711件中 101 - 110件表示
  • バマコ・アリョン・ブロンダン・ベイヤ平和維持学校

    バマコ・アリョン・ブロンダン・ベイヤ平和維持学校から見たガーナガーナ

    バマコ・アリョン・ブロンダン・ベイヤ平和維持学校は2つあるネットワークの一つを構成している。第一に、西アフリカ諸国経済共同体加盟国であるナイジェリアにある国防大学校が戦略級を担当しており、これを補完すべく、ガーナには実務級を担当するコフィ・アナン国際平和維持訓練センターが、そして戦術級を担当する本校の以上3つのセンターが設けられている。第二に、アフリカ平和維持訓練協会(African Peace Support trainers Association、APSTA)の一つである。教育の枠組みは国際連合、アフリカ連合、その他地域機関すべての平和維持活動に参加できるようにしている。バマコ・アリョン・ブロンダン・ベイヤ平和維持学校 フレッシュアイペディアより)

  • ジーザス要塞

    ジーザス要塞から見たガーナガーナ

    2011年、UNESCOの世界遺産に登録されるに当たり、他の類似案件との比較検討が実施された。比較対象となったのは、ガーナのエルミナ城 、ガンビアのクンタ・キンテ島 、モザンビークの、タンザニアのキルワ・キシワニ 、インドのレッド・フォート及びである。ジーザス要塞 フレッシュアイペディアより)

  • 1961年ニヤサランド立法議会選挙

    1961年ニヤサランド立法議会選挙から見たガーナガーナ

    マラウイは、19世紀末の1890年にイギリスによりシーレ高地保護領として保護領化が宣言されて以降、長らくイギリスの保護領とされていた。保護領下では白人入植者の権限が極めて強く、先住民族の参政権などを含む諸権利は強く制限されていた。第二次世界大戦後、アフリカ諸国では独立の気運が高まり、1957年にサハラ以南のブラックアフリカの独立国家第一号としてガーナが誕生したのを初めとして、1960年にアフリカの年と呼ばれる17カ国もの国家が独立を迎えた。ローデシア・ニヤサランド連邦内でも1950年代後半には黒人による反乱が発生しており、イギリスによる連邦政府の維持が既に困難な状態となっていた。そのため、ローデシア・ニヤサランド連邦を解体し、特に在住する白人の多かった南ローデシアを北ローデシア(後のザンビア)とニヤサランド(後のマラウイ)から分離して、白人の利益確保を中心に行う方向へと転換することとなった。1961年ニヤサランド立法議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • アハメド・フォディ・サンコー

    アハメド・フォディ・サンコーから見たガーナガーナ

    出生や生い立ちは不明。弟にアマリニー・サンコーがいる。の出身でシエラレオネがまだイギリスの植民地時代だった1956年にイギリス西アフリカ陸軍に入隊し、伍長の階級で写真撮影係を担当していた。1971年のクーデター未遂事件に連座して数年間を獄中で過ごし、1977年に釈放され、ガーナへ亡命した。サンコーはイスラム教徒で、1980年にはアメリカのブラック・ムスリムのメンバーに会いに渡米していた。写真家として西アフリカ諸国を転々と移動した後、1987年にリビアで革命のためのゲリラ養成訓練を受け、1991年には主に、黒人イスラム教徒を中心とした反政府勢力革命統一戦線(RUF)を組織、シエラレオネを内戦に巻き込むこととなった。アハメド・フォディ・サンコー フレッシュアイペディアより)

  • ジャングルサップ

    ジャングルサップから見たガーナガーナ

    中央アフリカのジャングルに自生し、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、中央アフリカ共和国、アンゴラ、ザンビア、ガーナ、ニジェール、ガボン、カメルーンにまたがる。低地の熱帯雨林の淵に沿ってサバンナ、とりわけ水はけの良い土壌を形成する川に隣接した地域で生育する。ジャングルサップ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナの医療

    ガーナの医療から見たガーナガーナ

    ガーナの医療(Healthcare in Garna)はガーナ保健省が所管しており、大部分は政府よりを通して提供される。ユニバーサルヘルスケアが達成され、全ガーナ人口の97.5%がプライマリヘルスケアにアクセス可能である。ガーナの医療制度はアフリカ諸国において最も成功したものであるとビル&メリンダ・ゲイツ財団は評している。ガーナの医療 フレッシュアイペディアより)

  • パリメ

    パリメから見たガーナガーナ

    パリメ(Kpalimé、またはPalimé)は、トーゴの都市。人口75,084人(2010年)。トーゴ南部に位置し、高原州に属する。Kloto県の県都である。首都ロメからは125km北西に位置し、ガーナとの国境にほど近い。ロメとの間は道路で結ばれ、またロメから伸びるトーゴ鉄道支線の終着駅でもある。主産業は織物産業や周辺に広がるカカオ農園からのカカオの集散である。パリメの名所としては1913年に建てられたカトリックの教会や、美しいヴォルタ湖の遠景、それに近郊にあるトーゴ最高峰のアグー山(986m)である。名物料理は骨入りチキンスープとフーフーである。パリメ フレッシュアイペディアより)

  • ロックフィルダム

    ロックフィルダムから見たガーナガーナ

    ファイル:Akosombo Dam.jpg|アコソンボダム(ガーナ)高さ 134 mロックフィルダム フレッシュアイペディアより)

  • トウィ語

    トウィ語から見たガーナガーナ

    トウィ語(Twi, )は、ガーナ共和国で話される言語の一つである。クワ語族・アカン語の方言に分類され、話者は約600万人。トウィ語には種族により多くの区分があるが、相互に通じやすい。トウィ語 フレッシュアイペディアより)

  • アサンテ方言

    アサンテ方言から見たガーナガーナ

    アサンテ方言(アサンテほうげん、)はガーナ南部で、アカン語の雅語として使用されている3つの方言のひとつである。他の2つ方言はアクアペム方言とファンティ語である。アサンテ方言は、かつてのアシャンティ王国の首都であり、現在のアシャンティ州の州都であるクマシとその周辺で話されている。アサンテ方言 フレッシュアイペディアより)

711件中 101 - 110件表示