162件中 51 - 60件表示
  • ガーナ

    ガーナから見たナイジェリア

    19世紀末から20世紀半ばにかけてに民族主義の気運が高まり、ナイジェリア、シエラレオネなど「」の各地域が同調し、1947年にはこれを受けて独立を目的とした「」が設立され、クワメ・ンクルマが1949年にはを設立した。部族間の争いを越えて独立を標榜する会議人民党は人々の広範な支持を得て、1951年の選挙では圧倒的過半数を占める第一党となった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た義務教育

    2年間の就学前教育と6年間の初等教育が義務教育であり、初等教育の後に3年間の前期中等教育と4年間の後期中等教育を経て高等教育への道が開ける。初等教育から学校教育における教授言語は英語であり、ガーナの公立学校では小学校一年生から英語で授業が行われる。2000年のセンサスによれば、15歳以上の国民の識字率は57.9%(男性:66.4% 女性:49.8%)である。2005年にはGDPの5.4%が教育費に支出された。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た汎アフリカ主義

    1956年にはンクルマの下に自治政府が成立し、翌1957年に隣のと合わせて独立を達成し、ブラック・アフリカ初の独立国となった。独立当初のガーナはイギリス国王を立憲君主に頂く英連邦王国であったが、1960年に共和制へ移行し、ンクルマが初代大統領となった。ンクルマは汎アフリカ主義を掲げ、冷戦下において社会主義圏(東側諸国)やギニアとの友好関係を強化し、財政強化に努めたが、債務超過など失政を招き1966年にクーデターで失脚した。政権を掌握した国家解放評議会はンクルマの政策から脱し、1969年には選挙を実施した。同選挙でコフィ・ブシアが首相に選ばれ民政に移管したが、反ンクルマ政策による中心主義的な政策が国内の諸民族の反発を招き、1972年にはイグナティウス・アチャンポン将軍がクーデターを起こし、政権を握った。しかし、国情は安定せず、経済停滞から幾度か政変が発生した。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た原油価格

    しかし近年は金やカカオの国際価格の低迷、主要輸入品である原油価格の高騰などにより経済は低迷。2001年3月、拡大HIPC(重債務貧困国)イニシアティブ適用による債務救済申請を行う政策転換を行い、経済再建へ向けた努力を行っている。その結果、マクロ経済状況は改善、安定してきている。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たドイツ人

    その後、ドイツ人やデンマーク人、イギリス人、オランダ人が来航し、金と奴隷の貿易を奴隷制が廃止される19世紀まで続けた。大西洋三角貿易により多くの人々がアメリカ大陸に連行され、1776年に独立したアメリカ合衆国においては、労働力として使われることとなった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たアメリカ合衆国

    その後、ドイツ人やデンマーク人、イギリス人、オランダ人が来航し、金と奴隷の貿易を奴隷制が廃止される19世紀まで続けた。大西洋三角貿易により多くの人々がアメリカ大陸に連行され、1776年に独立したアメリカ合衆国においては、労働力として使われることとなった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たギニア湾

    ギニア湾に面しており、ヴォルタ川流域の低地が国土の大半を占めるため、最高標高は885mに過ぎない。ヴォルタ川水系の面積は国土面積の67%を占める。特に1965年にヴォルタ川をせき止めて作ったアコソンボダムが有名。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たアラブ人

    2000年のセンサスによれば、(:en:Fante people、:en:Akyem、:en:Ashanti people、:en:Kwahu、:en:Akuapem people、:en:Nzema people、Bono、:en:Akwamu、:en:Ahanta people、その他)が45.3%、モシ・ダゴンバ人が15.2%、エウェ人が11.7%、が4%、グルマ人が3.6%、グルシ人が2.6%、マンデ=ブサンガ人が1%、その他の民族が1.4%、ヨーロッパ人やアラブ人などその他が7.8%となっている。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た自由民主主義

    ガーナは1992年に現行憲法が施行されて以降、複数政党制が認められており、実質的には二大政党制が機能している。1つは自由民主主義を掲げる中道右派の新愛国党 (NPP)、もう1つは社会民主主義を掲げる中道左派の国民民主会議 (NDC) である。その他の勢力は二大政党ほどの影響力は持っていないが、比較的有力なものに人民国家会議 (PNC) がある。かつてクワメ・ンクルマ初代大統領のもとで権勢を振るった会議人民党 (CPP) は現在も存続しているが、勢力は弱体化している。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たプロテスタント

    2000年のセンサスによれば、国民の68.8%がキリスト教であり、24.1%がペンテコステ派、18.6%がプロテスタント、15.1%がカトリック、その他のキリスト教が11.5%である。イスラーム教は国民の15.9%を擁し、伝統宗教が8.5%、その他の宗教が0.7%、無宗教が6.1%となる。ガーナ フレッシュアイペディアより)

162件中 51 - 60件表示

「ガーナ」のニューストピックワード