているが、未だ存在する入植されたヤギや、近年のエルニーニョ現象など問題もある。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たガラパゴスペンギン

    ガラパゴスペンギン - 世界で3番目に小さく、唯一の熱帯性種であるペンギン。フンボルト海流から流れる魚類を餌にしているが、近年のエルニーニョ現象により餌が減り、個体数も減少した。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たスペイン

    この島々が人間に発見されたのは1535年であるとされる。スペイン人の司教が、同国による侵略により得たインカ帝国内の領地へ伝道師として向かう航海の途中、偶然に発見した。ただしハイエルダールなどはそれ以前にインカ人などが訪れていたと論じ、実際に壺にあたる土器なども発掘している。しかし少なくとも永続的に定住はしていなかったようで、上記発見の時には無人島であった。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たウォルフ島

    ウォルフ島(, ウェンマン島、)ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たサンチャゴ島 (ガラパゴス)

    サンチャゴ島(, サン・サルバドル島、, ジェームズ島、)ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たビーグル (帆船)

    チャールズ・ダーウィンが測量船ビーグル号に乗船し進化論の着想を得ることになった航海で訪れたことは有名である。ダーウィンは航海の後半、1835年9月15日から10月20日まで滞在した。その間ビーグル号は初めて諸島の地理調査を精密に行った。当時の記録は、彼の『ビーグル号航海記』で読むことができる。英名チャタム、チャールズ、オーグマール、ジェームズなどの島々で観察した動物相は、南米での調査の経験とともに、進化論のヒントとなった。航海でもっとも印象に残ったことの一つとして、ガラパゴス諸島の動植物が南米のものによく似ていることを挙げている。そして諸島滞在時には気づいていなかったが、イギリスに帰国後、生物の種とは当時信じられていたような不変の物ではなく、変化しうるのではないかと考えるようになった。島には彼を記念した研究所「チャールズ・ダーウィン研究所」が1964年に開設され、現在でも、野生生物の保護・調査に当たっている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見た切手

    ガラパゴス諸島の中ののポスト・オフィス湾には、無人の郵便局が存在する。郵便局とは名ばかりで木製のポストが置いてある簡素な郵便局であり、手紙を回収にくる郵便局員もいない。海賊船の時代が終わり捕鯨船の時代に入った18世紀末ごろ設置されたとされ、船乗り達がこのビーチに樽を置いて郵便を投函しておくと、立ち寄った別の船が自国宛ての郵便があれば持ち帰って届けてくれた習慣に湾の名前は由来している。今でも観光客が真似てこの郵便局に手紙を残し、残した数だけ自国宛ての手紙を探して持ち帰り、帰国した際に切手を貼って送る慣習になっている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たチャールズ・ダーウィン研究所

    チャールズ・ダーウィンが測量船ビーグル号に乗船し進化論の着想を得ることになった航海で訪れたことは有名である。ダーウィンは航海の後半、1835年9月15日から10月20日まで滞在した。その間ビーグル号は初めて諸島の地理調査を精密に行った。当時の記録は、彼の『ビーグル号航海記』で読むことができる。英名チャタム、チャールズ、オーグマール、ジェームズなどの島々で観察した動物相は、南米での調査の経験とともに、進化論のヒントとなった。航海でもっとも印象に残ったことの一つとして、ガラパゴス諸島の動植物が南米のものによく似ていることを挙げている。そして諸島滞在時には気づいていなかったが、イギリスに帰国後、生物の種とは当時信じられていたような不変の物ではなく、変化しうるのではないかと考えるようになった。島には彼を記念した研究所「チャールズ・ダーウィン研究所」が1964年に開設され、現在でも、野生生物の保護・調査に当たっている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たウチワサボテン

    ガラパゴスリクイグアナ - には別種サンタフェリクイグアナ Conolophus pallidus が生息しており、その他の島には本種 Conolophus subcristatus が生息していたが、既に絶滅した島もある。主にウチワサボテンを食べるが、移入されたヤギによって食料が奪われ、存続が危ぶまれている。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「ガラパゴス諸島」のニューストピックワード