717件中 41 - 50件表示
  • 蹴り技

    蹴り技から見たキックボクシングキックボクシング

    前蹴りには上段・中段・下段とあり、一旦膝を突き上げてから足の指を反らせた足の裏で蹴る。前蹴りは空手、ムエタイ、キックボクシング等で相手との距離をとる目的等で使われる。蹴り技 フレッシュアイペディアより)

  • 立嶋篤史

    立嶋篤史から見たキックボクシングキックボクシング

    立嶋 篤史(たてしま あつし、1971年12月28日 - )は、日本の男性キックボクサー、キックボクシングジム「ASSHI-PROJECT」主宰(経営者)。東京都豊島区出身。元全日本フェザー級王者。立嶋篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子ボクシング協会

    日本女子ボクシング協会から見たキックボクシングキックボクシング

    なお、キックボクシングジムが母体であり、日本ボクシングコミッション(JBC)とは繋がりはなかった。そのため発足当初、選手の大半はキックボクシングからの転向あるいは掛け持ちが占めていた(亜利弥’、藤井巳幸ら現役女子プロレスラーの参戦もあった。なお、1990年代の海外女子ボクシングでもルシア・ライカ、レジーナ・ハルミッヒ、ブリジット・ライリーらキックから転向した名ボクサーが多かった)。しかし、次第にボクシングだけをする女性が増え、多数の世界王者も誕生した。JBCが女子の参加を認めるまでは、JWBCがプロテストを行っていた。日本女子ボクシング協会 フレッシュアイペディアより)

  • 女子ボクシング

    女子ボクシングから見たキックボクシングキックボクシング

    一方、元キックボクサーでキックボクシングジム「山木ジム(現:アルファボクシングジム)」の会長で当時マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟理事長でもあった山木敏弘が「キックボクシングの女子部門は存在するのに女子ボクシングがない」ことに疑問を持ち、女子ボクサーの育成に着手。キックからの転向組が中心となりマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟興行内に挿入する形で女子ボクシングの試合が行われる。1997年にはそのひとりであるシュガーみゆきが日本人初の世界タイトルを獲得し話題となる。1999年には日本女子ボクシング協会が結成され、初の女子ボクシング興行が行われる。一時は150人以上の女子ボクサーが所属していた。日本女子王者も次々と誕生した。日本IBFでも追随して女子部門創設された。女子ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • K-1

    K-1から見たキックボクシングキックボクシング

    K-1(ケイ-ワン)は、1993年より開催されているヘビー級を中心とした世界的に知名度の高いキックボクシングのプラットフォーム、格闘技ブランド。2012年1月より、香港に登記されるK-1 Global Holdings Limitedが商標権等諸権利を取得し、世界各地でイベント運営が行なわれている。K-1 フレッシュアイペディアより)

  • 佐山聡

    佐山聡から見たキックボクシングキックボクシング

    かなりの甘党。「羊羹をポッキーのように食べる」、「キックボクシングのスパーリング中、コーナーに小銭を置いておき、ラウンドが終わる度に自動販売機に向かう」、「山篭りで10kg減量したが、下山してしばらくすると元に戻ってしまった」、「小川直也と喫茶店に行き、甘いものばかり注文して1万円近く払った」等、甘い物に関するエピソードは多数存在する。このため、新日本から退いた後に体重が急増し、今日でもジュニアヘビー級の体重に戻らないままである。丸藤正道戦での記者会見で「95まで絞る」と言っていたが、結局絞りきれなかった。しかし、小林邦昭戦では相手から減量の注文があったようで、116kgあった体重を100kg前後まで減量させることに成功している。2012年8月28日に行った記者会見で、佐山は「今107kgだが97kgに減量する」と宣言した。しかし、佐山が会場で赤福餅を頬張っていたことが報道陣に目撃されており、そのことについて言及された佐山は「試合前には炭水化物が必要。試合への責任を持って食べる使命があった。4個しか食べていません。赤福餅はおいしい」と弁解した。丸藤からは「それを2個にしていけば、おのずと減量できる」とつっこみを入れられた。佐山聡 フレッシュアイペディアより)

  • 風香

    風香から見たキックボクシングキックボクシング

    元DDTプロレスリング所属の柿本大地と、奈良市議会議員・柿本元気は実の兄。夫はキックボクサーの一輝。風香 フレッシュアイペディアより)

  • 増田章

    増田章から見たキックボクシングキックボクシング

    同年11月全世界選手権が開催され、4回戦にジェラルド・ゴルドーと対戦。ゴルドーは身長196センチメートルの巨漢でオランダではミッシェル・ウェーデルに次ぐ実力者であった。全世界選手権での入賞経験はないが、間違いなく上位入賞できる実力を持っていると増田はみていた。ゴルドーとの対戦は延長2回で、増田が勝利を得たが大変な試合であった。ウェーデル同様ゴルドーも突きの威力が日本人とは比較にならないほど強烈で特に左の突きは強かった。しかも懐が深く攻撃を当てづらい。ゴルドーはウェーデルと違い、若干間合いをとるような戦い方をした。増田は相手の間合いで戦えば不利だと考え、序盤から積極的に攻めた。速攻により本戦で決めてしまおうと思っていた。早く決着をつけたい増田のあせりは、ゴルドーとの戦いを力と力のぶつかり合いともいえるラフファイトにした。ゴルドーには、ウェーデルと増田の試合が脳裏に合ったに違いない。増田は彼が自分の力をかなり警戒していたので、それが自分に有利に働いたと思っていた。その一方で増田は自分が無名の選手でゴルドーの全盛期にヨーロッパで対戦したら、自分が勝てたかどうかどうかわからないとも思っていた。選手権大会後、ゴルドーは増田に敬意を抱いた。ゴルドーは後に極真会館を離れ、キックボクシングの選手を育成するようになっていたが、教え子を連れて来日した時には必ず増田の所に訪問してくれた。増田にとってウェーデル同様、対戦相手が自分の所にやってきてくれるのは彼にとって、とてもうれしい事だった。増田章 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ビスピン

    マイケル・ビスピンから見たキックボクシングキックボクシング

    日本の古流柔術とキックボクシングをベースに持ち、打撃とテイクダウンを組み合わせたスタイルを得意とする。祖父が貴族であったことから「ザ・カウント」というニックネームを持つが、ビスピン自体は毒舌家でマナーが悪く、アメリカではヒール的なキャラで知られる。マイケル・ビスピン フレッシュアイペディアより)

  • 餓狼伝

    餓狼伝から見たキックボクシングキックボクシング

    本編主人公。31歳。強い相手を求めて日本全国を放浪している。空手を主体とし、キックボクシングやムエタイの打撃技も習得しているが、25歳の時にプロレスラーに敗北して以来サンボ、古武術などの関節技も貪欲に吸収するようになった。負けることも迷うこともあり、時には将来のことを考えて不安を覚えもするが、それでも気づくと戦いに戻っているという性格。やがて真剣勝負というものの意味を深く考えるようになり、目など急所を狙った攻撃も解禁する。かつては日雇い労働などをして収入を得ていたが、格闘家として人気が出、ファイトマネーで生計を立てられるようになった模様。餓狼伝 フレッシュアイペディアより)

717件中 41 - 50件表示