前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
583件中 1 - 10件表示
  • 山崎照朝

    山崎照朝から見たキックボクシングキックボクシング

    空手道の一つの理想的な組手を、フルコンタクト空手で示したことにより、史上に残る空手家だと評価されている。アメリカ合衆国の武道雑誌『ブラックベルト』にもその名は刻まれており、自らは傷を負わず、対戦相手をバッサリ斬ってとるファイティングスタイルから、キックボクシングでも幻の名選手と評され、異なる格闘技で一時代を築いた強豪である。極真会館出身。山崎照朝 フレッシュアイペディアより)

  • フルコンタクト空手

    フルコンタクト空手から見たキックボクシングキックボクシング

    アメリカ合衆国では1970年代に設立されたプロ空手協会や世界キックボクシング協会 (WKA)など、ボクシンググローブ着用のアメリカンキックボクシングを指す。ベニー・ユキーデらが初来日した1977年の日本では、アメリカンキックボクシングをマーシャルアーツという名で紹介していた時期もあった。ユキーデの著書にも『実戦フルコンタクトカラテ』(1982年) と使用され、アメリカでは一般的であったポイント制のライトコンタクト(セミコンタクト)ルールとの対義語的な意味ももっていた。フルコンタクト空手 フレッシュアイペディアより)

  • 川上剛司

    川上剛司から見たキックボクシングキックボクシング

    身長163cm、体重63kgと小さな体で戦い、2005年からプロ格闘家として本格的に活動を始め、2012年からはタレントとして芸能活動も始める。元々は正道会館に所属していたが、現在は正道会館に所属はしていない。現在の所属は本人が公表をしないようにしている。家族は3人姉弟の2番目で長男(姉と弟がいる)。両親は離婚していて、母子家庭で育てられるが、母親は2004年9月に卵巣癌で他界。A型。両親、姉弟もA型。右利きである。23才の頃までは体重が45kgしかなかった。中学時代はサッカー部に所属していて中学3年生になった時にK-1に憧れてサッカー部を辞めた。小学生の頃から体操競技も得意としバク転なども簡単にできるほど昔からアクロバティックな事をするのが好きだった。体操競技を練習したのは常にジャッキーチェンを尊敬していてDVDも購入するほど大ファンであるためである。普段は、ボケもツッコミもするおふざけキャラで、ホスト時みたいな服装や髪型、介護ヘルパー2級の資格も持っているためか、優しく真面目なところがあり、見た目とのギャップがありすぎて、友人などにも格闘家には見えないと言われている。しかし、元No.1ホストと言う経歴を持ち介護ヘルパーの資格を持つ異色の格闘家。2008年西日本空手道選手権大会(無差別級)4位、2008年全日本ウエイト制空手道選手権大会(軽中量級)では準優勝、2009年全日本ウエイト制空手道選手権大会(軽量級)優勝と最優秀選手賞、2010カラテワールドカップ(軽量級)でも優勝と、3年間の内に5個のタイトルを獲得し、空手2年連続のチャンピオンと2冠のチャンピオンに輝いている。普段は体重57〜60kg、体脂肪率は10%前後を維持し、試合1ヶ月前から食事やトレーニングで体重を63kg前後、体脂肪率は普段と同じ10%前後に合わせている。元々体重が増えない体質のためか3kg増やすためにかなりの苦労をしている。体格や身長差などをカバーするために無理なトレーニングや試合をしているためか、1年に3回ぐらい右手の指や拳を骨折している。自分では「才能がないから他人より努力をする」と常に心掛けていて、念願の空手チャンピオンに28才にして獲得した。スタイルとしては主に空手やキックボクシングを主体としているが、空手やキックボクシング以外にも、ボクシング、テコンドー、総合格闘技などさまざまな格闘技も習得している。剣術、棒術、トンファー、ヌンチャクなども使いこなせる。現在は瓦割りやバット折り、護身術、講義や経験談を語ったりしながらイベント活動や芸能活動を中心にタレントとしても活躍している。時にはボディガードなども行い、常にトップアスリートのトレーニングやプロ格闘家としてのスパーリングを欠かしてはいない。川上剛司 フレッシュアイペディアより)

  • ムエタイ

    ムエタイから見たキックボクシングキックボクシング

    直訳するとムアイはクメール語で1を起源とし、1対1の格闘のことであるため(たとえばプラーン(レスリング)のことをムアイプーランという)「タイ式の戦い」となる。元々は他国の侵攻に対抗するための古式ムエタイだった。ヨーロッパに知られタイボクシング(Thai boxing、タイ式ボクシングの意)と呼ばれることが多い。日本ではタイ式キックボクシングとも言われるケースがあるが、正しくはタイ式ボクシングである。キックボクシングは空手、ムエタイ、ボクシング等を元に日本で作られたものであり、厳密には違う競技である(理由は後述)。両手、両肘、両脚、両膝の八箇所を用いて相手と戦う。ムエタイ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原健

    藤原健から見たキックボクシングキックボクシング

    藤原 健(ふじわら たけし、男性、1964年(昭和39年)7月24日 -)は、愛媛県越智郡大三島町(現・今治市)出身の空手家・柔道家・グレコローマンレスラー・キックボクサー・格闘家。藤原健 フレッシュアイペディアより)

  • 世界フルコンタクト協会

    世界フルコンタクト協会から見たキックボクシングキックボクシング

    世界フルコンタクト協会(せかい-きょうかい、World Full Contact Association / WFCA)はキックボクシングと総合格闘技の世界王座認定団体。本部はオランダにある。また王座はオランダ・ベネルクス・ヨーロッパ・世界の4つの段階に分けられており、設置階級は男女共に16階級。“キックボクシング”、“タイボクシング”、“ムエタイ”、“フルコンタクト”、“総合格闘技”の計5種類の王座を認定している。世界フルコンタクト協会 フレッシュアイペディアより)

  • 市原海樹

    市原海樹から見たキックボクシングキックボクシング

    日本人として初めて総合格闘技UFCに挑戦した。また、空手の試合に囚われる事なく総合格闘技、ラウェイ、アマチュアボクシング、キックボクシングなど様々な格闘技の試合に参戦。1994年の北斗旗無差別級の決勝戦での敗北を機に格闘技界から完全に姿を消した。市原海樹 フレッシュアイペディアより)

  • 山田辰雄 (空手家)

    山田辰雄 (空手家)から見たキックボクシングキックボクシング

    山田 辰雄(やまだ たつお、1905年 - 1967年5月28日)は兵庫県出身の空手家。昭和期を代表する空手家の一人であり、日本拳法空手道の開祖。また、日本ではじめてグローブ着用、防具なしによる直接打撃制試合を実施した人物であり、後のフルコンタクト空手やキックボクシングの誕生につながる業績を残した事でも知られる。山田辰雄 (空手家) フレッシュアイペディアより)

  • K.O.SEN

    K.O.SENから見たキックボクシングキックボクシング

    作者にとって初の連載作品である。『週刊少年ジャンプ』で減少傾向にあるスポーツ作品だったが、『ジャンプ』の他作品に比べ目を引く程インパクトのある要素がなかったことや、キックボクシング自体がマイナーだった事もあり、読者の支持を得られず12週打ち切りに終わった。K.O.SEN フレッシュアイペディアより)

  • 増田章

    増田章から見たキックボクシングキックボクシング

    同年11月全世界選手権が開催され、4回戦にジェラルド・ゴルドーと対戦。ゴルドーは身長196センチメートルの巨漢でオランダではミッシェル・ウェーデルに次ぐ実力者であった。全世界選手権での入賞経験はないが、間違いなく上位入賞できる実力を持っていると増田はみていた。ゴルドーとの対戦は延長2回で、増田が勝利を得たが大変な試合であった。ウェーデル同様ゴルドーも突きの威力が日本人とは比較にならないほど強烈で特に左の突きは強かった。しかも懐が深く攻撃を当てづらい。ゴルドーはウェーデルと違い、若干間合いをとるような戦い方をした。増田は相手の間合いで戦えば不利だと考え、序盤から積極的に攻めた。速攻により本戦で決めてしまおうと思っていた。早く決着をつけたい増田のあせりは、ゴルドーとの戦いを力と力のぶつかり合いともいえるラフファイトにした。ゴルドーには、ウェーデルと増田の試合が脳裏に合ったに違いない。増田は彼が自分の力をかなり警戒していたので、それが自分に有利に働いたと思っていた。その一方で増田は自分が無名の選手でゴルドーの全盛期にヨーロッパで対戦したら、自分が勝てたかどうかどうかわからないとも思っていた。選手権大会後、ゴルドーは増田に敬意を抱いた。ゴルドーは後に極真会館を離れ、キックボクシングの選手を育成するようになっていたが、教え子を連れて来日した時には必ず増田の所に訪問してくれた。増田にとってウェーデル同様、対戦相手が自分の所にやってきてくれるのは彼にとって、とてもうれしい事だった。増田章 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
583件中 1 - 10件表示

「キックボクシング」のニューストピックワード