711件中 31 - 40件表示
  • ウラジミール・シドレンコ

    ウラジミール・シドレンコから見たガーナガーナ

    2004年5月18日、後のIBFバンタム級王者のジョゼフ・アグベコ(ガーナ)と対戦し、2-0の判定でインターナショナル王座の初防衛を成功したと同時にアグベコはプロ入り初黒星となった。ウラジミール・シドレンコ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ植民地帝国

    ドイツ植民地帝国から見たガーナガーナ

    ドイツは統一国家の建設が他の西欧諸国に比べ遅れをとったため、18世紀のプロイセンによる(今日のガーナ)などがあったものの本格的な海外植民地の建設も遅い時期になった。ドイツ植民地帝国 フレッシュアイペディアより)

  • クスクス

    クスクスから見たガーナガーナ

    北アフリカもしくはその北側のシチリアで発祥したと考えられているクスクスは、シチリアやサルデーニャの伝統料理でもあり、現在ではフランスや中東の一部でも食べられる。アフリカのガーナ、セネガル、カーボベルデやブラジルにも独自のクスクス料理がある。日本でも一部にクスクス料理のレストランがあるほか、輸入食材店などでクスクス粒やハリッサを購入することが可能である。クスクス フレッシュアイペディアより)

  • クロマンツェ級コルベット

    クロマンツェ級コルベットから見たガーナガーナ

    クロマンツェ級コルベット()は、ガーナ海軍のコルベットの艦級。クロマンツェ級コルベット フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ領トーゴラント

    ドイツ領トーゴラントから見たガーナガーナ

    現在のトーゴに加え、ガーナのヴォルタ州の大部分を支配し、面積は7万7355 km?だった。ドイツ領トーゴラント フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見たガーナガーナ

    コートジボワール共和国(コートジボワールきょうわこく)、通称コートジボワールは、西アフリカに位置する共和制国家。東にガーナ、北にブルキナファソ、マリ、西にギニア、リベリアと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はヤムスクロ(ただし、実質上の首都機能は旧首都のアビジャンが担っている)。かつて日本では意訳による漢字表記で「象牙海岸共和国」と呼ばれていたが、後述の理由から現在は用いられない。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • フレディー・アドゥー

    フレディー・アドゥーから見たガーナガーナ

    フレドゥア・コランテング・"フレディー"・アドゥー(Fredua Koranteng "Freddy" Adu, 1989年6月2日 - )は、アメリカ合衆国のサッカー選手。ガーナ・テマ出身。ポジションは主にフォワード。14歳10か月でプロデビューという、アメリカプロスポーツ史上最年少記録を持ち、サッカーアメリカA代表経験者。フレディー・アドゥー フレッシュアイペディアより)

  • アフリカニシキヘビ

    アフリカニシキヘビから見たガーナガーナ

    アフリカニシキヘビはサハラ砂漠以南のアフリカ大陸、具体的にはアンゴラ、ウガンダ、エチオピア、エリトリア、ガーナ、ガボン(Blanc & Fretey 2000)、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、ケニア、コートジボワール、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、シエラレオネ、スーダン、セネガル、ソマリア、タンザニア、チャド、中央アフリカ共和国、トーゴ、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、ブルンジ、ベナン、マリ、モーリタニア、リベリア、ルワンダで見られる。分布域の西限はセネガル、東限はエチオピア、南限はコンゴで、南西限はアンゴラである。ケニアの場合、海面から高度2200メートルの地帯で天然の水源のあるところであれば全土に見られる。なお、ナタールニシキヘビの分布域はアンゴラ南部、ケニア中央部、コンゴ民主共和国の南東部および東部、ザンビア、ジンバブエ、タンザニア、ナミビアの南部から北部、ブルンジ、ボツワナ、南アフリカ共和国(東ケープ州など)、モザンビークである。アフリカニシキヘビ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ヒュートン

    クリス・ヒュートンから見たガーナガーナ

    イギリスに生まれながらも、アイルランド人の母とガーナ人の父を持つためにアイルランド代表での出場資格を有しており、代表史上初の黒人選手として1979年のアメリカ戦での初出場から53試合に出場し、のキプロス戦において初にして自身唯一の得点を記録する。UEFA欧州選手権1988では3試合全てに出場したが、1990 FIFAワールドカップでは若手スティーヴ・ストーントンの台頭から出場機会が訪れることはなかった。クリス・ヒュートン フレッシュアイペディアより)

  • イギリス帝国

    イギリス帝国から見たガーナガーナ

    しかし、1880年代に入るまでは沿岸部にいくつかの拠点を建設していたものの、エジプトと南アフリカを除けばそれほど内陸部への進出は行われていなかった。デイヴィッド・リヴィングストンなどによって内陸部の探検は行われていたものの、この時期は植民地化とイコールというわけではなかった。1880年代に入るとベルギーのコンゴ川流域進出を皮切りに、内陸部の市場化が求められるようになり、1884年にベルリン会議が開かれて沿岸部の支配者が後背地の支配権も認められるようになった。これによってアフリカ分割が急速に進み、わずか30年でアフリカはほぼ完全にヨーロッパ諸国によって分割された。イギリスもこの動きに乗って、この時期に東アフリカのケニア、タンザニア、西アフリカのナイジェリア、ガーナなどを次々と植民地化していった。イギリス帝国 フレッシュアイペディアより)

711件中 31 - 40件表示

「ガーナ」のニューストピックワード