490件中 81 - 90件表示
  • ポール・ストランド

    ポール・ストランドから見たガーナガーナ

    ストランドはこの頃より再びスチル写真に戻って、土地土地の人物写真(ポートレイト)写真集を発表した。『Time in New England』(1950年。ニューイングランドの人々)、『La France de Profil』(1952年)、『Un Paese』(1955年。イタリアのルッザーラやポー川流域)、『Tir a'Mhurain / Outer Hebrides』(1962年。アウター・ヘブリディーズ諸島)、『Living Egypt』(1969年。エジプト)、『Ghana: an African portrait』(1976年。ガーナ)といったものがある。ポール・ストランド フレッシュアイペディアより)

  • ケンテ

    ケンテから見たガーナガーナ

    ケンテ(kente)とは、ガーナの男性が「ブーバ」というシャツの上に着る一枚布をサリーのように身にまとった民族衣装。ケンテ フレッシュアイペディアより)

  • アクラ・ハーツ・オブ・オーク

    アクラ・ハーツ・オブ・オークから見たガーナガーナ

    アクラ・ハーツ・オブ・オーク()は、ガーナの首都アクラを本拠地とするサッカークラブチーム。通称ハーツ・オブ・オーク、またはハーツ。アクラ・ハーツ・オブ・オーク フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・オセイ・クフォー

    サミュエル・オセイ・クフォーから見たガーナガーナ

    サミュエル・クフォー(Samuel Osei Kuffour、1976年9月3日 - )は、ガーナ出身の元同国代表サッカー選手(DF)。サミュエル・オセイ・クフォー フレッシュアイペディアより)

  • ボノ・マンソ

    ボノ・マンソから見たガーナガーナ

    ボノ・マンソ (Bono Manso) は、ガーナ共和国の中央部、ブロング=アハフォ州(Brong-Ahafo)、熱帯雨林帯の北端でサバンナと接する好立地に位置する13世紀から17世紀にかけてサハラ交易で繁栄したとされる町である。ボノ・マンソ フレッシュアイペディアより)

  • エウェ人

    エウェ人から見たガーナガーナ

    エウェ人(Ewe people)は、アフリカの民族。ガーナからナイジェリアにかけての海岸部に居住する。エウェ人 フレッシュアイペディアより)

  • ガ語

    ガ語から見たガーナガーナ

    ガ語(Ga)はクワ語群に属する言語である。話者はガーナの首都アクラおよびその周辺に居住する。ガー語とも表記される。ガ語 フレッシュアイペディアより)

  • シンピュータ

    シンピュータから見たガーナガーナ

    シンピュータは幾つかの政府機関や企業に買い上げられた。チャッティスガール州は電子化教育プロジェクトに利用。その後、カルナタカ州政府が土地記録の収集を自動化するために買い上げた。2005年には、様々な革新的プロジェクトに利用された。自動車エンジンの診断(ムンバイのMahindra & Mahindra社)、鉄鉱山から港までの鉱石輸送記録(ゴアのDempo社)、マイクロクレジット(マイソールのSanghamitra社)、イギリス?ガーナ間の電子送金 (ケニアのXK8 Systems社)などである。シンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナの地方行政区画

    ガーナの地方行政区画から見たガーナガーナ

    ガーナの地方行政区画は、10の州から構成され、各州はさらに138の郡に分けられる。ガーナの地方行政区画 フレッシュアイペディアより)

  • パブリックアイ賞

    パブリックアイ賞から見たガーナガーナ

    ニューモントは同社の推進したAkyemプロジェクト(ガーナ、アハフォ鉱山における開発プロジェクト)によって2009年度の賞を「勝ち取った」。審査員によれば、本プロジェクトは固有の自然生態系を破壊し、地元住民の強制立ち退きを遂行、さらには土壌・河川を汚染した。ニューモントはこれに対し、それらの情報は誤解を招くものであるとして、本プロジェクトは国際的な自然環境の専門家や地元コミュニティ、適切な政府機関や省によって広く指導されてきたものだと説明した。パブリックアイ賞 フレッシュアイペディアより)

490件中 81 - 90件表示

「ガーナ」のニューストピックワード