490件中 11 - 20件表示
  • アダングメ語

    アダングメ語から見たガーナガーナ

    アダングメ語 (Adangme、またはDangme)はクワ語群に属する言語である。話者はガーナ南東部に居住し、その話者数は約80万人である。アダングメ語 フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・アビエーション ブルドッグ

    スコティッシュ・アビエーション ブルドッグから見たガーナガーナ

    Model 122: ガーナ向けの輸出モデル。6機製造。スコティッシュ・アビエーション ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 片上慶一

    片上慶一から見たガーナガーナ

    英語研修、在マレーシア大使館、内閣官房長官秘書官(小渕・森内閣)、在アメリカ大使館総務担当公使、大臣官房人事課長、欧州局参事官を歴任し、2008年駐ガーナ大使に就任。片上慶一 フレッシュアイペディアより)

  • アンイイ族

    アンイイ族から見たガーナガーナ

    アンイイ族(アンイイぞく、Anyi)は、ガーナに住む、西アフリカ黒人部族。アンイイ族 フレッシュアイペディアより)

  • クインシー・オウス=アベイエ

    クインシー・オウス=アベイエから見たガーナガーナ

    クインシー・ジェームス・オウス=アベイエ(Quincy James Owusu-Abeyie, 1986年4月15日 - )は、ガーナのサッカー選手。ポジションはフォワード(CF, LWG)。パナシナイコスFC所属。クインシー・オウス=アベイエ フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・タゴエ

    プリンス・タゴエから見たガーナガーナ

    プリンス・タゴエ(Prince Tagoe, 1986年11月9日 - )はガーナ出身の同国代表のサッカー選手。ポジションはフォワード。プリンス・タゴエ フレッシュアイペディアより)

  • クワドォー・アサモア

    クワドォー・アサモアから見たガーナガーナ

    クワドォー・アサモア(Kojo Kwadwo Asamoah, 1988年12月9日 - )は、ガーナ・アクラ出身のサッカー選手。ユヴェントスFC所属。ポジションはMF。運動量豊富で、攻守に優れた選手。クワドォー・アサモア フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥル・ラヒム・アイェウ

    アブドゥル・ラヒム・アイェウから見たガーナガーナ

    アブドゥル・ラヒム・アイェウ(Abdul Rahim Ayew, 1988年4月16日 - )は、ガーナのサッカー選手。ガーナ・タマレ出身。ポジションは守備的ミッドフィルダー。ジュピラーリーグ、リールセSK所属。アブドゥル・ラヒム・アイェウ フレッシュアイペディアより)

  • 越川和彦

    越川和彦から見たガーナガーナ

    千葉県出身。1980年に一橋大学法学部を卒業し、外務省入省。同期入省に末松義規(内閣府副大臣)、片上慶一(駐ガーナ大使)、山崎純 (外交官)、山田文比古(東京外国語大教授)等。研修言語はスペイン語。越川和彦 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス帝国

    イギリス帝国から見たガーナガーナ

    しかし、1880年代に入るまでは沿岸部にいくつかの拠点を建設していたものの、エジプトと南アフリカを除けばそれほど内陸部への進出は行われていなかった。デイヴィッド・リヴィングストンなどによって内陸部の探検は行われていたものの、植民地化とイコールというわけではこの時期はなかった。1880年代に入るとベルギーのコンゴ川流域進出を皮切りに、内陸部の市場化が求められるようになり、1884年にベルリン会議が開かれて沿岸部の支配者が後背地の支配権も認められるようになった。これによってアフリカ分割が急速に進み、わずか30年でアフリカはほぼ完全にヨーロッパ諸国によって分割された。イギリスもこの動きに乗って、この時期に東アフリカのケニア、タンザニア、西アフリカのナイジェリア、ガーナなどを次々と植民地化していった。イギリス帝国 フレッシュアイペディアより)

490件中 11 - 20件表示

「ガーナ」のニューストピックワード