711件中 51 - 60件表示
  • カカオ

    カカオから見たガーナガーナ

    その後もカカオ栽培は拡大し、1830年頃から西アフリカのポルトガル領サントメ島などで栽培されるようになる。19世紀半ばに中米のプランテーションが病害により生産量が激減すると、アフリカが替わって生産の主体となった。さらにイギリスが、スペインから租借中のフェルナンド・ポー島(現在の赤道ギニア)でプランテーション経営を始め、1879年には黄金海岸(現在のガーナ)にテテ・クワシが導入している。カカオ フレッシュアイペディアより)

  • 特命全権大使

    特命全権大使から見たガーナガーナ

    浅井和子・ガーナ大使(弁護士)特命全権大使 フレッシュアイペディアより)

  • ソコデ

    ソコデから見たガーナガーナ

    がニジェール川東岸から現在のブルキナファソを経由してこの地域に入植したのが、定住の始まりと考えられている。ハウサ人が現在のガーナのコーラの実や手工芸品を商うルートとなっていた。ソコデ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ共和国

    ガーナ共和国から見たガーナガーナ

    ガーナ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • Ghana

    Ghanaから見たガーナガーナ

    Ghana フレッシュアイペディアより)

  • GHA

    GHAから見たガーナガーナ

    GHA フレッシュアイペディアより)

  • 軍事国家

    軍事国家から見たガーナガーナ

    ガーナ(1966-1970、1972-1979、1981-1993)軍事国家 フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・エクルー

    ガブリエル・エクルーから見たガーナガーナ

    ガブリエル・エクルー(Gabriel Eklou、1966年 - )は、ガーナの画家。グレーター・アクラ州アクラ出身。ガブリエル・エクルー フレッシュアイペディアより)

  • 松本“yao”善行

    松本“yao”善行から見たガーナガーナ

    1997年:打楽器の宝庫、西アフリカへ単独武者修行の旅へ出る。セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ、5ヶ国を約一年かけて旅をする。バラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどの楽器たちと出会い、毎日楽器を演奏する日々を過ごし、リズムの根源である、冠婚葬祭での演奏を許されるまでになる。打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、現在のYAOの屋台骨となっている。松本“yao”善行 フレッシュアイペディアより)

  • ベニン湾

    ベニン湾から見たガーナガーナ

    ベニン湾(Bight of Benin)は、アフリカのギニア湾の一部である湾のことである。かつて奴隷海岸(Slave Coast)と呼ばれた悲劇の海岸とほぼ重なる。沿岸にはナイジェリア、ベナン、トーゴ及びガーナの国々がある。この地域で最大の都市は、ナイジェリアの商都ラゴス(Lagos)である。ベニン湾 フレッシュアイペディアより)

711件中 51 - 60件表示

「ガーナ」のニューストピックワード