583件中 41 - 50件表示
  • 横蹴り

    横蹴りから見たキックボクシングキックボクシング

    空手、日本拳法、中国拳法、少林寺拳法、テコンドー、キックボクシングなど ほとんどの足技を使う格闘種目で使われている。相手に対し自分が横向きの姿勢から技を繰り出すのでこの名がある。サイドキック・足刀蹴りもこの分類に含まれる。横蹴り フレッシュアイペディアより)

  • K-1

    K-1から見たキックボクシングキックボクシング

    K-1(ケイワン)は、1993年より開催されているヘビー級を中心とした、世界的に知名度の高いキックボクシングのプラットフォーム、格闘技ブランドである。2012年1月より、香港に登記されるK-1 Global Holdings Limitedが商標権等諸権利を取得し、世界各地でイベント運営が行なわれている。K-1 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本女子プロレス

    全日本女子プロレスから見たキックボクシングキックボクシング

    1990年代中頃まで行われていた試合形式。格闘技戦と銘打っているがバーリトゥードではなく、レスラー同士がグローブを着用し殴ったり蹴ったりするキックボクシング形式の試合(後に、レスラー同士だけでなく、キックやシュートボクシングの選手を招いて所属選手と対戦させている)。松永兄弟がボクシングの経験者であったことから、この形式を思いついたらしい。1976年には「世界三大格闘技戦」と銘打った大会が田園コロシアムで開催され、池下ユミ対ピンポン・ロカムヘンの異種格闘技戦、ユカリ・レンチ対レディ・タイガーのボクシング戦等が行われた。全日本女子プロレス フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ワット

    アダム・ワットから見たキックボクシングキックボクシング

    アダム・ワット(Adam Watt、男性、1967年11月10日 - )は、オーストラリア出身のキックボクサー、プロボクサー。キックボクシング、正道会館空手を経験。アダム・ワット フレッシュアイペディアより)

  • 佐山聡

    佐山聡から見たキックボクシングキックボクシング

    かなりの甘党。「羊羹をポッキーのように食べる」、「キックボクシングのスパーリング中、コーナーに小銭を置いておき、ラウンドが終わる度に自動販売機に向かう」、「山篭りで10kg減量したが、下山してしばらくすると元に戻ってしまった」、「小川直也と喫茶店に行き、甘いものばかり注文して1万円近く払った」等、甘い物に関するエピソード多数。このため、新日本から退いた後に体重が急増し、今日でもジュニアヘビー級の体重に戻らないままである。丸藤正道戦での記者会見で「95まで絞る」と言っているが、結局絞りきれなかった。しかし、小林邦昭戦では相手から減量の注文があったようで、116kgあった体重を100kg前後まで減量させることに成功している。2012年8月28日に行った記者会見で、佐山は「今107kgだが97kgに減量する」と宣言した。しかし、佐山が会場で赤福餅を頬張っていたことが報道陣に目撃されており、そのことを言及された佐山は「試合前には炭水化物が必要。試合への責任を持って食べる使命があった。4個しか食べていません。赤福餅はおいしい」と弁解した。丸藤正道からは「それを2個にしていけば、おのずと減量できる」とつっこみを入れられた。佐山聡 フレッシュアイペディアより)

  • ニー

    ニーから見たキックボクシングキックボクシング

    ニー・バットが膝を当てる・ぶつけるという形なのに対し、ニー・キックは自らの足の付け根から足を前方へ振り出し、膝で相手を蹴るものである。変形でジャンプして見舞うジャンピング式も存在する(キックボクシングの沢村忠が使用した真空とび膝蹴りに近い形)。また、前述のニー・リフトもニー・キックの一種である。ニー フレッシュアイペディアより)

  • クレイジージム

    クレイジージムから見たキックボクシングキックボクシング

    クレイジージム(CRAZY GYM)は、東京都中野区に所在するキックボクシングジムである。クレイジージム フレッシュアイペディアより)

  • UN-JK連盟

    UN-JK連盟から見たキックボクシングキックボクシング

    UN-JK連盟(ユーエヌジェーケーれんめい)は、キックボクシング団体のひとつ。なお、UN-JKとはジャパンキックボクシングユニオンの意。UN-JK連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 増山ともえ

    増山ともえから見たキックボクシングキックボクシング

    イベントコンパニオンとして活躍しながら、170センチを超える長身とキックボクシングの経験を売りに、2004年2月29日に「r」で松田梨路相手にデビューしたが、1ラウンド(腕ひしぎ逆十字固め)で敗退。増山ともえ フレッシュアイペディアより)

  • 田中冴花

    田中冴花から見たキックボクシングキックボクシング

    2006年、東京都内の大学在学中にデビュー。当初はモデル、グラビアアイドルとして活動する他、2007年には『Team BOSS・INGING Formula Nippon』、2008年には『Privee Zurich GT』のレースクイーンを務める。その後所属事務所の方針で、彼女自身が兼業農家出身であることから2008年頃より、「農ドル」(農業アイドル)のキャッチコピー付きで活動することになる。2009年からは、キックボクシング団体『J-NETWORK』でラウンドガールを務める。田中冴花 フレッシュアイペディアより)

583件中 41 - 50件表示

「キックボクシング」のニューストピックワード