717件中 51 - 60件表示
  • 空手道

    空手道から見たキックボクシングキックボクシング

    フルコンタクト空手のもともとの意味は、アメリカで始められたキックボクシング的なプロ空手のことである。道着を着用せず、上半身裸で行う。2分1ラウンドで、プロの世界王座決定戦では12ラウンドを争う。ボクシングとの差異を計るため、1ラウンドにハイキックを8本以上蹴らなくてはならないルールが特徴的。参加選手の出身流派は、沖縄や日本の空手諸流派だけでなく、韓国のテコンドーやアメリカなど欧米諸国で誕生した新興流派の出身者が多い。現在はキックボクシングの一種として“フルコンタクト・キックボクシング”という呼び名で知れ渡っており、競技として成熟しつつあるせいか、かつてのように必ずしも伝統的な空手の経験は必要で無くなった。空手道 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本学生キックボクシング連盟

    全日本学生キックボクシング連盟から見たキックボクシングキックボクシング

    全日本学生キックボクシング連盟(ぜんにほんがくせいキックボクシングれんめい、University Kickboxing Federation )は、日本の学生キックボクシングの統括団体。略称は学生キック、またはUKF 。全日本学生キックボクシング連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 安岡力也

    安岡力也から見たキックボクシングキックボクシング

    1973年の千葉真一主演作品『ボディガード牙シリーズ』を皮切りに、キックボクシングの経験と体格の良さで、東映が製作する千葉や志穂美悦子主演の格闘映画に次々と出演していった。1975年の映画『少林寺拳法』に出演をしたのが縁で少林寺拳法を稽古し、最終的に伍段を允許されている。テレビ番組で相手の回し蹴りに対し、「喧嘩じゃあ、内側に回りこむこういう技がある」と、払い受け段突きを披露していた。安岡力也 フレッシュアイペディアより)

  • 澤屋敷純一

    澤屋敷純一から見たキックボクシングキックボクシング

    バックボーンは、柔道、キックボクシング。得意技は左パンチ。柔道は高校から始めた。澤屋敷純一 フレッシュアイペディアより)

  • サバット

    サバットから見たキックボクシングキックボクシング

    シューズを履いて戦う為、つま先を使った蹴り技が多い。シューズはボクシングシューズのように柔らかいものではなく靴底などがしっかり作られていて固く、実質この靴を武器として用いる。当時のフランスでは靴にナイフを仕込む輩が多かったので、キックボクシングのように脛で蹴りを受けるとポイントを取られる。使用されるグローブはボクシング用の物とやや異なり、掌底部分と甲にクッションが入っており、これが攻撃を受ける防具の役目も兼ねている。サバット フレッシュアイペディアより)

  • 極真会館

    極真会館から見たキックボクシングキックボクシング

    直接打撃制による組手試合は、山田辰雄が1962年に初めて実施していたが、寸止め試合を行う伝統派空手の諸流派から黙殺され失敗に終わった。大山倍達は極真会館竣工以降、1964年に行われた東京オリンピックの各種オリンピック競技をたびたびスタジアム観戦していたことで「極真会館内の競い合いではなく、他流派・他格闘技の参加を認めたオープン制とトーナメント制の選手権大会」を開催しようと検討し始め、名称もこのときは「全日本格闘技選手権大会」としていた。今でこそ直接打撃制の空手道選手権大会をいろいろな流派が開催しているが、当時は直接打撃に危惧を抱く会場側は決して協力的ではなく、極真会館は試合会場をなかなか確保できなかった。東京体育館とは都合3年も交渉を行い、その頃、盛んになり出したキックボクシングの例をあげ、その安全性をよく説明することにより許可を得て、ようやく1969年9月に念願であった第1回オープントーナメント全日本空手道選手権大会(以降、全日本選手権に略)として開催に至った。極真会館 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のボクシング史

    日本のボクシング史から見たキックボクシングキックボクシング

    一方、元キックボクサーでキックボクシングジム「山木ジム(現:アルファボクシングジム)」の会長であった山木敏弘が「キックボクシングの女子部門は存在するのに女子ボクシングがない」ことに疑問を持ち、女子ボクサーの育成に着手、キックからの転向組が中心となりマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟興行内に挿入する形で女子ボクシングの試合が行われる。1997年にはそのひとりであるシュガーみゆきが日本人初の世界タイトルを獲得し話題となる。1999年には日本女子ボクシング協会が結成され、初の女子ボクシング興行が行われる。一時は150人以上の女子ボクサーが所属していた。日本女子王者も次々と誕生した。日本のボクシング史 フレッシュアイペディアより)

  • ニー

    ニーから見たキックボクシングキックボクシング

    ニー・バットが膝を当てる・ぶつけるという形なのに対し、ニー・キックは自らの足の付け根から足を前方へ振り出し、膝で相手を蹴るものである。変形でジャンプして見舞うジャンピング式も存在する(キックボクシングの沢村忠が使用した真空とび膝蹴りに近い形)。また、前述のニー・リフトもニー・キックの一種である。ニー フレッシュアイペディアより)

  • クレイジージム

    クレイジージムから見たキックボクシングキックボクシング

    クレイジージム(CRAZY GYM)は、東京都中野区に所在するキックボクシングジムである。クレイジージム フレッシュアイペディアより)

  • 田中冴花

    田中冴花から見たキックボクシングキックボクシング

    2006年、東京都内の大学在学中にデビュー。当初はモデル、グラビアアイドルとして活動する他、2007年には『Team BOSS・INGING Formula Nippon』、2008年には『Privee Zurich GT』のレースクイーンを務める。その後所属事務所の方針で、彼女自身が兼業農家出身であることから2008年頃より、「農ドル」(農業アイドル)のキャッチコピー付きで活動することになる。2009年からは、キックボクシング団体『J-NETWORK』でラウンドガールを務める。田中冴花 フレッシュアイペディアより)

717件中 51 - 60件表示