583件中 21 - 30件表示
  • J-NETWORK

    J-NETWORKから見たキックボクシングキックボクシング

    J-NETWORK(ジェイネットワーク)は、日本のキックボクシング団体。J-NETWORK フレッシュアイペディアより)

  • ゴング格闘技

    ゴング格闘技から見たキックボクシングキックボクシング

    1968年、同年1月に設立したばかりの日本スポーツ出版社(NSP)から月刊のプロレス・ボクシング・キックボクシング専門誌『ゴング』(Gong)として創刊(創刊号は1968年3月号)。NSPはベースボール・マガジン社(BBM)の退社組により設立された会社で、初代編集長もBBMで『プロレス&ボクシング』編集長を務めていた竹内宏介が就任した。翌1969年には、同じく月刊の別冊誌として『別冊ゴング』(べっさつゴング)が創刊された。ゴング格闘技 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達皇輝

    伊達皇輝から見たキックボクシングキックボクシング

    伊達 皇輝(だて こうき、男性、1975年10月14日 - )は、日本の元キックボクサーで、現在はキックボクシングジム「キックボクシング輝(かがやき)」のプロ/アマチュア選手部門「KAGAYAKI」の代表である。新潟県弥彦村出身。伊達皇輝 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡亮

    片岡亮から見たキックボクシングキックボクシング

    K-1、プロレス、キックボクシング、総合格闘技などで試合をしており、格闘技界の内側・外側に精通するほか、記者としては夕刊フジや週刊朝日、サンデー毎日、実話ナックルズなどで芸能を中心に、格闘技や社会事件、都市伝説などのアングラ話など幅広く取材・記事を手がけており、綾瀬女子高生コンクリート殺人事件については犯行少年のその後を追跡、オウム真理教の地下鉄サリン事件に関与したとして警察から指名手配されている菊地直子についても海外取材を行なったこともある。片岡亮 フレッシュアイペディアより)

  • HIROYA

    HIROYAから見たキックボクシングキックボクシング

    3歳から空手を始め、小学4年生からキックボクシングを始めた。HIROYA フレッシュアイペディアより)

  • 防具付き空手

    防具付き空手から見たキックボクシングキックボクシング

    ブランコ・シカティックが連盟顧問を務め、空手以外にもキックボクシング、拳法、テコンドーなどの団体が加盟している団体。会長は清心流空手道協会の疋田清拳。ルールは複数あり、毎年秋に開催される全日本大会では硬式空手に近いプロテクトルールとグローブ空手ルールを、毎年春に開催されるオルタナティブ大会には実戦空手と言われるリアルプロテクトルールとグローブ空手ルールでそれぞれ実施する。プロテクトルールは上段蹴り3ポイント、中段蹴り2ポイント、突き1ポイントの8ポイント差で勝ちの全空連に準用したルールを採用、リアルプロテクトルールは技有り二つで一本勝ちとなり相当な威力が求められる。ただし、背刀、手刀、掌底などの伝統的空手技は、正確に極まれば軽くてもポイントとなる。なお読みは、「かくとだげき」とされがちであるが、「斗」は「闘」の当て字であり、正式には「かくとうだげき」である。実際、ロゴにも「KAKUTOU DAGEKI」と記されている。防具付き空手 フレッシュアイペディアより)

  • MARS (格闘技イベント)

    MARS (格闘技イベント)から見たキックボクシングキックボクシング

    MARS(マーズ)は、2006年から2008年にかけて行われていた日本の格闘技のイベント。リング上で総合格闘技を主として、キックボクシングや女子総合格闘技も行われていた。興行のエグゼクティブ・プロデューサーはトリニティ代表取締役の天野勇気。オフィシャルジムとして闘神塾が存在した。MARS (格闘技イベント) フレッシュアイペディアより)

  • 添野義二

    添野義二から見たキックボクシングキックボクシング

    国際空手道連盟 極真会館 都下埼玉支部長を務め、キックボクシング「そえのジム」の会長で、城西の虎、極真の猛虎 などの異名で呼ばれていた。添野義二 フレッシュアイペディアより)

  • Strikeforce

    Strikeforceから見たキックボクシングキックボクシング

    Strikeforce(ストライクフォース)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼを拠点として活動していた総合格闘技の大会(以前はキックボクシングの大会)。オーナー企業は2011年3月14日よりUFCと同じズッファ。以前の親会社はHPパビリオンを所有していたシリコンバレー・スポーツ&エンターテインメント(SVSE)。Strikeforce フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子ボクシング協会

    日本女子ボクシング協会から見たキックボクシングキックボクシング

    なお、キックボクシングジムが母体であり、日本ボクシングコミッション(JBC)とは繋がりはなかった。そのため発足当初、選手の大半はキックボクシングからの転向あるいは掛け持ちが占めていた(亜利弥'、藤井巳幸ら現役女子プロレスラーの参戦もあった。なお、1990年代の海外女子ボクシングでもルシア・ライカ、レジーナ・ハルミッヒ、ブリジット・ライリーらキックから転向した名ボクサーが多かった)。しかし、次第にボクシングだけをする女性が増え、多数の世界王者も誕生した。JBCが女子の参加を認めるまでは、JWBCがプロテストを行っていた。なお、一時期は日本IBFも女子を認定しており、山木うの(JWBCの実質トップだった山木敏弘とは血縁及び師弟関係等なし)はIBF京都所属として活動した後、日本IBF活動休止に伴い看板を京都野口に変えてJWBCに参戦した。日本女子ボクシング協会 フレッシュアイペディアより)

583件中 21 - 30件表示

「キックボクシング」のニューストピックワード