前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • キックボクシング

    キックボクシングから見たテレビ東京

    キックボクシングは、ブームを巻き起こし、一時はキー局のうち4局(TBS(YKKアワー キックボクシング中継)、日本テレビ(キックボクシング、ゴールデン・キックボクシング)、NET(現・テレビ朝日、ワールドキックボクシング)、東京12チャンネル(現・テレビ東京、キックボクシング中継))で放映されるほどの人気を誇るまでに至ったが、NETは1年程度で撤退した。一方、山田辰雄は翌年の1967年(昭和42年)死去するが、日本拳法空手道はキックボクシング成立にその後も協力し、“鉄腕”錦利弘はキョードー東京の大選手となった。日本人としては初めてタイ人現役ランカーにKO勝利。日本拳法空手道が組織として関わったのはNET系興行で、江口和明(初代バンタム級チャンピオン)らを選手として送った。極真会館はキックボクシング成立以前からプロ空手の立ち上げを狙っていたが、キックボクシングが成立後、極真ジムを立ち上げてNET系興行に山崎照朝(オープントーナメント全日本空手道選手権大会チャンピオン)・添野義二ら選手を送り込んだ。1971年(昭和46年)に第2の団体全日本キックボクシング協会が旗揚げ。コミッション組織を確立させた上で、藤原敏男をエースに据え、日本キックボクシング協会と双璧をなす団体にまで成長した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たテレビ朝日

    キックボクシングは、ブームを巻き起こし、一時はキー局のうち4局(TBS(YKKアワー キックボクシング中継)、日本テレビ(キックボクシング、ゴールデン・キックボクシング)、NET(現・テレビ朝日、ワールドキックボクシング)、東京12チャンネル(現・テレビ東京、キックボクシング中継))で放映されるほどの人気を誇るまでに至ったが、NETは1年程度で撤退した。一方、山田辰雄は翌年の1967年(昭和42年)死去するが、日本拳法空手道はキックボクシング成立にその後も協力し、“鉄腕”錦利弘はキョードー東京の大選手となった。日本人としては初めてタイ人現役ランカーにKO勝利。日本拳法空手道が組織として関わったのはNET系興行で、江口和明(初代バンタム級チャンピオン)らを選手として送った。極真会館はキックボクシング成立以前からプロ空手の立ち上げを狙っていたが、キックボクシングが成立後、極真ジムを立ち上げてNET系興行に山崎照朝(オープントーナメント全日本空手道選手権大会チャンピオン)・添野義二ら選手を送り込んだ。1971年(昭和46年)に第2の団体全日本キックボクシング協会が旗揚げ。コミッション組織を確立させた上で、藤原敏男をエースに据え、日本キックボクシング協会と双璧をなす団体にまで成長した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    興行が成功した結果、キックボクシングは「アジア地区で立ち技格闘技として最強と謳うムエタイに対抗し、日本が独自で開発した格闘技の一つ」とされている。初期のキックボクシングの試合に実際に出場していたのは、日本の空手家やボクサーたちで、彼らはタイに行ってムエタイを修行してきたわけではなかった。それゆえ、発足当時、ムエタイとキックボクシングの伝系のつながりは何ら存在しなかった。ムエタイとの違いを佐藤嘉洋は「ムエタイは技の華麗さやディフェンスのうまさ、キックボクシングは相手に与えたダメージの多さで判定する」と語っている。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た五木ひろし

    1970年代に入ると、野口プロモーションは五木ひろしの興行による莫大な利権でナベプロ、ホリプロとの賞レースに参入するなど世間を賑わせていた。その反面、もう一つの興行の柱であるキックボクシングは凋落の道を辿っていた。オイルショック後の大不況、日本テレビの放送打ち切り、沢村忠の休業(のち引退)で興行成績・人気はみるみる下降した。日本をあきらめ香港での試合出場に本腰を入れるも当地での事故発生で興行不能となる。日本のキックボクシング界は統合に向かって進んでいったが焼け石に水であった。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た石井和義

    しかし1990年代になり、早くからテレビ界とのコネクションをつけて、空手による興行を行っていた石井和義が、キックの亜流ルール(ヨーロッパキックボクシングルール・肘打ち禁止)で空手やボクシング、ムエタイなど、多くの立ち技系格闘技の選手を招き、テレビ局との共催で打撃系格闘技世界最強を決めると称する大会「K-1」を立ち上げ、人気を博す。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た魔裟斗魔裟斗

    競技そのものに人気があるのではなく、特定のスター選手を見たいがために客が集まるということ。彼らが消えると興行不振になるどころか、キックボクシングそのものの存続が不可能となる。1960-1970年代では沢村忠、2000年代では魔裟斗がそれに該当するとされる。野球・大相撲などでは考えられない不安定性であり、さきほどの、景気が不景気になるとキック業界も落ち目になるという事実からいっても、時代の徒花になる可能性の高い不安定なスポーツである。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たシュートボクシング

    一般にキックボクシングとは前述の競技を指すが、場合によってはボクシングのリングを使ったプロ打撃系格闘技全般の総称を指すこともある。興行によってはムエタイ、空手、ボクシング、シュートボクシング、サバット、ドラッカ、テコンドー、散打等、様々な種類の立ち技格闘家同士が異種格闘技戦をすることもある。野口は新興プロスポーツ、「キックボクシング」を商標登録をしなかったため、追従してキックボクシングを名乗り、同様な活動をする団体が生まれた。このことによりキックボクシングはエンターテインメント的な商標とならず、プロ格闘競技種目の名称として定着した。元々は、日本ボクシング協会理事(当時)・野口修が、1960年代に興行目的でタイの国技ムエタイを日本に招致する興行プランを立案。「ムエタイ対空手」、「ムエタイ対ボクシング」の異種格闘技戦のアイデアを実現させるために、試合としてのルールを編成したものである。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た日本テレビ放送網

    キックボクシングは、ブームを巻き起こし、一時はキー局のうち4局(TBS(YKKアワー キックボクシング中継)、日本テレビ(キックボクシング、ゴールデン・キックボクシング)、NET(現・テレビ朝日、ワールドキックボクシング)、東京12チャンネル(現・テレビ東京、キックボクシング中継))で放映されるほどの人気を誇るまでに至ったが、NETは1年程度で撤退した。一方、山田辰雄は翌年の1967年(昭和42年)死去するが、日本拳法空手道はキックボクシング成立にその後も協力し、“鉄腕”錦利弘はキョードー東京の大選手となった。日本人としては初めてタイ人現役ランカーにKO勝利。日本拳法空手道が組織として関わったのはNET系興行で、江口和明(初代バンタム級チャンピオン)らを選手として送った。極真会館はキックボクシング成立以前からプロ空手の立ち上げを狙っていたが、キックボクシングが成立後、極真ジムを立ち上げてNET系興行に山崎照朝(オープントーナメント全日本空手道選手権大会チャンピオン)・添野義二ら選手を送り込んだ。1971年(昭和46年)に第2の団体全日本キックボクシング協会が旗揚げ。コミッション組織を確立させた上で、藤原敏男をエースに据え、日本キックボクシング協会と双璧をなす団体にまで成長した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たホリプロ

    1970年代に入ると、野口プロモーションは五木ひろしの興行による莫大な利権でナベプロ、ホリプロとの賞レースに参入するなど世間を賑わせていた。その反面、もう一つの興行の柱であるキックボクシングは凋落の道を辿っていた。オイルショック後の大不況、日本テレビの放送打ち切り、沢村忠の休業(のち引退)で興行成績・人気はみるみる下降した。日本をあきらめ香港での試合出場に本腰を入れるも当地での事故発生で興行不能となる。日本のキックボクシング界は統合に向かって進んでいったが焼け石に水であった。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た秋田書店

    沢村忠監修『キックボクシング入門』秋田書店、1969年キックボクシング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「キックボクシング」のニューストピックワード