前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
711件中 1 - 10件表示
  • マクスウェル・フライ

    マクスウェル・フライから見たガーナガーナ

    1951年 アディサデル大学、ガーナマクスウェル・フライ フレッシュアイペディアより)

  • テシ

    テシから見たガーナガーナ

    テシ(英語:Teshie)はガーナ南東部の大アクラ州南西部のレヅォクク・クロウォル郡の郡都。テシ フレッシュアイペディアより)

  • スンヤニ

    スンヤニから見たガーナガーナ

    スンヤニ(英語:Sunyani)はガーナ中部のブロング=アハフォ州の州都。スンヤニ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカネイションズカップ2008

    アフリカネイションズカップ2008から見たガーナガーナ

    アフリカネイションズカップ2008 ()は、第26回目のアフリカネイションズカップであり、アフリカ各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。また、南アフリカの多国籍電気通信企業であるMTNグループが協賛企業に参加していた為MTNアフリカネイションズカップ(MTN Africa Cup of Nations)と呼ばれていた。ガーナで2008年1月20日から2月10日まで行われ、エジプトが2大会連続6度目の優勝を果たした。アフリカネイションズカップ2008 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・サンカラ

    トーマス・サンカラから見たガーナガーナ

    当初医者を志していたが、経済的理由から士官学校に入学し、在学中にマルクス主義の影響を受けた。1970年から1972年までマダガスカルの軍事学校へ留学している。1974年に隣のマリ共和国との間でオートボルタ北部国境を巡る紛争が勃発すると、その中で頭角を現し、また、同時期に盟友となるブレーズ・コンパオレと出会っている。紛争後、オートボルタ南部のポにて落下傘部隊に所属し、その傍らで軍内高級将校を批判する政治活動を始めた。1980年にクーデターでゼルボ政権が成立すると1981年9月に情報部長官に任命されたが、1982年5月には職を辞している。1982年11月のクーデター後、民衆のサンカラ人気を背景に1983年1月に首相に任命された。首相となったサンカラにはアフリカの盟主を目指していたリビアのカダフィ大佐が接近し、サンカラもこれに応じてリビア、キューバ、アルジェリア、ガーナ、ベナンなど社会主義国との接近を図った。1983年5月に政府から拘禁されたが、この事件はフランスのミッテラン大統領の意向を受けたものだと民衆には受け止められ、同年7月に自らの同志であるブレーズ・コンパオレが組織したクーデターによってウエドラオゴ大統領は辞任、1983年8月4日に33歳の若さで第5代オートボルタ共和国大統領に就任した。クーデターは当時、チャドにおいてフランスと開戦寸前の状態にあったリビアの支持を受けた。トーマス・サンカラ フレッシュアイペディアより)

  • エマニュエル・フリンポン

    エマニュエル・フリンポンから見たガーナガーナ

    エマニュエル・ヤウ・フリンポン(Emmanuel Yaw Frimpong, 1992年1月10日 - )は、ガーナ・クマシ出身のサッカー選手。元同国代表。エルミス・アラディプ所属。ポジションはMF。ガーナ系ノルウェー人サッカー選手のを従兄弟にもつ。エマニュエル・フリンポン フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の西アフリカエボラ出血熱流行

    2014年の西アフリカエボラ出血熱流行から見たガーナガーナ

    シエラレオネ、マリ、ガーナでも疑わしい患者が見つかったが、臨床サンプルはエボラウイルス陰性だった。5月には、ギニアの状態も改善に向かっており、ゲケドゥを除いて新たな感染者は報告されなかった。2014年の西アフリカエボラ出血熱流行 フレッシュアイペディアより)

  • プランテン

    プランテンから見たガーナガーナ

    ガーナでは、茹でたプランテンをコントミレ(ココヤムの葉)のシチュー、キャベツのシチュー、ファンティ・ファンティと呼ばれる魚のシチュー等と共に食する。茹でたプランテンを芋類のペースト、胡椒、タマネギ、パーム油と混ぜることでエトという料理になり、アボカドと共に豚肉以外と食される。熟したプランテンを炒め、黒目豆(ササゲの一種)と共にパーム油で調理したものがポピュラーな朝食である。ガーナの軽食である(Kelewele)は、香辛料で味付けした熟したプランテンをパーム油や植物油で揚げたものである。プランテン フレッシュアイペディアより)

  • シアバター

    シアバターから見たガーナガーナ

    シアバターはシアーバターノキの種子から作られ、主にナイジェリア、マリ、ブルキナファソ、ガーナで生産されている。食用や薬として用いられるほか石鹸やクリームなどにも配合される。ロレアル、ザ・ボディショップ、ロクシタン、ビーバイイーがシアバターの効能に着目し、製品化したことで広く知られるようになった。伝統的に国内で消費されていたが、経済が植民地時代に形成されたモノカルチャー構造の第一次産業に依存する西アフリカ諸国にとって、近年は重要な輸出品目となっている。シアバター フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンデル・テッテイ

    アレクサンデル・テッテイから見たガーナガーナ

    アレクサンデル・テッテイ (Alexander Banor Tettey 1986年4月4日 - )は、ガーナの首都アクラ出身のノルウェー代表サッカー選手。プレミアリーグのノリッジ・シティFCに所属している。ポジションはミッドフィールダー。アレクサンデル・テッテイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
711件中 1 - 10件表示

「ガーナ」のニューストピックワード