184件中 81 - 90件表示
  • ガーナ

    ガーナから見たサハラ交易

    13世紀から16世紀はベゴーをはじめ幾つかの町がサハラ交易の一端を担ったともおもわれるが、ボノ・マンソに見られるように地域的なものにとどまった町もあったと思われる。また、西方から、モシ人、エウェ人、(、グベ人 - )が移住し、先住民と対立しその後圧迫していった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た大統領制

    ガーナは国家体制として共和制、大統領制をとる立憲国家である。現行憲法は1992年4月28日に制定されたもの。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たキリスト教徒

    2000年のセンサスによれば、国民の68.8%がキリスト教徒である。そのうちの24.1%がペンテコステ派、18.6%がプロテスタント、15.1%がカトリック、その他のキリスト教が11.5%である。イスラームは国民の15.9%を擁し、伝統宗教が8.5%、その他の宗教が0.7%、無宗教が6.1%となる。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たガーナチョコレート

    カカオ、豆、アルミニウム - 大手菓子メーカーロッテの商品「ガーナチョコレート」により、日本においてはガーナがカカオ豆の産出地であることが知られている。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た後期中等教育

    2年間の就学前教育と6年間の初等教育が義務教育であり、初等教育の後に3年間の前期中等教育と4年間の後期中等教育を経て高等教育への道が開ける。初等教育から学校教育における教授言語は英語であり、ガーナの公立学校では小学校一年生から英語で授業が行われる。2000年のセンサスによれば、15歳以上の国民の識字率は57.9%(男性:66.4% 女性:49.8%)である。2005年にはGDPの5.4%が教育費に支出された。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たポピュラー音楽

    1920年代にリベリアやシエラ・レオネで生まれたパームワイン・ミュージックを発展する形でハイライフが生まれた。ハイライフは最初期に成立したアフリカのポピュラー音楽であり、近隣のナイジェリアやシエラ・レオネなど英語圏に拡大した他、ベルギー領コンゴにも波及してフランコやパパ・ウェンバらに影響を与え、キューバ音楽と共にリンガラ・ポップス(ルンバ・ロック)成立に大きな影響を与えた。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た2010 FIFAワールドカップ

    ガーナ代表はアフリカネイションズカップに1963年、1965年、1978年、1982年と4度に渡って優勝しているが、ワールドカップ予選ではことごとく敗退してきた。しかし、2006 FIFAワールドカップ予選では見事勝ち抜き、本大会への出場が決まった。本大会では強豪チェコを破るなどの活躍を見せ、決勝トーナメントへ進んだが、決勝トーナメント1回戦でブラジルに3-0で敗れた。2010 FIFAワールドカップではアフリカ勢で唯一グループリーグを突破し、1990年のカメルーン、2002年のセネガルに続きアフリカ勢3カ国目、自国初となるベスト8進出も果たした。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たエルミナ

    15世紀にはポルトガル人が到来し、エルミナなどに城塞を築き、奴隷貿易の拠点とした。その後、金が産出することがわかると「」と呼ばれるようになった。その後、ドイツ人やデンマーク人、イギリス人、オランダ人が来航し、金と奴隷の貿易を奴隷制が廃止される19世紀まで続けた。大西洋三角貿易により多くの人々がアメリカ大陸に連行され、1776年に独立したアメリカ合衆国においては、労働力として使われることとなった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た2006 FIFAワールドカップ

    ガーナ代表はアフリカネイションズカップに1963年、1965年、1978年、1982年と4度に渡って優勝しているが、ワールドカップ予選ではことごとく敗退してきた。しかし、2006 FIFAワールドカップ予選では見事勝ち抜き、本大会への出場が決まった。本大会では強豪チェコを破るなどの活躍を見せ、決勝トーナメントへ進んだが、決勝トーナメント1回戦でブラジルに3-0で敗れた。2010 FIFAワールドカップではアフリカ勢で唯一グループリーグを突破し、1990年のカメルーン、2002年のセネガルに続きアフリカ勢3カ国目、自国初となるベスト8進出も果たした。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たビル&メリンダ・ゲイツ財団

    2010年では、人口10万あたり医師は15人、看護師93人であり、GDPの5.2%が保健支出であった。ガーナ市民はプライマリヘルスケアにアクセスする権利がある。ガーナの医療制度はアフリカ諸国において最も成功したものであるとビル&メリンダ・ゲイツ財団は評している。2012年では、15-49歳成人のHIV罹患率は1.40%であった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

184件中 81 - 90件表示

「ガーナ」のニューストピックワード