184件中 91 - 100件表示
  • ガーナ

    ガーナから見たスークース

    1920年代にリベリアやシエラ・レオネで生まれたパームワイン・ミュージックを発展する形でハイライフが生まれた。ハイライフは最初期に成立したアフリカのポピュラー音楽であり、近隣のナイジェリアやシエラ・レオネなど英語圏に拡大した他、ベルギー領コンゴにも波及してフランコやパパ・ウェンバらに影響を与え、キューバ音楽と共にリンガラ・ポップス(ルンバ・ロック)成立に大きな影響を与えた。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た西アフリカ

    ガーナ共和国(ガーナきょうわこく)、通称ガーナは、西アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にトーゴ、北にブルキナファソ、西にコートジボワールと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はアクラ。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たボスムトゥイ湖

    ギニア湾に面しており、ヴォルタ川流域の低地が国土の大半を占めるため、最高標高点は885mに過ぎない。ヴォルタ川水系の面積は国土面積の67%を占める。特に1965年にヴォルタ川をせき止めて作ったアコソンボダムが有名。自然湖としてボスムトゥイ湖が存在する。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たボノ・マンソ

    13世紀から16世紀はベゴーをはじめ幾つかの町がサハラ交易の一端を担ったともおもわれるが、ボノ・マンソに見られるように地域的なものにとどまった町もあったと思われる。また、西方から、モシ人、エウェ人、(、グベ人 - )が移住し、先住民と対立しその後圧迫していった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たアシャンティ王国

    17世紀には奴隷貿易で力を蓄え、ヨーロッパ人から購入した銃火器で周辺の民族に対して優位に立ったのがアシャンティ王国を建設し、大いに繁栄した。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たヒップ・ホップ

    1990年代にはハイライフ、アフロ=レゲエ、ダンスホール、ヒップ・ホップなどの影響を受けた若者によって新たなジャンルが創造された。この新たなハイブリッド音楽はヒップライフと呼ばれている。R&B/ソウルの歌手ライアン・ベンソンやハイライフ歌手のコージョ・アントウィ、ラッパーのティンチー・ストライダーなどのガーナのミュージシャンは国際的な成功を収めている。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た精錬

    前述のアコソンボダムによる水力発電で電力の輸出を行う。総発電量のうち水力の割合は6割強を占める。オイルショック以降の原油高の後には、この電力によるアルミニウム精錬も行い、アルミニウムの輸出は総輸出額の7%を占める。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た小選挙区制

    立法府は一院制の国民議会。定数は230議席で、議員は小選挙区制に基づき国民の直接選挙によって選出される。議員の任期は4年である。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た日本

    日本との関係では、野口英世がイギリスの植民地下のガーナで黄熱病の研究中に死去しているなど、古くから関係があり、英世の故郷である福島県の福島県立医科大学が医師を派遣するなど関係も深い。日本の援助で、1979年にガーナ大学に研究所が設立された。また2006年には、千葉県浦安市等から自転車等の無償援助を受けている。2009年の国際交流基金による日本語教育機関調査では、ガーナにおける日本語学習者の数は906人であり、サハラ以南では、中央アフリカ、マダガスカル、ケニアに継ぐ第4位である。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たペンテコステ派

    2000年のセンサスによれば、国民の68.8%がキリスト教徒である。そのうちの24.1%がペンテコステ派、18.6%がプロテスタント、15.1%がカトリック、その他のキリスト教が11.5%である。イスラームは国民の15.9%を擁し、伝統宗教が8.5%、その他の宗教が0.7%、無宗教が6.1%となる。ガーナ フレッシュアイペディアより)

184件中 91 - 100件表示

「ガーナ」のニューストピックワード