490件中 91 - 100件表示
  • 国際保健

    国際保健から見たガーナガーナ

    1997年、デンバーで開催されたG8サミットで、橋本龍太郎首相(当時)は寄生虫症の国際的対策の重要性を訴えた。翌年のバーミンガムサミットでは、この提言が「感染症及び寄生虫症に関する相互協力を強化し、これからの分野における世界保健機関の努力を支援すること」とコミュニケに盛り込まれ、世界は21世紀に向けた国際寄生虫戦略を、国際政治上の最も高いコミットを受けて展開してゆくこととなった。この提唱を「橋本イニシアチブ」と呼ぶ。現在まで、独立行政法人国際協力機構(JICA) を通し、タイ・マヒドン大学、ケニア・ケニア中央医学研究所、ガーナ・野口記念研究所に寄生虫対策の拠点「Centres of International Parasite Control: CIPACs」が開設され、人材開発プロジェクトを中心とした寄生虫対策が拠点周辺諸国を含めて展開されている。国際保健 フレッシュアイペディアより)

  • フジインターナショナルミント

    フジインターナショナルミントから見たガーナ共和国ガーナ

    現在、日本唯一の民間鋳造所として世界の主要中央銀行、国立銀行、主権独立国から法定記念貨幣の一貫業務を受託し、ニュージーランド領クック諸島政庁、北マリアナ連邦政庁、パラオ共和国、キリバス共和国、ザンビア共和国、ソマリア民主共和国、ガーナ共和国、コンゴ民主共和国、マルタ騎士団政庁、モンゴル中央銀行など11ヶ国以上の国と地域より記念貨幣の企画、鋳造、販売を受託している。フジインターナショナルミント フレッシュアイペディアより)

  • オーラム・インターナショナル

    オーラム・インターナショナルから見たガーナガーナ

    ココア(カカオ)に関しては、オーラム社は世界最大規模の取扱業者である。カカオの生産は、カカオ豆のみならず、カカオ豆から加工されることで生産されるカカオ・バター、ココア飲料、ココアパウダーも含まれる。オーラム社のカカオ事業は1992年のナイジェリア事業が基点となっており、アフリカ、アジアに輸出されてきた。カカオ事業は、ナイジェリアのみならず、カメルーンやインドネシアにも拡大している。また、1998年に、ガーナにオフィスを設けることで、カカオ貿易の首位の座を築くことに成功している。オーラム・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • ヘイスティングズ・カムズ・バンダ

    ヘイスティングズ・カムズ・バンダから見たガーナガーナ

    彼が誕生した当時、マラウイはイギリス領北ローデシアの一地方であり、ニヤサランドと呼ばれていた。初等教育を3年間受け、南ローデシア(現在のジンバブエ)、南アフリカ連邦(南アフリカ共和国)などで働き、中等教育を受ける。教会の援助を受けて留学。学士号、博士号を取得。スコットランドで医学教育を受け、1938年エディンバラで開業。1945年にはロンドンで開業した。長老派教会会員でもあり続けた。ロンドンの医院ではエンクルマ(後のガーナ大統領)やケニヤッタ(後のケニア大統領)との交友関係を築いた。1953年から1957年までガーナ中部の都市ケマシに滞在した。ヘイスティングズ・カムズ・バンダ フレッシュアイペディアより)

  • バーソロミュー・ロバーツ

    バーソロミュー・ロバーツから見たガーナガーナ

    1か月後の3月28日、イギリス史上最も大規模な海賊裁判が西アフリカのケープ・コースト城(現ガーナ。奴隷貿易で悪名高い建物で世界遺産の1つ)で始まった。バーソロミュー・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェリアの手紙

    ナイジェリアの手紙から見たガーナガーナ

    この詐欺の舞台となる国はほとんどがナイジェリアだが、ほかにもジンバブエ、ガーナ、コートジボワール、南アフリカその他西アフリカ諸国が使われる。また詐欺の発信元は、アムステルダム、ロンドン、マドリード、トロントなどアフリカからの移民が多く住む国も多い。ナイジェリアの手紙 フレッシュアイペディアより)

  • 今井了介

    今井了介から見たガーナガーナ

    2003年にはチャリティープロジェクト『VOICE OF LOVE』を主宰、国際環境NGO FoE Japanを介してフィリピン、ガーナへの学校建設や楽器のプレゼントなど音楽を通しての社会貢献活動も行う。今井了介 フレッシュアイペディアより)

  • ファンティ語

    ファンティ語から見たガーナガーナ

    ファンティ語(Fante、Fanti、Mfantse)はクワ語群に属する言語である。アカン語の方言と分類される。話者はガーナのセントラル州に居住するファンティ族の人々である。ファンティ語 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ド・ギランゴー

    ルイ・ド・ギランゴーから見たガーナガーナ

    1961年ガーナ大使を経て、1972年から1976年までフランス国連代表。国連安保理の議長も務めた。ルイ・ド・ギランゴー フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・オウス

    ダニエル・オウスから見たガーナガーナ

    ダニエル・オウス(Daniel Owusu、1989年6月13日 - )は、ガーナ出身のサッカー選手。ポジションはMF。フラムが保有権を所持している。2009-2010シーズンはベルギーのKVトゥルンハウトにローン移籍中である。ダニエル・オウス フレッシュアイペディアより)

490件中 91 - 100件表示

「ガーナ」のニューストピックワード