162件中 81 - 90件表示
  • ガーナ

    ガーナから見たアシャンティ王国

    17世紀には奴隷貿易で力を蓄え、ヨーロッパ人から購入した銃火器で周辺の民族に対して優位に立ったのがアシャンティ王国を建設し、大いに繁栄した。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たヒップ・ホップ

    1990年代にはハイライフ、アフロ=レゲエ、ダンスホール、ヒップ・ホップなどの影響を受けた若者によって新たなジャンルが創造された。この新たなハイブリッド音楽はヒップライフと呼ばれている。R&B/ソウルの歌手ライアン・ベンソンやハイライフ歌手のコージョ・アントウィ、ラッパーのティンチー・ストライダーなどのガーナのミュージシャンは国際的な成功を収めている。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た精錬

    前述のアコソンボダムによる水力発電で電力の輸出を行う。総発電量のうち水力の割合は6割強を占める。オイルショック以降の原油高の後には、この電力によるアルミニウム精錬も行い、アルミニウムの輸出は総輸出額の7%を占める。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た小選挙区制

    立法府は一院制の国会。定数は230議席で、議員は小選挙区制に基づき国民の直接選挙によって選出される。議員の任期は4年である。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た日本

    日本との関係では、野口英世がイギリスの植民地下のガーナで黄熱病の研究中に死去しているなど、古くから関係があり、英世の故郷である福島県の福島県立医科大学が医師を派遣するなど関係も深い。日本の援助で、1979年にガーナ大学に研究所が設立された。また2006年には、千葉県浦安市等から自転車等の無償援助を受けている。2009年の国際交流基金による日本語教育機関調査では、ガーナにおける日本語学習者の数は906人であり、サハラ以南では、中央アフリカ、マダガスカル、ケニアに継ぐ第4位である。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たペンテコステ派

    2000年のセンサスによれば、国民の68.8%がキリスト教であり、24.1%がペンテコステ派、18.6%がプロテスタント、15.1%がカトリック、その他のキリスト教が11.5%である。イスラーム教は国民の15.9%を擁し、伝統宗教が8.5%、その他の宗教が0.7%、無宗教が6.1%となる。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た国際ボクシング連盟

    元世界チャンピオンのアイク・クォーティ(WBAウェルター級)やジョシュア・クロッティ(IBFウェルター級)など、単なる一王者ではなく、世界水準でも評価の高い好選手を輩出している。またアズマー・ネルソンは、ガーナのみならずアフリカボクシング界全体の象徴になるまでの評価を得た選手である。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た狩猟

    この地域が注目されるのは、紀元前2000年紀のキンタンポ文化の出現からである。新石器時代後期に位置づけられるこの文化の人々は、森林とサヴァンナの境界地帯に住み、交易を行いつつも狩猟と採集によって暮らしていた。2世紀頃からハニ遺跡で製鉄がおこなわれたことがわかっている。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た英連邦王国

    1956年にはンクルマの下に自治政府が成立し、翌1957年に隣のと合わせて独立を達成し、ブラック・アフリカ初の独立国となった。独立当初のガーナはイギリス国王を立憲君主に頂く英連邦王国であったが、1960年に共和制へ移行し、ンクルマが初代大統領となった。ンクルマは汎アフリカ主義を掲げ、冷戦下において社会主義圏(東側諸国)やギニアとの友好関係を強化し、財政強化に努めたが、債務超過など失政を招き1966年にクーデターで失脚した。政権を掌握した国家解放評議会はンクルマの政策から脱し、1969年には選挙を実施した。同選挙でコフィ・ブシアが首相に選ばれ民政に移管したが、反ンクルマ政策による中心主義的な政策が国内の諸民族の反発を招き、1972年にはイグナティウス・アチャンポン将軍がクーデターを起こし、政権を握った。しかし、国情は安定せず、経済停滞から幾度か政変が発生した。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たサバナ (地理)

    この地域が注目されるのは、紀元前2000年紀のキンタンポ文化の出現からである。新石器時代後期に位置づけられるこの文化の人々は、森林とサヴァンナの境界地帯に住み、交易を行いつつも狩猟と採集によって暮らしていた。2世紀頃からハニ遺跡で製鉄がおこなわれたことがわかっている。ガーナ フレッシュアイペディアより)

162件中 81 - 90件表示

「ガーナ」のニューストピックワード