711件中 11 - 20件表示
  • 国際連合非自治地域リスト

    国際連合非自治地域リストから見たガーナガーナ

    border|25x20px イギリス領ゴールドコースト - 1957年、「ガーナ共和国」としてイギリスから独立。国際連合非自治地域リスト フレッシュアイペディアより)

  • アダングメ語

    アダングメ語から見たガーナガーナ

    アダングメ語 (アダングメご、Adangme)はに属する言語である。話者はガーナ南東部に居住し、その話者数は約80万人である。アダングメ語 フレッシュアイペディアより)

  • アンイイ族

    アンイイ族から見たガーナガーナ

    アンイイ族(アンイイぞく、Anyi)は、ガーナに住む、西アフリカ黒人部族。アンイイ族 フレッシュアイペディアより)

  • ガーナの国章

    ガーナの国章から見たガーナガーナ

    ガーナの国章(ガーナのこくしょう)は、アフリカ西部の国、ガーナ共和国の紋章。現在の国章は、英領ゴールド・コーストの末期であった1957年3月4日、エリザベス2世によって導入された。ガーナの国章 フレッシュアイペディアより)

  • キム・グラント

    キム・グラントから見たガーナガーナ

    キム・タイロン・グラント(Kim Tyrone Grant, 1972年9月25日 - )は、ガーナ・セコンディ・タコラディ出身の元同国代表の元サッカー選手。現サッカー指導者・経営者。ポジションはフォワード。キム・グラント フレッシュアイペディアより)

  • オスカー・オットー

    オスカー・オットーから見たガーナガーナ

    オスカー・フォフィエ・オットー(Ansger Fofie Otto、 1989年10月17日 - )は、ガーナ出身のプロサッカー選手。ポジションは、フォワード。オスカー・オットー フレッシュアイペディアより)

  • グベ語群

    グベ語群から見たガーナガーナ

    グベ語群(Gbe languages)は、ガーナ東部からナイジェリア西部に広がる約20個の言語の集合体(言語クラスター)である。グベ語群の総話者数は400万人から800万人である。属する言語で最も話者数が多いのはエウェ語(ガーナおよびトーゴで話されており、第二言語話者含めて300万人)であり、続いてフォン語(170万人)である。かつてはニジェール・コンゴ語族のに属するとされたが、最近はに属すると分類されている。グベ語群 フレッシュアイペディアより)

  • 民間大使

    民間大使から見たガーナガーナ

    特に沖縄県や愛知県名古屋市では、行政が市民ないし学生に対し、国際交流を委嘱している事例が見られ、諸外国との学術・文化・経済など多様な面で交流が図られている。特に名古屋国際センターでは、これまでガーナ人の大学院生やウクライナ人の留学生を「なごや民間大使」に起用。名古屋を中心に母国の紹介や国際交流を行っている。2009年には1985年に「なごや民間大使」を務めたガーナ人の農学博士チャールズ・ポン・イエボアが帰国後国会議員となり、駐日本国ガーナ特命全権大使として日本に赴任。名古屋市の副市長を表敬している。民間大使 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルタ州

    ヴォルタ州から見たガーナガーナ

    ヴォルタ州(Volta Region)は、ガーナ南東部の州。ヴォルタ州 フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・アビエーション ブルドッグ

    スコティッシュ・アビエーション ブルドッグから見たガーナガーナ

    Model 122: ガーナ向けの輸出モデル。6機製造。スコティッシュ・アビエーション ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

711件中 11 - 20件表示

「ガーナ」のニューストピックワード